4218 Movies

日の名残り The Remains of the Day (1993)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

日本生まれのイギリス人作家カズオ・イシグロの1989年に発表された同名小説の映画化。
激動の時代を過ぎ新しい主人を迎えた時、心通わせることが出来なかった同僚の女性と過ごした日々が人生で最も幸せだったことに気づく老執事の叶わぬ恋を描く、製作マイク・ニコルズ、監督ジェームズ・アイヴォリー、主演アンソニー・ホプキンスエマ・トンプソンジェームズ・フォックスクリストファー・リーヴヒュー・グラント他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ジェームズ・アイヴォリー
製作
マイク・ニコルズ
ジョン・キャリー
イスマイール・マーチャント
原作:カズオ・イシグロ
脚本:ルース・プローワー・ジャブバーラ
撮影:トニー・ピアース=ロバーツ
編集:アンドリュー・マーカス
美術・装置
ルティアナ・アリッギ
イアン・ホイッテカー
衣装デザイン
ジェニー・ビーヴァン
ジョン・ブライト
音楽:リチャード・ロビンス

出演
ジェームズ・スティーヴンス:アンソニー・ホプキンス
サラ”サリー”ケントン:エマ・トンプソン
ダーリントン卿:ジェームズ・フォックス
トレント・ルイス:クリストファー・リーヴ
ウィリアム・スティーヴンス:ピーター・ヴォーガン
カーディナル:ヒュー・グラント
スペンサー:パトリック・ゴッドフリー
チャーリー:ベン・チャップリン
リジー:レナ・ヘディ
トーマス・ベン:ティム・ピゴット・スミス
デュボン・ディブリー:マイケル・ロンズデール
ドイツ大使:ヴォルフ・カーラー
チェンバレン首相:フランク・シェリー

イギリス/アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1993年製作 134分
公開
イギリス:1993年11月12日
北米:1993年11月5日
日本:1994年3月
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $22,954,970


アカデミー賞 ■
第66回アカデミー賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(アンソニー・ホプキンス)
主演女優(エマ・トンプソン)
脚色・美術・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1950年代半ば、イングランド
広大な土地と屋敷を所有していたダーリントン卿(ジェームズ・フォックス)が亡くなり、屋敷”ダーリントン・ホール”が競売にかけられる。

アメリカ人の政治家で富豪のトレント・ルイス(クリストファー・リーヴ)がそれを買い取り、かつての使用人も殆ど去ってしまう。

ある日、執事のジェームズ・スティーヴンス(アンソニー・ホプキンス)の元に、屋敷で働いていたサラ・ケントン(エマ・トンプソン)からの便りが届く。

ルイスに休暇をもらったスティーヴンスは、ケントンの元を訪ねようとして、彼女が屋敷にやってきた日のことを思い出す。
__________

20年前。
ほぼ完璧な紹介状を持参したケントンだったが、異性の使用人同士の問題を避けたいスティーヴンスは、彼女の若さを心配する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

原作者カズオ・イシグロはこの作品で、イギリス文学界最高の栄誉であるブッカー賞を受賞している。

*(簡略ストー リー)
由緒あるイギリス貴族ダーリントン卿が亡くなり、その邸宅”ダーリントン・ホール”は、アメリカ人の富豪ルイスの手に渡る。
長年ダーリントン卿に仕えた執事ジェームズ・スティーヴンスは、かつて屋敷で働いていた、ケントンからの手紙を受け取る。
スティーヴンスは、主人のルイスに休暇をもらい、ケントンを訪ねることを考えながら、彼女が屋敷にやって来た20年前のことを思い起こす・・・。
スティーヴンスは、ほぼ完璧な紹介状を持参したケントンを、女中頭として雇い入れるが、その若さを心配する。
主人のダーリントン卿は、ナチスが台頭するヨーロッパ情勢を見定め、その擁護派として影響力を持っていた。
やがて、ダーリントン卿は、ユダヤ人の使用人を解雇するようスティーヴンスに命ずるが、勝気なケントンはそれを批判する。
その後、心を入れ替えたダーリントン卿は、解雇した者達を捜すことをスティーヴンスに指示する。
その一件に心を痛めていたスティーヴンスの気持ちを察したケントンは、彼に親しみを感じ心を寄せるようになる。
スティーヴンスは、ケントンの気持ちに気づく気配も見せずに彼女に接する。
そんな時、ケントンは使用人ベンに求婚されてしまう。
心乱れたケントンは、スティーヴンスにそれを告げるのだが・・・。
__________

前年の「ハワーズ・エンド」(1992)のスタッフに、同じく主演の二人アンソニー・ホプキンスエマ・トンプソン他を加えた、ジェームズ・アイヴォリーらしい、重厚さの中にしっとりとした雰囲気と、流れるような描写が心惹く作品。

第66回アカデミー賞では、作品賞はじめ8部門にノミネートされるものの、受賞はならなかった。
・ノミネート
作品、監督
主演男優(アンソニー・ホプキンス)
主演女優(エマ・トンプソン)
脚色、美術、衣装デザイン、作曲賞

貴族の屋敷内の執事と使用人の悲恋を描いたドラマではあるが、舞台となる古城では、第二次大戦に突入するきっかけとなる会議が開かれていくところなどは、当時の世界情勢が緊迫感と共に描かれている。

世界の運命を決するような、裏工作と言える会合や交渉に、利用され迫害され、家系まで途絶えるえてしまう貴族の姿も哀れだ。

一糸乱れぬ装い、気難しい中に気品漂う雰囲気で登場するアンソニー・ホプキンスが、使用人仲間の女性の出現で、微妙に心乱れるていくあたりの演技には唸らされる。

「ハワーズ・エンド」(1992)でアカデミー主演賞を受賞し、本作でもノミネートされた、エマ・トンプソンは、気丈な女性ながら、幸せを掴めぬまま人生に妥協する女性を、見事に演じている。

結果的に利用され、ナチスのシンパと言われながら不遇な人生を送ることになる古城の主人ジェームズ・フォックス、彼の過ちを正そうと意見し、結局はその古城の主となるクリストファー・リーヴ、主人公の父で老執事のピーター・ヴォーガン、おじ(J・フォックス)の親ナチス政策に疑問を感じるヒュー・グラント、使用人ベン・チャップリンレナ・ヘディ、ケントン(E・トンプソン)と結婚する使用人ティム・ピゴット・スミス、会議の出席者としてマイケル・ロンズデールも出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020