4256 Movies

ストレンジャー Never Talk to Strangers (1995)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

女性犯罪心理学者の恐怖体験と隠された秘密を描く、レベッカ・デモーネイアントニオ・バンデラス共演、監督ピーター・ホールによるサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・ホール
製作総指揮
レベッカ・デモーネイ

ロバート・ラントス
バーベット・シュローダー
製作
アンドラス・ハモリ

ジェフリー・R・ニューマン
マーティン・ワイリー
脚本
ルイス・A・グリーン

ジョーダン・ラッシュ
撮影:エレメール・ラガリイ
編集:ロバート・シルヴィ
音楽
ピノ・ドナッジオ

スティーヴ・セクソン

出演
サラ・テイラー:レベッカ・デモーネイ

トニー・ラミレス:アントニオ・バンデラス
クリフ・ラディソン:デニス・ミラー
ヘンリー・テイラー:レン・キャリオー
マックス・チェスキー:ハリー・ディーン・スタントン
デューデコフ:ユージン・リピンスキ
モーラ:マーサ・バーンズ
ウォバッシュ:ティム・ケルハー

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ

1995年製作 86分
公開
北米:1995年10月20日
日本:1996年6月15日
製作費 $6,400,000
北米興行収入 $6,850,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
犯罪心理学者のサラ・テイラー(レベッカ・デモーネイ)は、刑期中の連続レイプ殺人犯マックス・チェスキー(ハリー・ディーン・スタントン)を診断し多重人格を疑う。

その夜サラは、同じアパートの住人クリフ・ラディソン(デニス・ミラー)に誘われるがそれを断る。

翌日の夜、買い物をしていたサラは、トニー・ラミレス(アントニオ・バンデラス)という男性に声をかけられて誘われる。

サラはそれを断るものの、トニーが気になる存在となり彼に電話番号を教える。

帰宅したサラはアパートの入り口で、その場に父ヘンリー(レン・キャリオー)が現れたために驚いてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
犯罪心理学者のサラ・テイラーは、連続レイプ犯チェスキーの精神鑑定を担当していた。
ある日サラは、トニーという男性に声をかけられ、気になる存在になり電話番号を教える。
二人は愛し合うようになるのだが、その後サラは、嫌がらせのような行為を受けるようになる。
トニーを疑ったサラは、私立探偵を雇い彼を調べさせる。
そして、トニーが自分の出身地に向かい、妻子らしき家族がいることを知ったサラは恐怖に怯えるのだが・・・。
__________

サスペンス・スリラー「ゆりかごを揺らす手」(1992)の、衝撃的な演技も記憶に新しいレベッカ・デモーネイが、その主人公を思わせる役柄を再び演じ、製作総指揮も担当した意欲作。

そのことばかりが頭に浮かび、やや新鮮味に欠ける内容ではあるが、美貌のレベッカ・デモーネイ、セクシー・スター、アントニオ・バンデラスの官能的大胆シーンも話題となった。

主人公の秘密が暴かれていくクライマックス、序盤から、そのヒントが隠されているシーンなど、ピーター・ホールの気遣いの感じられる演出は、まずまずというところだろうか。

しかし、平凡な心理学者で終わりそうもない主人公レベッカ・デモーネイの雰囲気からして、その正体は見当がついてしまう・・・。

音楽は、ブライアン・デ・パルマ作品で知られるピノ・ドナッジオが担当している。

実は、あることに関する調査を進めていたという、謎めいた男を魅力的に演ずるアントニオ・バンデラス、主人公と同じアパートに住む隣人デニス・ミラー、主人公の父親レン・キャリオー、連続レイプ殺人犯ハリー・ディーン・スタントン、私立探偵ユージン・リピンスキ、弁護士ティム・ケルハーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020