4551 Movies

ブラック・サンデー Black Sunday (1977)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1975年に発表された、トマス・ハリスBlack Sunday”の小説を基に製作された作品。
スーパーボウルの大観衆の命を狙うパレスチナのテロ組織とイスラエルの諜報員の攻防を描く、監督ジョン・フランケンハイマー、主演ロバート・ショウブルース・ダーンマルト・ケラー他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ジョン・フランケンハイマー

製作:ロバート・エヴァンス
製作総指揮:ロバート・L・ローゼン
原作:トマス・ハリスBlack Sunday
脚本
アーネスト・レーマン
ケネス・ロス
アイヴァン・モファット
撮影:ジョン・A・アロンゾ
編集:トム・ロルフ
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
デイヴィッド・カバコフ少佐:ロバート・ショウ
マイケル・J・ランダー:ブルース・ダーン
ダリア・イヤッド:マルト・ケラー
サム・コーリー:フリッツ・ウィーヴァー
ロバート・モシェフスキー:スティーヴン・キーツ
オガワ:クライド・クサツ
ムハマド・ファジル:ベキム・フェーミュ
E・ムツァイ:マイケル・V・ガッツォ
ハロルド・ピュー:ウィリアム・ダニエルズ
リアト大佐:ウォルター・ゴテル
ナジーブ:ヴィクター・カンポス
ファウラー:ウォルター・ブルック
ファレリー:トム・マクファデン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1977年製作 143分
公開
北米:1977年4月1日
日本:未公開
北米興行収入 $15,769,320


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
11月12日、ベイルート
パレスチナの過激派組織”黒い九月”のメンバー、ダリア・イヤッド(マルト・ケラー)が空港に到着する。

ベトナム戦争中に捕虜だったアメリカ海軍パイロットのマイケル・J・ランダー少佐(ブルース・ダーン)に目を付けたダリアは、彼を自分に服従させる自信があることをムハマド・ファジル(ベキム・フェーミュ)やナジーブ(ヴィクター・カンポス)ら仲間達に伝える。

ライヅル・ダーツ(フレシェット)を使い、アメリカで人が集まる場所を攻撃すると言うダリアは、国民に自国の状況を知らせるため、明日、全世界に声明を発表することを伝える。

日本の過激派から、22万発ものダーツを調達するのは難しいが何とかすると言われたダリアは、マリア像(プラスチック爆弾)を渡される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ベイルート
モサドの特殊部隊を指揮するデイヴィッド・カバコフ少佐は、パレスチナの過激派組織”黒い九月”のアジトを襲撃し、ある声明の録音テープを入手する。
それを録音した”黒い九月”のメンバー、ダリアは、ベトナム戦争中に捕虜であったアメリカ海軍パイロットのランダーに目を付けて、アメリカ国内で大規模のテロを計画していた。
テープをモサドに奪われたダリアだったが、アメリカに入国して予定通り計画の実行を進める。
一方、カバコフもアメリカに向い、FBI捜査官のコーリーと協力して、襲撃で殺さなかった声明の女(ダリア)を捜そうとする。
ランダーと共に準備を始めたダリアは、国内に運ばれた大量の爆薬などを受け取る。
イスラエル側の動きを知ったダリアは、計画を阻止しようとするカバコフらを抹殺しようとするのだが・・・。
__________

羊たちの沈黙」(1991)などの”ハンニバル・レクター”シリーズで知られるトマス・ハリスの処女作”Black Sunday”の映画化で、社会派でもあるジョン・フランケンハイマーの力感溢れる演出が光るサスペンスの秀作。

本作でテロを実行する設定になっている、パレスチナの過激派組織”黒い九月”が計画した”ミュンヘン・オリンピック事件”から数年しか経過していない時期に製作された作品で、活動が減っていた組織の動きも注目され、物議を醸しだした問題作でもある。

また、日本の過激派組織が計画の武器を手配する大きな役割を果たしている点も興味深い。

8万人の観客が詰めかける”第10回スーパーボウル”の会場”オレンジボウル”がクライマックスの舞台になるが、当時、大ブームとなっていたパニック映画の要素は殆どない。

計画実行の準備を着々と進めるテロ組織の行動と、それを阻止するためにアメリカ入りしたモサドの諜報員との攻防を描く、緊迫感ある一級のサスペンスに仕上がっている。

日本ではテロ予告があり、劇場公開が中止されたという曰くつきの作品。

本作公開の1年前に行われた”第10回スーパーボウル”の実際の映像やその雰囲気を見事に描写した映像も見もので、主人公のロバート・ショウが”オレンジボウル”を調べる場面で、”マイアミ・ドルフィンズ”のオーナー、ジョー・ロビーが登場するのも興味深い。

ジョン・ウィリアムズのダイナミックな音楽も印象に残る。

イスラエル建国以来の戦いに疲弊しながらも、史上最悪の大規模テロを阻止するモサドの諜報員ロバート・ショウ、アメリカ社会に怒りを感じテロ実行計画を進める元海軍パイロットを好演するブルース・ダーン、彼と共にテロを実行しようとする”黒い九月”のメンバー、マルト・ケラー、主人公に協力するFBI捜査官フリッツ・ウィーヴァー、主人公の友人でもある同僚スティーヴン・キーツ、日本の貨物船船長クライド・クサツ、”黒い九月”のメンバー、ベキム・フェーミュ、輸出入業者マイケル・V・ガッツォ、医師ウィリアム・ダニエルズ、主人公に情報を渡すKGBの大佐ウォルター・ゴテル、飛行船パイロットのトム・マクファデンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021