4354 Movies

宇宙戦争 The War of the Worlds (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1898年に発表された、ハーバート・ジョージ・ウェルズの小説”宇宙戦争”を基に製作された作品。
火星人の侵略に対抗する人類の戦いを描く、特殊効果技師として知られるバイロン・ハスキンが監督、盟友ジョージ・パル製作、主演ジーン・バリーアン・ロビンソン他共演によるSF映画の傑作。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:バイロン・ハスキン
製作:ジョージ・パル
脚本:バー・リンドン
原作:ハーバート・ジョージ・ウェルズ宇宙戦争
撮影:ジョージ・バーンズ

編集:エヴェレット・ダグラス
音楽:リース・スティーヴンス

出演
クレイトン・フォレスター博士:ジーン・バリー

シルヴィア・ヴァン・ビューレン:アン・ロビンソン
マン将軍:レス・トレメイン
プライアー博士:ロバート・コーンスウェイト
マシュー・コリンズ牧師:ルイス・マーティン
ラルフ・ヘフナー大佐:ヴァーノン・リッチ
ビルダーベック博士:サンドロ・ジリオ

サルヴァトーレ:ジャック・クラスチェン
ラジオのリポーター:ポール・フリーズ
ウォッシュ・ペリー:ウィリアム・ピップス
警官:ヘンリー・ブランドン
ナレーター:セドリック・ハードウィック

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1953年製作 85分
公開
北米:1953年8月26日
日本:1953年9月1日
製作費 $2,000,000
北米興行収入 $4,360,000


アカデミー賞 ■
第26回アカデミー賞
・受賞
特殊効果賞
・ノミネート
編集・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
人類は、科学の進歩と共に戦争の時代を歩んできた。

高度な科学技術を持つ火星人は、過酷な環境下から逃れるべく、他の惑星への移住を考え侵略計画を立てていた。

太陽系の各惑星を観察した火星人は、地球だけが全ての居住条件を満たす場所と判断する。

しかし、地球人はその脅威を知る由もなかった・・・。
___________

カリフォルニア南部、リンダ・ローザ。
郊外に炎に包まれた物体が落下する。

山火事が発生し、それに気づいた役人や住民達は現場で消火活動を始める。

火災は収まり、同僚と共に付近に釣りに来ていた、”マンハッタン計画”に参加したクレイトン・フォレスター博士(ジーン・バリー)が、落下した高熱の物体の調査を依頼される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア南部。
ある物体が上空から落下し、その付近で釣りを楽しんでいた科学者クレイトン・フォレスターが調査を依頼される。
科学に興味を持つ教師シルヴィアと出会ったフォレスターは、その物体が隕石だと判断する。
その後、監視していた3人は、隕石から現れた浮遊物体に攻撃される。
現場に向かったフォレスターは、火星人の侵略の危機も考え、対処するために軍の出動を要請する。
物体の攻撃に全く無抵抗な軍隊は撤退し、フォレスターは、生物の可能性がある相手の弱点を探ろうとするのだが・・・。
__________

スペシャリストとして、1939年から4年連続でアカデミー特殊効果賞にノミネートされ、1939年には「女王エリザベス」で技術功労賞を受賞したバイロン・ハスキンの演出と、その後も「黒い絨氈」(1954)など3作で組むことになるジョージ・パルが製作した作品。

斬新な発想、当時の技術力を考えるとその映像の素晴らしさ、迫力に加えた緊迫感などの娯楽性、そして、それらと共に描かれるほのかなロマンスのバランスの良さなど、全てにおいて映画史上に残る作品と言える。

第26回アカデミー賞は、誰もが認める特殊効果賞を受賞し、編集・録音賞にノミネートされた。

2011年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

2005年に公開されたスティーヴン・スピルバーグトム・クルーズが組んだ「宇宙戦争」は、一応リメイクという考えでよろしいかとも思うが、地球外生物の侵略とその戦いの終わり方が一致しているだけで、主人公の設定などは全く違う。

ファンにとって嬉しいのは、1953年版に敬意を表し、その主人公ジーン・バリーアン・ロビンソンが、2005年版の主人公の義父母役で登場することだ。

1988年には、本作を受け継ぐ内容としてテレビ・シリーズ”War of the Worlds”が放映された。

温厚な科学者として実に好感度の高い役柄を熱演するジーン・バリー、彼に惹かれつつ献身的に協力するヒロインを演ずるアン・ロビンソン火星人の侵略に対抗する司令官のレス・トレメイン、主人公の同僚科学者ロバート・コーンスウェイトサンドロ・ジリオ、ヒロインの叔父である牧師ルイス・マーティン、軍の指揮官ヴァーノン・リッチ、侵略者の攻撃を受けて犠牲になる住人ジャック・クラスチェンウィリアム・ピップス、ラジオのリポーターのポール・フリーズ、警官ヘンリー・ブランドン、そして、名優セドリック・ハードウィックがナレーターを担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020