4213 Movies

ワイルドバンチ The Wild Bunch (1969)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

悪事の限りを尽くす無法者集団の命を懸けた戦いを描く、監督、脚本サム・ペキンパー、主演ウィリアム・ホールデンアーネスト・ボーグナインロバート・ライアンエドモンド・オブライエンウォーレン・オーツベン・ジョンソン他共演のバイオレンス・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:サム・ペキンパー
製作:フィル・フェルドマン
原作
ロイ・N・シックナー
ウォロン・グリーン

脚本
ウォロン・グリーン

サム・ペキンパー
撮影:ルシアン・バラード
編集:ルイス・ロンバルト
音楽:ジェリー・フィールディング

出演
パイク・ビショップ:ウィリアム・ホールデン

ダッチ・エングストローム:アーネスト・ボーグナイン
ディーク・ソーントン:ロバート・ライアン
フレディ・サイクス:エドモンド・オブライエン
ライル・ゴーチ:ウォーレン・オーツ
テクター・ゴーチ:ベン・ジョンソン
エンジェル:ジェイミー・サンチェス
マパッチ将軍:エミリオ・フェルナンデス
コファー:ストローザー・マーティン
T・C:L・Q・ジョーンズ
パット・ハリガン:アルバート・デッカー
クレージー・リー:ボー・ホプキンス
ワインスコート町長:ダブ・テイラー
エレーラ:アルフォンソ・アラウ
レレサ:ソニア・アメリオ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ=セヴン・アーツ

1969年製作 135分(DC:144)
公開
北米:1969年6月18日
日本:1969年8月16日
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $638,640


アカデミー賞 ■
第42回アカデミー賞
・ノミネート
脚本・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1913年、テキサス
軍人に扮したパイク・ビショップ(ウィリアム・ホールデン)、仲間ダッチ・エングストローム(アーネスト・ボーグナイン)、テクター・ゴーチ(ベン・ジョンソン)、ライル・ゴーチ(ウォーレン・オーツ)、エンジェル(ジェイミー・サンチェス)、そしてクレージー・リー(ボー・ホプキンス)ら無法者集団は、鉄道管理事務所を襲う。

しかし、鉄道会社に雇われたディーク・ソーントン(ロバート・ライアン)、T・C(L・Q・ジョーンズ)やコファー(ストローザー・マーティン)らが、それを迎え撃とうとする。

そして、市民を巻き込んだ銃撃戦が始まり、多数の死者を出し、パイクらは銀貨を奪い逃亡する。

ワインスコート町長(ダブ・テイラー)は、パイクらを誘き出して大惨事を起こした鉄道会社の保安主任パット・ハリガン(アルバート・デッカー)の責任を追及する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

ロイ・N・シックナーウォロン・グリーンの原案を基に、サム・ペキンパーW・グリーンが脚本を手がけた、ペキンパーの最高作とも言えるバイオレンス・アクション。

*(簡略ストー リー)
1913年。
パイク・ビショップ率いる、悪事の限りを尽くす無法者集団が、鉄道管理事務所を襲う。
しかし、鉄道会社に雇われた、パイクのかつての仲間ソーントンらがそれを迎え撃つ。
市民を巻き込んだ銃撃戦の末、パイクらは銀貨を奪い逃亡する。
鉄道会社は、町長らに責任を追及されてしまい、ソーントンらを追跡に向かわせる。
追っ手から逃れメキシコに向かったパイクらだったが、奪った銀貨が唯の座金だったことを知り愕然とする。
その後パイクらは、メキシコ政府軍のマパッチ将軍が仕掛ける、アメリカ軍銃器強奪に加担し、報酬を手に入れようとする。
パイクらは、ソーントンの追跡からも逃れながら、政府軍に捕らえられた仲間の命を救うため、命を懸けた戦いに挑む・・・。
__________

製作者と意見が合わずに、映画から遠ざかっていたサム・ペキンパーが、「ダンディー少佐」(1965)以来4年振りに監督した作品。
スローモーションを駆使し、とてつもないカット数でまとめ上げたバイオレンス描写がセンセーションを巻き起こし、その後の作品に多大なる影響を与えた、記念すべき作品でもある。

また、ペキンパーは派手なアクションだけでなく、金に執着し悪事を繰り返す無法者達が、友情のために命を懸けて散っていく、男の美学もきっちりと描いている。

第42回アカデミー賞では、受賞は逃すものの、脚本、作曲賞にノミネートされた。

1999年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品。

舞台は20世紀初頭1913年であり、自動車なども登場する、正統派西部劇とは言えないアクション映画の分類と言える。

撮影当時、まだ50歳の主演ウィリアム・ホールデンは、この頃から急激に老け込んでしまったのが気になるが、渋さは増して、無法者のリーダーを貫禄で演じている。

豪傑タイプの補佐役アーネスト・ボーグナインの、存在感ある演技も光る。

旧友を追い続けたものの、その生き様に、新たな自分の人生を見つける、ラストの安堵の表情が印象的なロバート・ライアン、豪快な笑いと共に怪演を見せる主人公の仲間エドモンド・オブライエン、ユーモラスな悪党兄弟ウォーレン・オーツベン・ジョンソン、故郷の村を守る正義感に燃えるジェイミー・サンチェス、政府軍を率いる将軍エミリオ・フェルナンデス、作品にアクセントを加える、追っ手の囚人ストローザー・マーティンペキンパー作品の常連L・Q・ジョーンズ、鉄道保安主任アルバート・デッカー、呆気なく姿を消す無法者集団の若者ボー・ホプキンス、町長ダブ・テイラー、将軍の部下役アルフォンソ・アラウなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020