4373 Movies

ハワーズ・エンド Howards End (1992)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1910年に発表された、E・M・フォスターの小説”ハワーズ・エンド”を基に製作された作品。
知的で理想主義的な中産階級の家庭と現実的な資産家の家庭の関係を描く、監督ジェームズ・アイヴォリー、主演エマ・トンプソンヘレナ・ボナム=カーターヴァネッサ・レッドグレーヴアンソニー・ホプキンスジェマ・レッドグレイヴサミュエル・ウェスト他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・アイヴォリー

製作:イスマイル・マーチャント
製作総指揮:ポール・ブラッドリー
原作:E・M・フォスターハワーズ・エンド
脚本:ルース・プラワー・ジャブヴァーラ
撮影:トニー・ピアース=ロバーツ
編集
美術・装置
イアン・ホイッティカー
ルチアーナ・アリジ
衣裳デザイン
ジェニー・ビーヴァン
ジョン・ブライト
音楽:リチャード・ロビンズ

出演
マーガレット・シュレーゲル:エマ・トンプソン
ヘレン・シュレーゲル:ヘレナ・ボナム=カーター
ルース・ウィルコックス:ヴァネッサ・レッドグレーヴ
ポール・ウィルコックス:ジョゼフ・ベネット
ジュリー:プルネラ・スケイルズ
ティビー・シュレーゲル:エイドリアン・ロス・マジェンティ
アニー:ジョー・ケンドール
ヘンリー・ウィルコックス:アンソニー・ホプキンス
チャールズ・ウィルコックス:ジェームズ・ウィルビー
イヴィー・ウィルコックス:ジェマ・レッドグレイヴ
駅長:イアン・ラティマー
レナード・バスト:サミュエル・ウェスト
ジャッキー・バスト:ニコラ・デュフェット
講演者:サイモン・キャロウ
ドリー・ウィルコックス:スージー・リンデマン
ピアニスト:メアリー・ナッシュ
質問する男性:ジークベルト・プラウアー
ハワーズ・エンドのメイド:アタランタ・ホワイト
ポルフィリオンの上司:ジェラルド・パリス
パーシー・カーヒル:マーク・ペイトン
シンプソンの彫刻家:デヴィッド・ディレイニー
ウィルコックスの赤ちゃん:メアリー・マクウィリアムス
エイヴリー:バーバラ・ヒックス
運転手:ロドニー・ライメル
トム:ルーク・パリー
銀行監督官:アントニー・ギルディング
フッセル大佐:ピーター・セリエ
アルバート・ファッセル:クリスピン・ボナム=カーター
結婚式の招待客:パトリシア・ローレンス
結婚式の招待客:マージョリー・メイソン
マートレット:ジム・ボウデン
ポルフィリオンの係長:アラン・ジェームズ
電報係:ジョセリン・コブ
医師:ピーター・ダーリング
配達人:テレンス・サック
警察官:ブライアン・リプソン
ヘレンの子供:バール・ヘックストール・スミス
昼食会のゲスト:マーク・タンディ
昼食会のゲスト:アンドリュー・セントクレア
昼食会のゲスト:アン・ラムトン
昼食会のゲスト:エマ・ゴドフリー
昼食会のゲスト:ダンカン・ブラウン
昼食会のゲスト:アイアン・ケリー

イギリス/日本 映画
配給
ソニー・ピクチャーズ・クラシックス(北米)
Palace Pictures(イギリス)
1992年製作 142分
公開
イギリス:1992年5月1日
北米:1992年3月13日
日本:1992年7月11日
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $26,126,840


アカデミー賞
第65回アカデミー賞

・受賞
主演女優(エマ・トンプソン
脚色・美術賞
・ノミネート
作品・監督
助演女優(ヴァネッサ・レッドグレーヴ
作曲・撮影・衣裳デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
エドワード朝イギリス
ルース・ウィルコックス(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)は、家族と共に別荘の”ハワーズ・エンド”で過ごし、夕暮れの散歩を楽しむ。

その場に招かれ滞在していたヘレン・シュレーゲル(ヘレナ・ボナム=カーター)は、ルースと夫ヘンリー(アンソニー・ホプキンス)の息子ポール(ジョゼフ・ベネット)と惹かれ合う仲になる。

