4216 Movies

キャバレー Cabaret (1972)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1946年に発表されたクリストファー・イシャーウッドの小説”The Berlin Stories”を、ジョン・ヴァン・ドルーテンが1951年にブロードウェイで”I Am a Camera”として戯曲化し、それを基にした1966年のブロードウェイ・ミュージカル”キャバレー”の映画化。
監督ボブ・フォッシーと主演ライザ・ミネリアカデミー賞を受賞、マイケル・ヨークヘルムート・グリームジョエル・グレイ(アカデミー助演賞)、マリサ・ベレンソン他共演。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト ■
監督:ボブ・フォッシー
製作:サイ・フュアー
戯曲
ジョー・マスターロフ

ジョン・ヴァン・ドルーテンI Am a Camera
脚本:ジェイ・プレッソン・アレン

撮影:ジェフリー・アンスワース
編集:デイヴィッド・ブレザートン
美術・装置
ロルフ・ゼヘトバウアー

ハンス・ユルゲン・カイバック
ハーバート・ストラベル
音楽
ジョン・カンダー

ラルフ・バーンズ
フレッド・エッブ

出演
サリー・ボウルズ:ライザ・ミネリ

ブライアン・ロバーツ:マイケル・ヨーク
マクシミリアン・フォン・ヒューン:ヘルムート・グリーム
MC/司会:ジョエル・グレイ
ナタリア・ランダワー:マリサ・ベレンソン
フリッツ・ベンデル:フリッツ・ヴェッパー
ボビー:ゲルト・ヴェスパーマン

アメリカ 映画
配給 Allied Artists

1972年製作 123分
公開
北米:1972年2月13日
日本:1972年8月5日
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $42,765,000


アカデミー賞 ■
第45回アカデミー賞
・受賞
監督
主演女優(ライザ・ミネリ)
助演男優(ジョエル・グレイ)
撮影・編集・録音・音楽・美術賞
・ノミネート
作品・脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1931年、ベルリン
今晩も大盛況の”キット・カット・クラブ”では、MC/司会(ジョエル・グレイ)が、見事な語り口でショーを始める。

ロンドンから来た語学生のブライアン・ロバーツ(マイケル・ヨーク)は、ベルリンに到着して部屋探しを始める。

ある下宿を訪れたブライアンは、そこに住みクラブに出演するアメリカ人歌手サリー・ボウルズ(ライザ・ミネリ)と知り合う。

奔放なサリーが気に入ったブライアンは、その下宿に済むことになり、彼女のクラブにも通うようになる。

ある日ブライアンは、クラブで、サリーの友人のフリッツ・ベンデル(フリッツ・ヴェッパー)を紹介され、彼に英語を教えることになる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1931年、ベルリンのクラブに出演するアメリカ人歌手サリー・ボウルズは、同じ下宿に住むイギリス人語学生ブライアンとの親交を深める。
スターを夢見る奔放なサリーに興味を持つブライアンだったが、彼は女性との恋に興味を示さずに、彼女の愛を受け入れられない。
その後二人は、友達でいることで合意し、ブライアンはサリーの親友フリッツや富豪令嬢ナタリアに英語を教えることになる。
ナチスが台頭する中、それを気にもせず愛も芽生えたブライアンとサリーの前に、男爵マクシミリアンが現れ、彼は二人の関係に深くかかわってくる・・・。
__________

振付師ボブ・フォッシーが、監督デビュー作「スイート・チャリティー」(1968)に続き演出した、ナチズム台頭時期のベルリンを舞台に、その退廃的な世界観を描いた、ミュージカル・ドラマの秀作。

規律を遵守する、統制の象徴のように描写されているナチス党員と、道徳的観念を排除したかのように見えるクラブのショーの対比で、そのステージでは進行するドラマのキーポイントをパフォーマンスで強調して描写し、そして強烈な皮肉として映し出す、凄まじい表現力の豊かさに圧倒される。

1995年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品。

第45回アカデミー賞では10部門にノミネートされ、圧倒的な支持を得た「ゴッドファーザー」をも凌ぐ評価を受けて、監督、主演女優(ライザ・ミネリ)、助演男優(ジョエル・グレイ)、撮影、編集、録音、音楽、美術賞等8部門で受賞した。
・ノミネート
作品・脚色賞

ヴィンセント・ミネリ、母ジュディ・ガーランドの娘というサラブレッドとしての七光りに頼らず、苦難の生活も体験し、自らの手で栄光を掴んだライザ・ミネリのダイナミックな演技とパフォーマンスは出色だ。

ミュージカル”キャバレー”のオリジナル・キャストであり、トニー賞も受賞したジョエル・グレイの、メリハリの利いた身のこなし、本筋には関係しない、ステージの主役と言っていい彼の怪演も見ものだ。

バイ・セクシャルの語学生を淡々と演ずるマイケル・ヨークユダヤ人としての身を隠しつつ、同胞を愛してしまう皮肉に苦悩するヘルムート・グリーム、結局は彼と結ばれる富豪令嬢のマリサ・ベレンソン、男爵フリッツ・ヴェッパーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020