4292 Movies

16歳の合衆国 The United States of Leland (2003)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ガールフレンドの弟を刺殺してしまった少年の苦悩と家族の苦しみを描く、製作、出演ケヴィン・スペイシー、監督、脚本マシュー・ライアン・ホーグ、主演ライアン・ゴズリングドン・チードルクリス・クラインジェナ・マローンレナ・オリンミシェル・ウィリアムズ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:マシュー・ライアン・ホーグ
製作
ケヴィン・スペイシー

バーニー・モリス
ジョナ・スミス
パーマー・ウェスト
製作総指揮
マーク・ダモン

スチュワート・ホール
サミー・リー
脚本:マシュー・ライアン・ホーグ

撮影:ジェームズ・グレノン
編集:ジェフ・ベタンコート
音楽:ジェレミー・エニック

出演
リーランド・P・フィッツジェラルド:ライアン・ゴズリング

パール・マディソン:ドン・チードル
アレン・ハリス:クリス・クライン
ベッキー・ポラード:ジェナ・マローン
メアリーベス・フィッツジェラルド:レナ・オリン
アルバート・T・フィッツジェラルド:ケヴィン・スペイシー
ジュリー・ポラード:ミシェル・ウィリアムズ
ハリー・ポラード:マーティン・ドノヴァン
カレン・ポラード:アン・マグナソン
エイシャ:ケリー・ワシントン
アンジェラ・カルデロン:シェリリン・フェン
チャーリー:マット・マロイ
ベンゲル:ウェスリー・ジョナサン
ギレルモ:マイケル・ペーニャ
ライアン・ポラード:マイケル・ウェルチ
エルデン:ロン・カナダ
判事:クライド・クサツ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・クラシックス

2003年製作 104分
公開
北米:2004年4月2日
日本:2004年8月7日
北米興行収入 $343,820


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
16歳の少年リーランド・P・フィッツジェラルド(ライアン・ゴズリング)は、手から血を流して街道を歩く。

リーランドのガールフレンド、ベッキー・ポラード(ジェナ・マローン)は、部屋でドラッグを注射していた。

父ハリー(マーティン・ドノヴァン)が現れ、弟ライアン(マイケル・ウェルチ)の居場所を聞かれたベッキーは答えられない。

演劇の道に進むことを考えるベッキーの姉ジュリー(ミシェル・ウィリアムズ)は、同居する恋人アレン・ハリス(クリス・クライン)にその才能を認められ、彼は、ジュリーの母カレン(アン・マグナソン)にそれを話す。

ニュースを見ていたベッキーは、事件現場で呆然とする父ハリーの姿を確認する。

ジュリーとアレンと共に帰宅したカレンは、夫ハリーからの電話を受ける。

帰宅したリーランドの母メアリーベス(レナ・オリン)は、リーランドの手の傷に気づき、過ちを犯したと言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
16歳の少年リーランド・P・フィッツジェラルドは、ガールフレンドのベッキーの弟で知的障害者のライアンを刺殺してしまう。
逮捕され少年更生施設に入れられたリーランドは、作家志望の教師パールの指導を受けることになる。
リーランドが著名な作家アルバート・T・フィッツジェラルドの息子だと知ったパールは、彼を題材にした作品を書こうとして、規則違反と知りながらリーランドとの面会を繰り返す。
その間、ベッキーの家族の悲しみは消えることなく、息子リーランドの無実を信じるメアリーベスは苦しみ、普通の父子関係でなかったアルバートも滞在先のパリから帰国する。
興味だけでリーランドと接していたパールだったが、全てを諦める彼の心の奥底に何があり事件を起こしたのかを探り始める・・・。
__________

まず、演出と脚本を担当したマシュー・ライアン・ホーグが、撮影当時まだ28歳だったことに驚く。

理知的ではあるが、普通の父子関係などを知らずに育った少年の苦悩と、彼と被害者の家族の悲しみなどを切実に描く深い物語を、人生経験の浅いマシュー・ライアン・ホーグが見事に表現した問題作でもある。

マシュー・ライアン・ホーグが、その後に作品を発表していないことが非常に残念だ。

もともと問題を抱えていた家族に襲いかかる悲劇は、そんな時だからこそ助け合い苦難を乗り切る方向に向かおうとすることを観客は期待する。
しかし、その雰囲気が伝わるのは僅かで、このような家族の危機に接し、更に不安定な状況に追い込まれる現実を描いているところに注目したい。

人気だけでなく実力派スターとして評価の高いライアン・ゴズリングは、人生の迷いを拭い去ることができずに日々を過ごす少年を見事に演じている。

自らの執筆の参考にするつもりで主人公に接しながら、全てを諦めている彼を救おうとする更生施設の教師を好演するドン・チードル、少年の運命に大きく関わる、被害者家族と同居する青年クリス・クライン、ドラッグ依存で苦しむ主人公のガールフレンドで被害者の姉ジェナ・マローン、著名な作家である主人公の父親ケヴィン・スペイシー、母親レナ・オリン、被害者の姉ミシェル・ウィリアムズ、その両親マーティン・ドノヴァンアン・マグナソン、パール(ドン・チードル)と親交を深める更生施設職員ケリー・ワシントン、主人公が慕うニューヨークの婦人シェリリン・フェン、更生施設の収容者ウェスリー・ジョナサンマイケル・ペーニャ、主人公に刺殺される被害者の少年マイケル・ウェルチ、更生施設職員ロン・カナダ、判事クライド・クサツなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020