4503 Movies

脱走特急 Von Ryan’s Express (1965)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第二次大戦下、イタリアの収容所に入れられたアメリカ軍士官とイギリス兵捕虜らが、移送列車を奪いスイスに向かう脱出劇を描く、監督マーク・ロブソン、主演フランク・シナトラトレヴァー・ハワード他共演のアクション満載の戦争ドラマ。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:マーク・ロブソン
製作:ソウル・デヴィッド
原作:デビッド・ウェストハイマー”Von Ryan’s Express”
脚本
ウェンデル・メイズ

ジョセフ・ランドン
撮影:ウィリアム・H・ダニエルズ

編集:ドロシー・スペンサー
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ジョセフ・L・ライアン大佐:フランク・シナトラ

エリック・フィンチャム少佐:トレヴァー・ハワード
ガブリエラ:ラファエラ・カラ
フォン・クレメント少佐:ヴォルフガング・プライス
オリアーニ大尉:セルジオ・ファントーニ
オルデ中尉:ジョン・レイトン
コンスタンゾ大尉:エドワード・マルヘアー
ボスティック軍曹:ブラッド・デクスター
エイムズ二等兵:ジェームズ・ブローリン
バターリア少佐:アドルフォ・チェリ
ジャンニーニ伍長:リチャード・バカリアン
ウィルヘルム・フォン・クライスト中将:アイヴァン・トリーソール
ゴート大佐:ジョン・ヴァン・ドリーレン
スタイン大尉:マイケル・グッドリーフ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1965年製作 117分
公開
北米:1965年6月23日
日本:1965年8月7日
製作費 $5,760,000
北米興行収入 $17,111,110


アカデミー賞 ■
第38回アカデミー賞
・ノミネート
音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1943年8月、第二次大戦下。
連合軍が迫る中、イタリアナチス・ドイツと共に戦っていた。

アメリカ陸軍航空軍のパイロット、ジョセフ・L・ライアン大佐(フランク・シナトラ)の機は墜落するものの、ナチを嫌うイタリア軍に匿われ、ドイツ軍側には引き渡されず収容所に向かう。

収容所を管理する”黒シャツ隊”のオリアーニ大尉(セルジオ・ファントーニ)に案内されたライアンは、所長バターリア少佐(アドルフォ・チェリ)の元に向かう。

ライアンは所属と名前を伝え、階級上位の士官に敬礼するようバターリアに要求する。

捕虜達が騒ぎ初め、イギリス兵エリック・フィンチャム少佐(トレヴァー・ハワード)は、バターリアを糾弾すると息巻く。

捕虜達の元に向かったオリアーニは、フィンチャムに解散するようにと指示しライアンを収容する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

デビッド・ウェストハイマーの小説”Von Ryan’s Express”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1943年8月、第二次大戦下、イタリア
連合軍が迫る中、アメリカ陸軍航空軍のパイロット、ジョセフ・L・ライアン大佐の機は墜落し、”黒シャツ隊”の管理する収容所に入れられる。
捕虜の大半を占めるイギリス兵の中で、フィンチャム少佐は脱走計画実行を続け、その罰として物資の供給を止められていた。
最上級士官となったライアンは、フィンチャムの考えと対立しながら待遇改善に成功する。
その後イタリアが降伏し、武装解除された収容所を出たライアンらは、ドイツ軍に捕えられ列車で移送される。
ライアンらは、車両から脱出してその場を制圧し、敵の指揮官を拘束して北に向かうのだが・・・。
__________

第二次大戦下、ナチス・ドイツとの同盟で戦っていたイタリアの降伏が序盤のキーポイントで、同盟国でありながらナチを嫌う兵士や国民の描写で、当時の国内の様子が興味深く描かれている。

中盤までは、大爆笑コメディも顔負けなユーモア溢れるシーンが楽しめる内容で、その後は、本格的な戦いが繰り広げられるアクション作品として、マーク・ロブソンのメリハリの効いた演出が見所だ。

脱出、抵抗、戦いとスピーディーな展開で迎えるクライマックスの攻防、戦争の虚しさを訴えて終わるラストも印象的だ。

第38回アカデミー賞では、音響編集賞にノミネートされた。

主人公のアメリカ士官を演ずるフランク・シナトラは、小柄ではあるが流石に大物、他を圧倒する雰囲気がある。

頑なに抵抗を続けようとするイギリス士官トレヴァー・ハワードとの確執もかなり激しいやり取りで描かれている。
臨機応変なアメリカ人と頑固なイギリス人が、友情とはいかないまでも、戦いを続けて心が通い合う程度でまとめているところもまたいい演出だ。

ドイツ軍士官役と言えばこの人、捕虜護送指揮官のヴォルフガング・プライス、その情婦ラファエラ・カラ、捕虜に協力するナチを嫌うイタリアセルジオ・ファントーニ、捕虜ジョン・レイトンブラッド・デクスタージェームズ・ブローリン(ジョシュ・ブローリンの父)、リチャード・バカリアンマイケル・グッドリーフ、収容所長アドルフォ・チェリドイツ軍中将アイヴァン・トリーソール武装親衛隊大佐ジョン・ヴァン・ドリーレンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021