4213 Movies

イエスマン Yes Man (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

消極的人間の銀行員が、全て”イエス”で通して人生を好転させようとする苦悩の日々を描く、製作、主演ジム・キャリーズーイー・デシャネルブラッドレイ・クーパーテレンス・スタンプ、監督ペイトン・リードによるヒューマン・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ペイトン・リード
製作
ジム・キャリー

デヴィッド・ハイマン
リチャード・D・ザナック
原作:ダニー・ウォレス
脚本
ニコラス・ストーラー

ジャレッド・ポール
アンドリュー・モーゲル
撮影:ロバート・D・イェーマン

編集:クレイグ・アルパート
音楽
ライル・ワークマン

マーク・オリヴァー・エヴァレット
ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ

出演
カール・アレン:ジム・キャリー

アリソン:ズーイー・デシャネル
ピーター:ブラッドレイ・クーパー
ニック・レイン:ジョン・マイケル・ヒギンス
ノーマン:リス・ダービー
ルーニー:ダニー・マスターソン
テレンス・バンドリー:テレンス・スタンプ
飛び降り自殺の男:ルイス・ガスマン
ティリー:フィオヌラ・フラナガン
ルーシー・バーンズ:サッシャ・アレクサンダー
ステファニー:モリー・シムズ
ホームレス:ブレント・ブリスコー
ウェスリー・パーカー:ロッキー・キャロル
トゥィード:ジョン・コスランJr.
マルタック:スペンサー・ギャレット
テッド:ショーン・オブライアン
リー:アーロン・タカハシ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2008年製作 104分
公開
北米:2008年12月17日
日本:2009年3月20日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $97,690,980
世界 $223,241,640


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
離婚して以来塞ぎこみ、誰からの誘いも断り続けるカール・アレン(ジム・キャリー)は、友人のピーター(ブラッドレイ・クーパー)に無理矢理誘われてバーに向かう。

同じく友人ルーニー(ダニー・マスターソン)も待っていたバーで、カールはピーターとルーシー・バーンズ(サッシャ・アレクサンダー)の婚約を知らされ、パーティーに招待される。

出席に消極的なカールは、別れた妻ステファニー(モリー・シムズ)を見つけて、軽く挨拶して、そそくさとその場を立ち去る。

銀行の貸付担当のカールは、同じアパートに住むティリー(フィオヌラ・フラナガン)の朝食の誘いも断り銀行に向かう。

上司ノーマン(リス・ダービー)からのパーティーの誘いも断り、融資の依頼も却下してしまうカールは、ランチタイムに知人のニック・レイン(ジョン・マイケル・ヒギンス)に声をかけられる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

2005年に発表された、ダニー・ウォレスの体験記を基にした同名小説の映画化。

*(簡略ストー リー)
銀行の貸し付け担当カール・アレンは、離婚して以来塞ぎ込み、誰からの誘いも断り続ける毎日を送っていた。
そんなカールは、知人のニックから自分が人生を謳歌できるのは”イエスマン”になったからだと、彼が通ったセミナーに誘われる。
そんなカールは、友人ピーターの婚約パーティーにも行く気になれず、ついに彼からも見限られてしまう。
仕方なくカールは、”イエス”のセミナーに参加し、そして全てに”イエス”と答えるを誓約をしてしまう。
それ以後、カールには嘘のように幸運が舞い込み、アリソンという女性と出会い昇進もしてしまう。
それからというものの、生まれ変わったような積極的な生活を始めたカールだったが・・・。
__________

全てに”イエス!”を実行した主人公は、教えの通りに起こる幸運を信じ突き進むが、それによって愛する人を傷つけてしまう。
結局は、自分が心から望んだことだけに、”イエス”と答えることがベストだと締めくくるラストが呆気ない気もするが、超ネガティブな男性が、ありがちなセミナーに洗脳されて180度性格が変わってしまう様が、ジム・キャリーお得意の全身を使った演技により、実に愉快に描かれている。

主人公の友人や、取り巻く人々が個性的に描かれ、嫌味な人物が登場しないところも心地よい。

北米での批評家の評価は低く、ジム・キャリー作品にしては興行収入も期待ほど伸びなかったものの、全世界では2億2000万ドルを超すヒットとなった。

北米興行収入 $97,690,980

ジム・キャリーは40代も半ばを過ぎ、やや落ち着いた雰囲気で銀行員を演じている。
中盤は性格が陽気になり、お茶目な彼の本領発揮するという、彼らしいメリハリのある演技は、相変わらず実に楽しい。

ジム・キャリーが若作りなので感じないのだが、実は親子ほどの年齢差がある、奔放な女性を好演するズーイー・デシャネル、主人公を一度は見限る友人役のブラッドレイ・クーパー、その婚約者役サッシャ・アレクサンダー、同じく友人役のダニー・マスターソン、セミナーに誘う知人ジョン・マイケル・ヒギンス、上司のリス・ダービー、そして異彩を放つ教祖的なグルテレンス・スタンプ、自殺しようとする男ルイス・ガスマン、隣人フィオヌラ・フラナガン、元妻モリー・シムズ、その恋人ショーン・オブライアン、ホームレスの男ブレント・ブリスコー、副頭取ロッキー・キャロル、看護師アーロン・タカハシなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020