4234 Movies

トワイライト Twilight (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2005年に発表された、ステファニー・メイヤーの世界的大ベストセラー小説トワイライトの映画化。
内気な少女とヴァンパイアの青年の許されない恋を描く、主演クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー、ビリー・バーク、ピーター・ファシネリ、監督キャサリン・ハードウィックによるファンタジー・サスペンス・ロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:キャサリン・ハードウィック
製作
マーク・モーガン

グレッグ・ムーラディアン
ウィック・ゴッドフレイ
原作:ステファニー・メイヤー
脚本:メリッサ・ローゼンバーグ
撮影:エリオット・デイヴィス
編集:ナンシー・リチャードソン
音楽:カーター・バーウェル

出演
クリステン・スチュワート:イザベラ”ベラ”スワン
ロバート・パティンソン:エドワード・カレン
テイラー・ロートナー:ジェイコブ・ブラック
ビリー・バーク:チャーリー・スワン
ピーター・ファシネリ:カーライル・カレン
エリザベス・リーサー:エズミ・カレン
アシュリー・グリーン:アリス・カレン
ジャクソン・ラスボーン:ジャスパー・ヘイル
ニッキー・リード:ロザリー・ヘイル
ケラン・ラッツ:エメット・カレン
キャム・ギガンデット:ジェームズ
レイチェル・レフィブレ:ヴィクトリア
エディ・ガテギ:ローラン
サラ・クラーク:レネ・ドワイアー
ギル・バーミンガム:ビリー・ブラック
ネッド・ベラミー:ウェイロン・フォージュ

アメリカ 映画
配給 サミット・エンターテインメン
2008年製作 122分
公開
北米:2008年11月21日
日本:2009年4月4日
製作費 $37,000,000
北米興行収入 $191,465,410
世界 $382,133,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
17歳のイザベラ”ベラ”スワン(クリステン・スチュワート)は、母親の再婚を機に、父チャーリー(ビリー・バーク)と暮らすことになる。

ベラは、アリゾナからワシントンの、人口わずか3120人の小さな町フォークスに引っ越す。

父チャーリーは町の警察署長で、ベラはフォークスには夏の休暇で滞在したことがあった。

ベラは、以前遊んだこともある幼馴染みジェイコブ・ブラック(テイラー・ロートナー)や、彼の父ビリー(ギル・バーミンガム)との再会を喜ぶ。

地元の高校に転入したベラは、異様な雰囲気で屯するカレン家の5人を見かける。

ベラは、その中のエドワード・カレン(ロバート・パティンソン)が気になる存在となる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
トワイライト」(2008)
・「
ニュームーン/トワイライト・サーガ」(2009)
・「
エクリプス/トワイライト・サーガ」(2010)
・「
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1」(2011)
・「
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2」(2012)

*(簡略ストー リー)
母リニーの再婚で、田舎町で警察署長の父チャーリーと暮らすことになったベラは、完璧なまでに洗練され、異様な雰囲気を持つ青年エドワードと出会う。
ベラは、キラユーテ族である幼馴染みのジェイコブの部族と、エドワードの先祖の対立の歴史などを知ることになる。
そして、エドワードがヴァンパイアだということを知ったベラは、それを彼に問い質す。
エドワードは、鮮血を求めることを抑制できるのだが、ベラの生血だけは求めようとしてしまう。
しかし、ベラはそんなエドワードを愛してしまい、彼の家族とも親交を深める。
そこに、他のヴァンパイアの一族が現れ、ベラにや両親に危険が及ぶ。
そして、エドワードと家族は、ベラを守るための準備を始めるのだが・・・。
__________

内気な少女と”美しい”ヴァンパイアの許されない恋を、青春映画のようにほろ苦く甘く切ないタッチで描きながら、終盤は、主人公の身に一気に襲い掛かるスピード感溢れる恐怖で、スリラー・アクションとしても十分に楽しめる作品。

女性を中心に圧倒的な支持を得た作品でもあり、北米興行収入約1億9100万ドル全世界では約3億2000万ドルの大ヒットとなった。

監督は、デザイナーとしても活躍しているキャサリン・ハードウィックだけに、色彩を抑えた落ち着いた映像センスが注目だ。

音楽は、コーエン兄弟スパイク・ジョーンズ作品の常連カーター・バーウェルで、サントラ盤は映画公開前の発売にも拘らず全米No.1を獲得した。

キャスティングの見事さが際立つ作品で、撮影当時まだ17歳のクリステン・スチュワートは、それほど今風でもない清楚な雰囲気の女子高生を好演し、相手役のロバート・パティンソンの、嫌味のない”美しさ”は、男の目から見ても不思議な魅力を感じる。

ヴァンパイアと敵対する、ワンポイント的存在として印象に残る先住民のテイラー・ロートナーとその父ギル・バーミンガム、主人公の父ビリー・バーク、母サラ・クラーク、ヴァンパイア一族の家長ピーター・ファシネリ、そしてカレン家のエリザベス・リーサーアシュリー・グリーンジャクソン・ラスボーンニッキー・リードケラン・ラッツ、別のヴァンパイアの一族キャム・ギガンデットレイチェル・レフィブレエディ・ガテギなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020