4314 Movies

トランスポーター3 Transporter 3 (2008)

  •  
  •  
  • 102
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

製作、脚本リュック・ベッソンによるハード・アクション「トランスポーター」シリーズの第三作。
ブレスレット爆弾をはめられたプロの運び屋”トランスポーター”が企業の陰謀に立ち向かう姿を描く、製作、脚本リュック・ベッソン、監督オリヴィエ・メガトン、主演ジェイソン・ステイサムロバート・ネッパーナタリア・ルダコーワフランソワ・ベルレアンジェローン・クラッベ他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:オリヴィエ・メガトン
製作
リュック・ベッソン
スティーブ・チャスマン
脚本
リュック・ベッソン
ロバート・マーク・ケイメン
撮影:ジョヴァンニ・フィオーレ・コルテラッチ
編集
カミーユ・ドゥラマーレ
カルロ・リッツォ
音楽:アレクサンドル・アザリア

出演
フランク・マーティン:ジェイソン・ステイサム
ジョンソン:ロバート・ネッパー
ヴァレンティーナ:ナタリア・ルダコーワ
タルコーニ警部:フランソワ・ベルレアン
レオニード・トミレンコ:ジェローン・クラッベ
アイス:エリック・エブアニー
ザ・ジャイアント:セーム・シュルト
トミレンコの部下:アレックス・コボルド
フラッグ:ヤン・サンベール
オットー:ティモ・ディールケス
マイティ・ジョー:シルヴィオ・シマック
マルコム・マンヴィーユ:デヴィッド・アトラッキ
大尉:ポール・バーレット

アメリカ/フランス 映画
配給
ライオンズゲート(世界)
EuropaCorp. Distribution(フランス)
2008年製作 104分
公開
フランス:2008年11月26日
北米:2008年11月26日
日本:2009年8月15日
製作費 €30,000,000
北米興行収入 $31,715,060
世界 $108,979,550


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
航海中の貨物船内で、積載されたドラム缶を開けた二人の船員が変死し、海に投げ捨てられる。

マルセイユ
プロの運び屋”トランスポーター”フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)とボートで釣りをしていたタルコーニ警部(フランソワ・ベルレアン)は、街で”アウディ・A8”が暴走しているという連絡を受ける。

タルコーニは、同型車を所有しているフランクを署長が疑っていることを伝え、アリバイがあると答えると言いながら岸に戻ろうとする。

ウクライナの環境大臣レオニード・トミレンコ(ジェローン・クラッベ)は、EU環境会議を翌日に控えていた。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「トランスポーター」(2002)
・「トランスポーター2」(2005)
・「トランスポーター3」(2008)

・「トランスポーター イグニション」(2015)

*(簡略ストー リー)
マルセイユ
プロの運び屋”トランスポーター”フランク・マーティンは、断った仕事で紹介したマルコムが、車でヴィラに突っ込んできたために驚く。
車を離れたくないと言うマルコムが重傷だったために、救急車を呼んだフランクだったが、同乗していたヴァレンティーナからも同じことを言われる。
その瞬間、救急車は爆発し、フランクは何者かに殴られてしまう。
目覚めたフランクはブレスレットをはめられ、アメリカ人のジョンソンから、ヴァレンティーナと共に依頼品のバッグを運ぶことを強要される。
車から75フィート(約22.86m)離れるとブレスレットが爆発するとジョンソンに言われたフランクは、仕方なく仕事を受けて出発する。
国際廃棄物管理会社エココープの有毒廃棄物を処理するため、交渉を任されたジョンソンは、ヴァレンティーナを誘拐して、父親でウクライナの環境大臣トミレンコを脅し、廃棄契約を認めさせようとしていた。
それを知らないフランクは、ジョンソンに監視されながら、トミレンコの依頼で動き出した情報部にも追われることになる・・・。
__________

前作で一旦、足を洗いアメリカに渡っていた主人公が、再び南フランスに戻り、究極の危機に直面するというスリリングな設定で進行するハード・アクション。

ヨーロッパ各地を移動し、状況が常に変化する目まぐるしい展開、ルイ・レテリエから受け継いだオリヴィエ・メガトンのスピード感ある演出も見応え十分で、大いにファンを楽しませてくれる。

本作では、”車から75フィート(約22.86m)離れると爆発するブレスレット”がキーポイントとなるのだが、明らかにそれに反したシーンが多々あるものの、凄まじいアクションとその見事さで、そんな荒さもカバーしている。

北米興行収入は前作を下回る約3200万ドルに終わるが、全世界では1億ドルを突破し、シリーズ最高のヒットとなった。

世界的なアクション・スターとしての地位を築いた主演のジェイソン・ステイサムは、絶体絶命の危機であっても常に冷静に対処し、強靭な肉体で無敵の強さを誇る痛快アクションを披露する男臭い魅力で迫る。

廃棄物管理会社の交渉役として、ウクライナの環境大臣を脅す計画を実行するロバート・ネッパー、彼に拉致されて交渉の材料に使われるナタリア・ルダコーワ、その父親である環境大臣(ジェローン・クラッベ)、全作に出演する、主人公の友人でもある協力者の警部フランソワ・ベルレアン、ジョンソン(ロバート・ネッパー)の部下エリック・エブアニーセーム・シュルトヤン・サンベール、主人公の友人であるメカニックのティモ・ディールケス、主人公が紹介した運び屋デヴィッド・アトラッキなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020