4314 Movies

コンドル Three Days of the Condor (1975)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1974年に発表された、ジェームズ・グラディの小説”Six Days of the Condor”を基に製作された作品。
CIAの下部組織に所属する分析官が上層部の陰謀に巻き込まれながら、単独で権力に立ち向かう姿を描く、製作総指揮ディノ・デ・ラウレンティス、監督シドニー・ポラック、主演ロバート・レッドフォードフェイ・ダナウェイクリフ・ロバートソンマックス・フォン・シドージョン・ハウスマン共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:シドニー・ポラック

製作:スタンリー・シュナイダー
製作総指揮:ディノ・デ・ラウレンティス
原作:ジェームズ・グラディSix Days of the Condor
脚本
ロレンツォ・センプルJr.
デヴィッド・レイフィール
撮影:オーウェン・ロイズマン
編集
フレドリック・スタインカンプ
ドン・ガイデス
音楽:デイヴ・グルーシン

出演
ジョセフ・ターナー:ロバート・レッドフォード
キャサリン・ヘイル:フェイ・ダナウェイ
J・ヒギンズ:クリフ・ロバートソン
G・ジュベール:マックス・フォン・シドー
ウォバッシュ:ジョン・ハウスマン
S・W・ウィックス:マイケル・ケーン
レナード・アトウッド:アディソン・パウエル
サム・バーバー:ウォルター・マッギン
ジャニス・チョン:ティナ・チェン
フェルディナンド・ラップ博士:ドン・マクヘンリー
エドウィナ・ラッセル:ヘレン・ステンボーグ
マーティン:パトリック・ゴーマン
ジェニングス:ハンスフォード・ロウ
少佐:ジェス・オスナ
郵便配達人:ハンク・ギャレット
メイ・ハーバー:カーリン・グリン
情報員:ラッセル・ジョンソン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1975年製作 118分
公開
北米:1975年9月24日
日本:1975年11月29日
北米興行収入 $41,509,800


アカデミー賞
第48回アカデミー賞

・ノミネート
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク、クリスマス・シーズン。
アメリカ文学史協会のフェルディナンド・ラップ博士(ドン・マクヘンリー)は、遅刻を繰り返すジョセフ・ターナー(ロバート・レッドフォード)に呆れる。

いつものようにバイクで到着し、気まずい思いをしながら、ようやくオフィスで仕事を始めたターナーは、ラップに睨まれながら、同僚のジャニス・チョン(ティナ・チェン)と会話をする。

表向きは単なる調査員だったターナーは、実はCIAの下部組織の分析官で、スタッフと共に、世界中の書籍や新聞、雑誌などから情報を収集するのが仕事だった。

雨の中、その場をある男が監視する。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
表向きはアメリカ文学史協会で働くジョセフ・ターナーは、実はCIAの下部組織17課の分析官で、世界中の書籍や新聞、雑誌などから情報を収集するのが仕事だった。
ある日ターナーは、、昼食の買い出しから戻った際、同僚全員が殺されていることを知る。
CIAセンターに暗号名”コンドル”を伝え、同僚達が殺害されたことを知らせたターナーは、支部長のヒギンズの指示を受ける。
それを知ったワシントンD.C.の情報部17課の責任者ウィックスはニューヨークに向い、ターナーの友人バーバーと共にターナーに接触しようとする。
ところが、ターナーに発砲したウィックスは、反撃されながらバーバーを射殺してしまう。
その場から逃れたターナーは、写真家のヘイルに声をかけて脅し、彼女の家に身を潜める。
考えを巡らせるターナーは、自分の分析したレポートが、ある計画に支障を与えたために命を狙われたと考え、ヘイルの協力を得て行動を開始するのだが・・・。
__________

国益のために闇で作戦行動を続けるCIAの、陰謀の犠牲者となるはずだった下部組織の一分析官の運命を描く一級のサスペンス。

巧みに練られた脚本を生かし、陰謀の裏の裏、そして権力を握る者達の理解できない行動と、主人公の執念の抵抗を描く、シドニー・ポラックの丹念な演出が光る作品。

大都会ニューヨークのスタイリッシュな雰囲気や生活感など、1970年代を感じさせてくれる描写など、リアルタイムで本作を観た者にとっては懐かしい思いに浸れる作品でもある。

第48回アカデミー賞では、編集賞にノミネートされた。

劇中は物語に集中させるためか控えめに感じる、デイヴ・グルーシンのオープニングのテーマ曲は記憶に残る。

また、その直後に主人公の職場で起きる、平穏な雰囲気から一転、プロの殺し屋による容赦ない衝撃の殺戮シーンは印象的だ。

シドニー・ポラックとは盟友と言える、既に何作もでコンビを組んでいたロバート・レッドフォードは、同僚の死による上層部に対する不信感から、その陰謀に勇敢に立ち向かう分析官を熱演している。
主人公が最善と思える方法で権力に抵抗するものの、それも潰される不安を感じさせながら終わるラストも怖い。

実力派が揃う共演陣の中で、知的で冷静な殺し屋を演ずるマックス・フォン・シドーの演技は秀逸だ。
依頼者が考える殺人の理由を知ろうともせず仕事に徹し、その人生に自分の世界を見出し安らぎまで感じると言い切る、プロの殺し屋を見事に演じている。

主人公に協力する写真家を魅力的に演ずるフェイ・ダナウェイCIAニューヨーク支部長クリフ・ロバートソン、作戦本部長ジョン・ハウスマン、その部下で事件の黒幕のアディソン・パウエル、主人公が所属する組織の責任者マイケル・ケーン、彼に殺される主人公の友人ウォルター・マッギン、その妻カーリン・グリン、主人公の同僚ティナ・チェン、ドン・マクヘンリー、ヘレン・ステンボーグパトリック・ゴーマンハンスフォード・ロウCIAセンターのジェス・オスナ、郵便配達に扮する殺し屋ハンク・ギャレット、情報員ラッセル・ジョンソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020