ロンドン
ヘレンからの手紙を受け取った姉マーガレット(エマ・トンプソン)は、彼女がポールと婚約したことを知り、それを叔母のジュリー(プルネラ・スケイルズ)と弟のティビー(エイドリアン・ロス・マジェンティ)、メイドのアニー(ジョー・ケンドール)に伝える。

ウィルコックス家とは昨年ドイツで会っただけだと話すマーガレットは、ドイツイギリス人の中産階級の家柄を気にするジュリーから、相手方の様子を見に行くことを提案される。

ポールは、軽はずみに結婚の話をしたことを後悔し、財産はないしナイジェリアに行くことをヘレンに伝える。

ヘレンがマーガレットに手紙を出してしまったため、誰かが訪ねてくると言われたポールは、電報を打ちに自転車で町に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
エドワード朝イギリス
知的で理想主義的な中産階級のシュレーゲル家の長女マーガレットは、資産家ウィルコックス家の別荘”ハワーズ・エンド”に滞在している妹ヘレンが、一家の次男ポールと婚約したことを知る。
ところが、文無しだったポールはナイジェリアに旅立ってしまい、婚約は解消される。
数か月後、マーガレットは、向かいに越してきたウィルコックス家の主人ヘンリーの妻で、病弱のルースと親交を深めるようになる。
ルースの死後、彼女がハワーズ・エンドをマーガレットに譲るつもりだと知ったヘンリーは、子供たちと相談した結果、遺言を暖炉で焼いてしまう。
同じ頃、生活苦の青年レナードと知り合ったヘレンとマーガレットは、誠実な彼の力になろうとするのだが・・・。
__________

E・M・フォスターの小説”ハワーズ・エンド”を基に製作された作品。

ジェームズ・アイヴォリーにとっては、「眺めのいい部屋」(1985)、「モーリス」(1987)に続く3度目のE・M・フォスター作品の映画化であり、いずれもパートナーでもあるイスマイル・マーチャントが製作を担当している。

知的で理想主義的な中産階級の家庭と、現実的な資産家の家庭の関係を描くドラマ。

物語の序盤、進歩的な考えの主人公と、親交を持つ一家の夫人との心の交流を描く情緒的な描写は秀逸だ。

E・M・フォスターが言わんとするイギリスの階級社会を見事に描き、役者の見事な演技を引き出すジェームズ・アイヴォリーの演出、舞台となるエドワード朝時代の衣装や街並みのセットなど、美しい絵画のような映像なども素晴らしい。

第65回アカデミー賞では、作品賞以下9部門にノミネートされ、主演女優(エマ・トンプソン)、脚色、美術賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演女優(ヴァネッサ・レッドグレーヴ
作曲・撮影・衣裳デザイン賞

主演のエマ・トンプソンは、進歩的な考えの中産階級の女性で、思慮深くもある主人公を見事に演じオスカーを受賞した。

主人公とは性格が違う、感情的で活動的な妹を好演するヘレナ・ボナム=カーター、序盤だけの出演ではあるが、主人公と心触れ合うウィルコックス家の夫人を印象深く演ずるヴァネッサ・レッドグレーヴ、その息子ジョゼフ・ベネット、主人公の叔母プルネラ・スケイルズ、主人公の弟エイドリアン・ロス・マジェンティ、その家族のメイド役ジョー・ケンドール、主人公と結婚するウィルコックス家の家長で実業家のアンソニー・ホプキンス、その息子ジェームズ・ウィルビー、その妹ジェマ・レッドグレイヴ、主人公と親交を深める青年サミュエル・ウェスト、その妻ニコラ・デュフェットジェームズ・アイヴォリー作品の常連である、講演会の講演者サイモン・キャロウ、チャールズ(ジェームズ・ウィルビー)の妻スージー・リンデマン、ピアニストのメアリー・ナッシュ、講演会で質問する男性ジークベルト・プラウアー、ハワーズ・エンドの近所に住む婦人バーバラ・ヒックス、結婚式の出席者ピーター・セリエ、その息子クリスピン・ボナム=カーター、結婚式の出席者パトリシア・ローレンスマージョリー・メイソン、医師のピーター・ダーリング、昼食会のゲスト役マーク・タンディアン・ラムトン他、アリー・バーンサリー・ゲーガンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021