4354 Movies

バッファロー’66 Buffalo ’66 (1998)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

出所した男と彼に惹かれる女の恋を描く、原案、監督、脚本、音楽、主演ヴィンセント・ギャロクリスティーナ・リッチベン・ギャザラアンジェリカ・ヒューストンロザンナ・アークエットミッキー・ローク他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ヴィンセント・ギャロ
製作:クリス・ハンレイ
製作総指揮
マイケル・パセオネック
ジェフ・サックマン
原案:ヴィンセント・ギャロ

脚本
ヴィンセント・ギャロ

アリソン・バグノール
撮影:ランス・アコード

編集:カーティス・クレイトン
音楽:ヴィンセント・ギャロ

出演
ビリー・ブラウン:ヴィンセント・ギャロ

レイラ:クリスティーナ・リッチ
ジミー・ブラウン:ベン・ギャザラ
ジャン・ブラウン:アンジェリカ・ヒューストン
グーン:ケヴィン・コーリガン
ウェンディ・バルサム:ロザンナ・アークエット
ノミ屋:ミッキー・ローク
ソニー:ジャン=マイケル・ヴィンセント
アレックス・カラスケヴィン・ポラック
スコット・ウッズ:ボブ・ウォール

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films
1998年製作 120分
公開
北米:1998年6月26日
日本:1999年7月3日
製作費 $1,500,000
北米興行収入 $2,375,100


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1966年12月26日にニューヨーク州バッファローで生まれたビリー・ブラウン(ヴィンセント・ギャロ)は、5年の刑期を終えて出所する。

バスを待つ間に尿意を催したビリーは、刑務所に戻りトイレを借りようとするものの、それを拒まれる。

仕方なくバスを待ち街に着いたビリーは、トイレを探すものの見つからない。

ダンススクールに駆け込んだビリーは、トイレに向かうものの用を足すことができない。

レッスンをしていたレイラ(クリスティーナ・リッチ)に小銭を借りたビリーは、実家に電話をする。

高級ホテルにいると母親に伝えたビリーは、一緒にいる妻を連れてくるように言われ、苛立ちながら電話を切る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
5年の刑期を終えたビリー・ブラウンは、出所して街に向い、トイレを借りるためにダンススクールに向かう。
実家に電話をしたビリーは、妻を連れてくるようにと母ジャンに言われたため、その場にいたレイラをその場から強引に連れ出す。
レイラを伴い実家に向い、両親ジミーとジャンに迎えられたビリーは、気まずい思いをしながら過ごす。
ビリーは、両親には政府の仕事をして成功していると伝えてあり、レイラは、彼がCIAの優秀な情報員で、女性の憧れの的だったと伝える。
子供まで生まれると言って両親を喜ばせたレイラを連れて、ビリーはその場を去る。
地元フットボール・チームのキッカーのせいで大金を賭けて大損し、それが原因で服役したビリーは、その選手に復讐して殺し、自分も自殺する気だったのだが・・・。
__________

原案、監督、脚本、音楽、主演を担当したヴィンセント・ギャロの、長編映画初監督作品。

家族はいるものの、自分の居場所を見つけられず人生を諦め絶望しかけている男の悲哀を切実に描く、容姿や雰囲気から醸し出すヴィンセント・ギャロ自身のイメージや芸術的センス、音楽などを含めた彼の世界観に浸れる異色作。

主人公が実家に帰った際にテーブルを囲む、4人の表情や各自の様子を自身の目線で描写するシーンは秀逸で、感じることや他人に与える影響などが見事に伝わる演出は注目だ。

物語では架空のフットボール・チームということになっているが、1991年、バッファロー・ビルズニューヨーク・ジャイアンツによる”第25回スーパーボウル”での出来事がモデルになっている。
ジャイアンツのリードで試合終了を迎えようとしていたビルズは、フィールドゴールをキッカーのスコット・ノーウッドが外したため優勝を逃した。
ビルズがその年以後、4年連続でスーパーボウルに敗れるという結果を、地元ニューヨーク州バッファロー出身であるヴィンセント・ギャロが題材にしてみたかった気持ちはよく分かる。

母親役のアンジェリカ・ヒューストンが、熱狂的な地元チームのファンだという設定も面白い。

主人公に連れ去られながら、彼に惹かれていく女性を好演するクリスティーナ・リッチ、主人公の両親ベン・ギャザラアンジェリカ・ヒューストン、主人公の友人ケヴィン・コーリガン、主人公の高校時代の恋人ロザンナ・アークエット、ノミ屋ミッキー・ローク、ボーリング場のマネージャー、ジャン=マイケル・ヴィンセント、スポーツキャスターのアレックス・カラス役でケヴィン・ポラック)などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020