4545 Movies

クリスマス・キャロル A Christmas Carol (1938)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1843年に発表された、チャールズ・ディケンズの著書”クリスマス・キャロル”を基に製作された作品。
無慈悲、守銭奴、エゴイストでありクリスマスを嫌う商人が、現れた過去、現在、未来のゴーストの導きで心を入れ替えるまでを描く、製作ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ、監督エドウィン・L・マリン、主演レジナルド・オーウェンジーン・ロックハートキャスリーン・ロックハートテリー・キルバムバリー・マッケイリン・カーヴァーレオ・G・キャロルアン・ラザフォード他共演のファンタジー・ドラマ。


ファンタジー


スタッフ キャスト
監督:エドウィン・L・マリン

製作:ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
原作:チャールズ・ディケンズクリスマス・キャロル
脚本:ヒューゴ・バトラー
撮影
ジョン・F・サイツ
シドニー・ワグナー
編集:ジョージ・ベムラー
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
エベネーザ・スクルージ:レジナルド・オーウェン
ボブ・クラチット:ジーン・ロックハート
クラチット夫人:キャスリーン・ロックハート
タイニー・ティム・クラチット:テリー・キルバム
フレッド:バリー・マッケイ
ベス:リン・カーヴァー
ジェイコブ・マーレーのゴースト:レオ・G・キャロル
過去のクリスマスのゴースト:アン・ラザフォード
現在のクリスマスのゴースト:ライオネル・ブラハム
未来のクリスマスのゴースト:ダーシー・コリガン
エベネーザ・スクルージ(少年期):ロナルド・シンクレア
フェジウィグ:フォレスター・ハーヴェイ
トゥイル:チャールズ・コールマン
ラミッジ:マシュー・ボールトン
ベリンダ・クラチット:ジューン・ロックハート

アメリカ 映画
配給 MGM
1938年製作 69分
公開
北米:1938年12月16日
日本:不明


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
19世紀、ロンドン、クリスマス・イヴ。
凍った道を滑る遊びをする子供達と一緒にそれを楽しんだフレッド(バリー・マッケイ)は、少年タイニー・ティム(テリー・キルバム)から話しかけられる。

ティムの脚が不自由であることに気づいたフレッドは気の毒に思い、彼を背負って滑ってあげる。

滑り降りて来たピーターとティムがボブ・クラチット(ジーン・ロックハート)の息子だと知ったフレッドは、今から父親の職場に向かうことを伝える。

フレッドに父への伝言を頼んだピーターとティムは、母からの買い物リストを渡す。

父に会いたくないのかと訊かれたピーターは、会いたくないのは父の雇い主のエベネーザ・スクルージ(レジナルド・オーウェン)だとフレッドに伝える。

スクルージがフレッドの伯父だと知ったピーターとティムは、その場から逃げ去る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
19世紀、ロンドン、クリスマス・イヴ。
無慈悲、守銭奴、エゴイストでありクリスマスを嫌う商人エベネーザ・スクルージは、雇っていたボブ・クラチットをクビにしてしまう。
その後、屋敷に戻ったスクルージの前に、7年前に亡くなった共同経営者マーレーのゴーストが現れる。
マーレーは、この後に現れる過去、現在、未来の3人のゴーストに対処できなければ、自分のように死んでも罪を背負うことになると言われる。
半信半疑のスクルージだったが、マーレーの予告通り現れた過去のゴーストと共に、子供時代の自分の元に向かうのだが・・・。
__________

クリスマス・ストーリーの中でも最も知られるチャールズ・ディケンズの”クリスマス・キャロル”を基に、まだ20代だった若き日のジョーゼフ・L・マンキーウィッツが製作し、エドウィン・L・マリンが監督した作品。

ヨーロッパで戦火が迫る激動の時代に製作された、人々に訴える心温まるドラマとして、ユーモアを交えたヒューマン・タッチで展開するファンタジックに描かれたクリスマス映画であり、あらゆる年齢層が楽しめる名作だ。

特殊効果やミニチュアなどを駆使した映像や、19世紀のロンドンの街並みなど雰囲気のあるセットも素晴らしい。

ドラマを盛り上げる、フランツ・ワックスマンの軽快且つ愉快な音楽も印象的だ。

スクルージを演ずる主演のレジナルド・オーウェンは、幸せを含めてすべてを否定する人物から、人々に尽くす心に目覚める主人公を熱演している。

主人公スクルージに雇われる心優しいボブ・クラチットを好演するジーン・ロックハート、その妻で実生活での彼の妻であるキャスリーン・ロックハート、体が弱いその息子タイニー・ティムのテリー・キルバム、スクルージの甥である気のいい青年フレッドのバリー・マッケイ、その婚約者リン・カーヴァー、スクルージの前に現れる亡くなった共同経営者マーレーのゴースト、レオ・G・キャロル、過去のゴーストのアン・ラザフォード、現在のゴーストのライオネル・ブラハム、未来のゴーストのダーシー・コリガン、スクルージの少年期ロナルド・シンクレア、スクルージが最初に働いた店の店主フォレスター・ハーヴェイ、スクルージに寄付を求める男性のチャールズ・コールマンマシュー・ボールトン、また、ジーン・ロックハート夫妻の娘ジューン・ロックハート(テレビ・ドラマ”宇宙家族ロビンソン”のロビンソン夫人役で有名)が、クラチット家の娘役で出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021