4354 Movies

エレファント・マン The Elephant Man (1980)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

その異様な容姿から”エレファント・マン”と呼ばれた実在の人物ジョン・メリック(実際はジョセフ・メリック)の悲痛な人生と彼の心の支えとなる外科医フレデリック・トリーヴスとの友情を描く、製作総指揮メル・ブルックス、監督、脚本デヴィッド・リンチ、主演アンソニー・ホプキンスジョン・ハートアン・バンクロフトジョン・ギールグッドウェンディ・ヒラーフレディ・ジョーンズ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・リンチ
製作:ジョナサン・サンガー
製作総指揮
スチュアート・コーンフェルド

メル・ブルックス
原作
フレデリック・トリーヴス”The Elephant Man and Other Reminiscences”
アシュリー・モンタギュー”The Elephant Man: A Study in Human Dignity”
脚本
クリストファー・デヴォア
エリック・バーグレン
デヴィッド・リンチ

撮影:フレディ・フランシス
編集:アン・V・コーツ
美術・装置
スチュアート・クレイグ

ロバート・カートライト
ヒュー・スケイフ
衣装デザイン:パトリシア・ノリス
音楽:ジョン・モリス

出演
フレデリック・トリーヴスアンソニー・ホプキンス

ジョン・メリック(実際はジョセフ・メリック):ジョン・ハート
マッジ・ケンドールアン・バンクロフト
フランシス・C・カー・ゴム院長:ジョン・ギールグッド
婦長:ウェンディ・ヒラー
バイツ:フレディ・ジョーンズ
ジム:マイケル・エルフィック
バイツの助手:デクスター・フレッチャー
アン・トリーヴス:ハンナ・ゴードン
アレクサンドラ皇太子妃ヘレン・ライアン
フォックス医師:ジョン・スタンディング
ノラ:レスリー・ダンロップ
メリー・ジェーン・メリック:フィービー・ニコルズ
小人:ケニー・ベイカー

アメリカ/イギリス 映画
配給
パラマウント・ピクチャーズ(北米)
ユニバーサル・ピクチャーズ(イギリス)
1980年製作 124分
公開
北米:1980年10月3日
日本:1981年5月9日
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $26,010,860


アカデミー賞 ■
第53回アカデミー賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ジョン・ハート)
脚色・編集・美術・衣装デザイン・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
19世紀末、ロンドン
ロンドン病院の外科医フレデリック・トリーヴス(アンソニー・ホプキンス)は、“エレファント・マン”と呼ばれる人物に興味を持ち、ある見世物小屋に向かう。

しかし、興行師バイツ(フレディ・ジョーンズ)は、公序良俗に反するという理由で、役人からその興行の許可を得られなかった。

それを知ったトリーヴスは、諦めてその場を去る。

ある日、手術中だったトリーヴスは、”エレファント・マン”を見つけたという連絡を受けてバイツの元に向かう。

バイツに金を払ったトリーヴスは、”エレファント・マン”ジョン・メリック/実際はジョセフ・メリック(ジョン・ハート)を目の前にして、その醜い姿に呆然としながら涙する。

動揺するトリーヴスは落ち着きを取り戻し、翌日、メリックを病院に連れてくることをバイツに約束させる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

フレデリック・トリーヴスの著書”The Elephant Man and Other Reminiscences”(1923)とアシュリー・モンタギュー”The Elephant Man: A Study in Human Dignity”(1971)を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
19世紀末、ロンドン
ロンドン病院の外科医フレデリック・トリーヴスは、その異様な容姿から”エレファント・マン”と呼ばれたジョン・メリックに興味を持つ。
見世物小屋の興行師バイツの所有物だったメリックの診察をしたトリーヴスは、その結果を公に発表する。
バイツの元に戻ったメリックは痛めつけられ、それを知ったトリーヴスは、彼を病院に滞在させようとする。
院長カー・ゴムはそれに意見するものの、メリックの知能の高さと人柄を知り入院を許可する。
その後メリックは新聞などで大きく報道され、著名な女優ケンドールも彼に興味を持つ。
そんなメリックは、献身的に接するトリーヴスらに見守られながら、大きく変わった人生を楽しもうとするのだが・・・。
__________

鬼才デヴィッド・リンチによる衝撃作であり、実在した青年の悲しい運命と激変する人生を通して、心の闇やささやかな希望を願う人間の本質を描くドラマ。

公開当時はコメディの巨匠であるメル・ブルックスの製作なども大いに話題になり、主人公の容姿を映し出す映像の衝撃度から、鑑賞するのに覚悟がいると言われた作品でもある。

19世紀末のロンドンを映し出すリアルな映像と共に、デヴィッド・リンチの好むシュールな描写が非常に印象的であり、モノクロの画面が効果的に使われている。

悲しい物語なのだが、主人公の悲惨な人生を描写するシーンは意外にも少ない。
美しい母親の面影だけを支えに生きる、虐げられた人生から解放された主人公が幸福を手にすると共に、その悲惨な過去が観る者の頭を過る比率が高まるという演出も興味深い。

第53回アカデミー賞では、作品、監督、主演男優(ジョン・ハート)、脚色、編集、美術、衣装デザイン、作曲賞にノミネートされた。

主人公ジョン・メリックを演ずるジョン・ハートは、メイクのため当然ながら一度も素顔を見せないまま、アカデミー主演賞にノミネートされ、その熱演は高く評価された。

ファースト・クレジットは、主人公を支えるフレデリック・トリーヴスを演ずるアンソニー・ホプキンスであり、セリフを語る場面よりも、医師の立場から患者である主人公を観察する、表情だけでその意思を伝える演技が注目だ。

主人公の人生に興味を持つ著名な女優マッジ・ケンドールを演ずる、製作総指揮を担当するメル・ブルックス夫人のアン・バンクロフト、思慮深く柔軟な考えの持ち主である病院長ジョン・ギールグッド、婦長役の名女優ウェンディ・ヒラー、主人公の所有者で興行師のフレディ・ジョーンズ、その助手の少年デクスター・フレッチャー、主人公を利用して金を稼ぐマイケル・エルフィックフレデリック・トリーヴスの妻ハンナ・ゴードンアレクサンドラ皇太子妃ヘレン・ライアン、看護師レスリー・ダンロップ、主人公の母親フィービー・ニコルズ、見世物小屋の小人ケニー・ベイカーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020