4260 Movies

バンテージ・ポイント Vantage Point (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

対テロ対策のサミットスペイン訪れアメリカ大統領が狙撃され、警護のシークレットサービスと実行犯であるテロリストの戦いを描く、デニス・クエイドマシュー・フォックスフォレスト・ウィテカーウィリアム・ハートシガニー・ウィーバーアイレット・ゾラーゾーイ・サルダナ他共演、監督ピート・トラヴィスによるサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ピート・トラヴィス
製作総指揮
カラム・グリーン
タニア・ランドー
リンウッド・スピンクス
製作:ニール・H・モリッツ

脚本:バリー・レヴィ
撮影:アミール・モクリ
編集:スチュアート・ベアード
音楽:アトリ・オーヴァーソン

出演
デニス・クエイド:トーマス・バーンズ
マシュー・フォックス:ケント・テイラー
フォレスト・ウィテカー:ハワード・ルイス
ウィリアム・ハート:アシュトン大統領
シガニー・ウィーバー:レックス・ブルックス
エドガー・ラミレス:ハヴィエル
サイード・タグマウイ:スアレス
エドゥアルド・ノリエガ:エンリケ
アイレット・ゾラー:ヴェロニカ
ブルース・マッギル:フィル・マカルー
ゾーイ・サルダナ:アンジー・ジョーンズ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2008年製作 90分
公開
北米:2008年2月22日
日本:2008年3月8日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $72,266,311
世界 $151,161,490


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
スペインサラマンカ
”対テロ戦略”世界国際サミットが開催され、150カ国の首脳が集まる。

サミットに出席するアメリカ大統領アシュトン(ウィリアム・ハート)の警護に当たる、シークレットサービスのトーマス・ バーンズ(デニス・クエイド)の姿があった。

それを見たテレビ局プロデューサー、レックス・ブルックス(シガニー・ウィーバー)は驚いてしまう。

前年の大統領銃撃を阻止して負傷した、バーンズの復帰があまりにも早かったからだ。

サミットの報道に集中するブルックスは、暴走気味のアンジー・ジョーンズ(ゾーイ・サルダナ)のリポートを気にしていた瞬間、アシュトン大統領が狙撃されてしまう。

バーンズや同僚ケント・テイラー(マシュー・フォックス)らの厳重なガードにも拘らず、狙撃された大統領を前に動揺を隠せないアンジーは、ブルックスの指示に従い
リポートを始める。

次の瞬間、会場のステージは爆破され、アンジーの無残な遺体がブルックスの目の前のモニターに映し出される。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
スペインサラマンカ
”対テロ戦略”世界国際サミットが開催され、150カ国の首脳が集まる。
アメリカ大統領アシュトンの警護に当たるのは、前年大統領銃撃事件で負傷したシークレットサービスのトーマス・バーンズだった。
テレビ局プロデューサーのブルックスは、そのバーンズの復帰が余りに早いことを疑問に思う。
ブルックスは、リポーターのアンジーの暴走気味の取材を気にしていた時、アシュトン大統領が狙撃されてしまう。
次の瞬間、ステージは爆破され、アンジーは死亡し会場は騒然となる。
建物2階の窓の物陰や、ビデオカメラ持参の黒人男性ルイスを、同僚テイラーらと気にしていたバーンズの前で、大統領は狙撃された。
バーンズは、テイラーから大統領が無事だと知らされ、早速、ルイスのカメラ映像を確認するのだが・・・。
__________

シークレットサービスが目を光らせる中、大統領が狙撃されるまでを、何人もの目撃者の視点から繰り返し描く手法は、回数が多過ぎて(5回)ややくどい気もするが、その斬新さは興味深い。

各々の視点だけでは解決できない疑問が、他の視点で解明されていく仕組みも面白い。

要するに、観客はもう一人の目撃者としてドラマに参加できるわけだ。

デニス・クエイドの表情が、大統領のシークレットサービスにしては強張り過ぎているのが気になるが、渋みを増した、本作を含めた最近の彼の活躍は見逃せない。

彼は、なんといっても、ドラマを締めくくる大役までこなした、傑作「ライトスタッフ」(1983)の時の、初々しい演技が最高だったと思う。

上映時間も短いが(90分)、息もつかせぬスピード感で瞬く間に時間が過ぎてしまう。

しかし、多彩な出演人の中で際立つ存在は・・・と考えると、皆それほどのインパクトがある訳でもなく、強いて言えば、2年前の「ラストキング・オブ・スコットランド」(2006)の熱演で、アカデミー主演賞を獲得したフォレスト・ウィテカーが、印象に残るといったところだろうか。

大統領警護のシークレットサービスの採用や人員配置の考えが、これほど甘いとは思えないし、そのあたりが、目の肥えたアメリカの批評家から低い評価しか得られなかった原因ではないかとも思う。

旧市街が世界遺産に登録されている、学園都市サラマンカの、上空から見た街並みの美しさは素晴らしい。

ヨーロッパのロケのせいか、「ボーン・アルティメイタム」(2007)を髣髴させるカーチェイスは半端ではない。
由緒ある街で、狭い石畳を駆け抜けるロケを、よく許可してくれたものだと驚いてしまう。

テロリストに加担するシークレットサービスという大胆な役をこなすマシュー・フォックス、テロに屈しない大統領のウィリアム・ハート、TV局の敏腕プロデューサー、シガニー・ウィーバー、弟を人質に取られた元特殊部隊員エドガー・ラミレス、テロの首謀者サイード・タグマウイ、警官であり一味のエドゥアルド・ノリエガ、その恋人アイレット・ゾラー、大統領の側近ブルース・マッギル等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020