4213 Movies

タイタニックの最期 Titanic (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

世界最大の豪華客船タイタニックの処女航海での沈没事故に遭遇した、アメリカ人富豪一家の悲劇を描く、監督ジーン・ネグレスコ、主演クリフトン・ウェッブバーバラ・スタンウィックロバート・ワグナーセルマ・リッターリチャード・ベースハート他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ジーン・ネグレスコ
製作:チャールズ・ブラケット
脚本
チャールズ・ブラケット

ウォルター・ライシュ
リチャード・L・ブリーン
撮影:ジョゼフ・マクドナルド
編集:ルイス・R・ローフラー
音楽:ソル・カプラン

出演
リチャード・ウォード・スタージェス:クリフトン・ウェッブ

ジュリア・スタージェス:バーバラ・スタンウィック
ギフォード”ギフ”ロジャース:ロバート・ワグナー
モード・ヤング:セルマ・リッター
ジョージ・S・ヒーリー:リチャード・ベースハート
アネット・スタージェス:オードリー・ダルトン
ノーマン・スタージェス:ハーパー・カーター
エドワード・ジョン・スミス船長:ブライアン・エイハーン
アール・ミーカー:オーリン・ジョスリン
マデリーン・アスターフランセス・バーゲン
ジョン・ジェイコブ・アスター4世:ウィリアム・ジョンストン
ワイルド一等航海士:チャールズ・B・フィッツシモンズ
ライトラー二等航海士:エドマンド・パードム
ノーマンが席を譲る女性:メエ・マーシュ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1953年製作 97分
公開
北米:1953年4月16日
日本:未公開
製作費 $1,805,000
北米興行収入 $2,250,000


アカデミー賞 ■
第26回アカデミー賞
・受賞
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1912年4月10日、イギリスサウサンプトン
ホワイト・スター・ライン”社所有の、世界最大の豪華客船”タイタニック”は、ニューヨークへの処女航海のため出港準備を進めていた。

アメリカ人富豪リチャード・ウォード・スタージェス(クリフトン・ウェッブ)は、タイタニックに乗船予定である妻ジュリア(バーバラ・スタンウィック)、17歳の娘アネット(オードリー・ダルトン)と10歳の息子ノーマン(ハーパー・カーター)を追い船に乗り込もうとする。

既に、切符が売り切れいることを知らされたスタージェスは、乗船予定の家族の男性から切符を譲り受ける。

アメリカ人テニス・プレイヤーで、パデュー大学の学生でもあるギフォード”ギフ”ロジャース(ロバート・ワグナー)は、アネットに一目惚れしてしまい、声をかけるが軽くあしらわれてしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1912年4月、イギリスサウサンプトン
世界最大の豪華客船タイタニックは処女航海で目的地ニューヨークに向かう。
ヨーロッパに滞在していた、アメリカ人富豪リチャード・ウォード・スタージェスは、子供達と共にタイタニックで帰国しようとする妻ジュリアの後を追い乗船する。
平民出身のジュリアは、上流の生活に馴染めずに、豪遊を続けるスタージェスとの生活に決別することを彼に告げるが、二人は子供達の親権で言い争いを始める。
しかしスタージェスは、息子が自分の子でないことを知り、彼を見捨てて絶縁する決心をする。
その頃、氷山の警告を度々受けていた船長スミスの甘い判断で、船は氷山に接触し浸水が始まる。
沈没の事実を知ったスタージェスは、男達の乗る救命ボートがないことを家族に隠しながら、いがみ合っていたジュリアに子供達を託し船に残ろうとする。
そして、見知らぬ乗客を助けるスタージェスの死の覚悟を知ったジュリアは、夫に別れを告げる・・・。
__________

あまりにも有名な、タイタニックの悲劇の影で展開する家族の問題と様々な人間模様など、悲劇に向かう展開の中でユーモアも交えた希望も描く、ジーン・ネグレスコの繊細な人物描写も見事な作品。

残念ながら、日本では未公開に終わってしまった。

船の沈没の事実は誰でも知っているものの、大惨事への秒読みが刻まれていく緊張感、ミニチュアや特撮を使った、当時の先端技術を駆使したスペクタクル映像なども見応えある。

第26回アカデミー賞では、脚本賞を受賞している。

その素晴らしい脚本により、惨事の描写よりも、主人公家族の問題などがよりドラマチックに描かれ、物語に引き込まれていく。

冒頭にあるように、米英の政府による調査報告書に基づき、タイタニックの事件は事実に近く再現されている。

妻に対しては傲慢な富豪と印象付けられて登場するものの、終盤の人間味のある言動と、夫と父としての誇りを忘れずに家族を守ろうとする、胸を打つ名演を見せてくれるクリフトン・ウェッブ、夫を憎みながらも、彼を理解した時には別れざるを得なくなる二重の悲劇を体験し、さらには息子も失うことになるバーバラ・スタンウィック、個性派二人の演技のぶつかり合いも見ものだ。

デビュー間もない、紅顔の美青年役で、惨劇の中、命が助かるロバート・ワグナー、物語にアクセントを加える、豪放磊落なアメリカ人の女性鉱山主役セルマ・リッターアルコール依存症の元聖職者リチャード・ベースハート、主人公の娘オードリー・ダルトン、息子ハーパー・カータースミス船長ブライアン・エイハーン、女性に扮し救命ボートに乗る男性オーリン・ジョスリン、実在の富豪夫婦ジョン・ジェイコブ・アスター4世役のウィリアム・ジョンストンと妻マデリーンフランセス・バーゲン、航海士チャールズ・B・フィッツシモンズエドマンド・パードム、そして主人公の息子がボートの席を譲る女性で、フォード一家の名優であるメエ・マーシュが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020