4296 Movies

ワイルド・タウン Walking Tall (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

実在の保安官ビュフォード・パッサーをモデルにした、1973年公開、ジョー・ドン・ベイカー主演の「Walking Tall」のリメイク。
帰郷した元軍人が、変わり果てた故郷をかつての町に戻すため悪に立ち向かう姿を描く、主演ドウェイン・ジョンソンジョニー・ノックスビルニール・マクドノー他共演、監督ケヴィン・ブレイによる犯罪アクション。


アクション/アドベンチャー

ドウェイン・ジョンソン / Dwayne Johnson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ケヴィン・ブレイ
製作
アショク・アムリトラジ

ジム・バーク
ルーカス・フォスター
デヴィッド・ホバーマン

ポール・シフ
製作総指揮
キース・サンプルズ

ヴィンス・マクマホン
脚本
デヴィッド・クラス

チャニング・ギブソン
デヴィッド・レヴィーン
ブライアン・コッペルマン
モート・ブリスキン(1973年:脚本)
撮影:グレン・マクファーソン

音楽:グレーム・レヴェル

出演
クリストファー”クリス”ヴォーンJr.:ドウェイン・ジョンソン

レイ・テンプルトン:ジョニー・ノックスビル
ジェイ・ハミルトン:ニール・マクドノー
ミシェル・ヴォーン:クリステン・ウィルソン
デニ:アシュレイ・スコット
ピート・ヴォーン:クレオ・トーマス
クリストファー・ヴォーンSr.:ジョン・ビーズリー
コニー・ヴォーン:バーバラ・ターバック
スタン・ワトキンス:マイケル・ボーウェン
ブース:ケヴィン・デュランド
ジミー:アンドリュー・ターベット
トラヴィス:ライアン・ロビンズ

アメリカ 映画
配給 MGM

2004年製作 86分
公開
北米:2004年4月2日
日本:2005年5月14日
製作費 $46,000,000
北米興行収入 $46,437,720
世界 $57,223,900


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ワシントン州、キトサップ郡
8年振りに故郷に戻った陸軍特殊部隊員だったクリストファー”クリス”ヴォーンJr.(ドウェイン・ジョンソン)は、かつてとは違う町の様子を気にしながら、主な産業だった製材所も閉鎖されたことを知る。

通りがかった保安官スタン・ワトキンス(マイケル・ボーウェン)に話しかけられたヴォーンは、今ではカジノが町の主産業だと知らされる。

両親を知っていると言われたヴォーンはワトキンスに挨拶し、パトカーで郊外の実家まで送ってもらう。

救急隊員である姉ミシェル(クリステン・ウィルソン)に歓迎されたヴォーンは、喜ぶ母コニー(バーバラ・ターバック)と父クリストファー(ジョン・ビーズリー)に除隊したことを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ワシントン州、キトサップ郡
8年振りに故郷に戻った陸軍特殊部隊員だったクリストファー”クリス”ヴォーンJr.は、町の主産業だった製材所が閉鎖されていることを知る。
製材所を親から引き継ぎ閉鎖したハミルトンのカジノで町は成り立ち、ドラッグが蔓延していることを知ったヴォーンは心を痛める。
カジノの不正を見破り騒ぎを起こしたヴォーンは、ハミルトンの部下ブースに痛めつけられ殺されそうになる。
難を逃れたヴォーンは回復するが、甥ピートがカジノから流れたドラッグで救急搬送されたため、怒りが爆発する。
カジノで暴れたヴォーンはブースらを叩きのめすものの、逮捕起訴されてしまう。
司法取引を拒んだヴォーンは、圧倒的に不利な法廷で正義を貫いたことを訴え、無罪となった場合は保安官に立候補することを約束する。
無罪となったヴォーンは保安官となり、友人レイと共に、ハミルトンら悪に対抗するため行動を開始するのだが・・・。
__________

人気プロ・レスラー”ザ・ロック”として活躍し、映画でも順調にキャリアを積み始めたドウェイン・ジョンソン主演のアクション。

実話を基にした作品で、実にアメリカらしい内容でもあり、正義のために戦う男の姿をストレートに描く痛快作に仕上がっている。

プロ・レスラーのドウェイン・ジョンソンは長身で逞しい肉体を披露してくれるのだが、彼をさらに上回る巨漢のケヴィン・デュランドなどの出演により、力感溢れる映像が楽しめる。
モデルになったビュフォード・パッサー自身が198cmの長身だったため、原題が”Walking Tall”となった。

保安官就任後の主人公が、カジノを襲撃する際に使った角材を武器に悪に立ち向かう姿は、さながら西部劇のヒーローを見ているようで男心を刺激する。

圧倒的な強さばかり強調せず、痛めつけられる場面もあり、平民の中の勇士という役柄がいいドウェイン・ジョンソン、その親友で、悪に対して勇敢に戦うジョニー・ノックスビル、町を牛耳る実力者ニール・マクドノー、主人公の姉クリステン・ウィルソン、両親ジョン・ビーズリーバーバラ・ターバック、甥クレオ・トーマス、主人公と惹かれ合うアシュレイ・スコット、悪徳保安官マイケル・ボーウェン、ハミルトン(ニール・マクドノー)の部下ケヴィン・デュランドライアン・ロビンズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020