4215 Movies

アラスカ魂 North to Alaska (1960)

 

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アラスカで金脈を掘り当てた億万長者が、同僚の婚約者の代わりに連れて帰った女性に梃子摺りながら金鉱を狙われる騒動を描く、製作、監督ヘンリー・ハサウェイ、主演ジョン・ウェインスチュワート・グレンジャーキャプシーヌアーニー・コヴァックスフェビアン他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ヘンリー・ハサウェイ
製作:ヘンリー・ハサウェイ

原作:ラズロ・フォーダー”Birthday Gift”/舞台劇
脚本
ジョン・リー・メイヒン
マーティン・ラッキン

クロード・ビニヨン
撮影:レオン・シャムロイ
編集:ドロシー・スペンサー
音楽:ライオネル・ニューマン
主題歌:ジョニー・ホートンNorth to Alaska

出演
ジョン・ウェイン:サム・マッコード
スチュワート・グレンジャー:ジョージ・プラット
キャプシーヌ:ミシェル・ボネ/エンジェル
アーニー・コヴァックス:フランキー・キャノン
フェビアン:ビリー・プラット
ミッキー・ショーネシー:ピーター・ボッグス
カール・スエンソン:ラーズ・ノードクイスト
キャサリーン・フリーマン:リナ・ノードクイスト
ジョン・クゥオーレン:ラガー
リリアン・ショーヴァン:ジェニー・レモン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1960年製作 122分
公開
北米:1960年11月7日
日本:1961年2月
製作費 $3,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1900年、アラスカノーム
ゴールド・ラッシュに沸くこの地で、シアトル出身のたサム・マッコード(ジョン・ウェイン)、ジョージ・プラット(スチュワート・グレンジャー)とその弟ビリー(フェビアン)の3人は、金脈を堀りあてて億万長者となる。

ジョージは、その金でフランス人の恋人ジェニー・レモン(リリアン・ショーヴァン)を呼び寄せようとするが、 大金で人生を謳歌しようとするサムにはそれが理解できない。

仕方なくサムは、約束だったジェニーのことを引き受けるが、そのことで酒場にいた男達と殴り合いの喧嘩になる。

その隙に、詐欺師フランキー・キャノン(アーニー・コヴァックス)がサムの金を奪おうとするが、愛犬がそれを守る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

ラズロ・フォーダーの舞台劇”Birthday Gift”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
アラスカで金脈を掘り当てたサム・マッコードとジョージ・プラットは億万長者になる。
シアトルに行くことになったサムは、ジョージに婚約者を連れてくることを頼まれるが、彼女は既に結婚していた。
仕方なくサムは、同じフランス人である酒場の女ミシェルをアラスカに連れて行くことを考える。
ミシェルは豪快なサムに心惹かれてしまうが、自分がジョージの縁結びのためにアラスカに連れて行かれることを船上で聞かされショックを受ける。
しかし、ミシェルは気を取り戻し、彼女を連れて船を降りたサムだったが、金鉱が乗っ取られそうになっていることを知り鉱山に急ぐ。
現れたのがミシェルだったことで、当然のごとく憤慨したジョージだったが、彼は潔く諦める。
そしてジョージは、彼女が心惹かれてしまったサムの気を引こうと手助けをするのだが・・・。
__________

舞台はアラスカで、時代背景にコスチュームや雰囲気は西部劇そのものではあるが、コメディ・タッチのアクション・アドベンチャー。

ジョン・ウェインとのコンビ作も多いヘンリー・ハサウェイの豪快な演出が冴える痛快娯楽作。

この頃からジョン・ウェインは本作のようなコメディ・西部劇やドラマに軒並み出演し、新たなファンを獲得する。

ジョン・ウェインにしかない、他を圧倒する独特の雰囲気と演技は、見方によっては傲慢にも思えるが、それこそが彼の持ち味だ。

ヘンリー・ハサウェイ作品なであるため、ジョン・ウェインは勿論、お馴染みの「赤い河」(1948)のバックル”RED RIVER D”をつけている。
*私も愛用しています。

長身の活劇スターだったスチュワート・グレンジャーは、ユーモラスでひょうきんな演技を見せてくれる。

しかし、ウェインと並ぶと彼でさえも、華奢に見えてしまうのだから驚きだ。

残念ながら、演技力は今一のキャプシーヌだが、その美しさは輝くようだ。

彼女は、1990年にマンションから転落死する。
ファッション・モデルとして活躍し映画界に入りしたものの、結局、俳優としてはあまり成功しなかった。

コメディアン、アーニー・コヴァックスの、彼の個性を活かした憎らしい詐欺師役の好演も印象的だ。
確かな演技に加え、顔の表情が実に豊かだ。

おまけのような存在ではある、当時の人気アイドルのフェビアンが、キャプシーヌに恋する場面も面白い。

本作には、ジョン・フォードウェイン作品の常連がほとんど出演していないが、ジョン・クゥオーレン(木登り競争の審査員)が小さな役で登場する。

カントリー・シンガー、ジョニー・ホートンが歌う主題曲もなかなかいい。
この曲は、ビルボードのチャートで4位にまでなった。

金鉱保有者として利用される酔いどれのミッキー・ショーネシー、主人公の元ボス、カール・スエンソン、豪快なその妻役キャサリーン・フリーマン、ジョージ(S・グレンジャー)が裏切られる婚約者役のリリアン・ショーヴァンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020