4451 Movies

ガン・ホー Gung Ho!: The Story of Carlson’s Makin Island Raiders (1943)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

太平洋戦争下でのアメリカ”第2海兵奇襲大隊”による”マキン奇襲”を描く、 製作ウォルター・ウェンジャー、監督レイ・エンライト、主演ランドルフ・スコットアラン・カーティスノア・ビアリーJr.J・キャロル・ナッシュサム・レヴェン他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト
監督:レイ・エンライト

製作:ウォルター・ウェンジャー
脚本:W・S・ルフランソワ中尉”We Mopped Up Makin Island”
脚本
ルシアン・ハバード
ジョセフ・ホフマン
撮影:ミルトン・R・クラスナー
編集:ミルトン・カルース
音楽:フランク・スキナー

出演
ソーワルド大佐:ランドルフ・スコット
ジョン・ハービソン二等兵:アラン・カーティス
カート・リヒター伍長:ノア・ビアリーJr.
C・J・クリストフォロス中尉:J・キャロル・ナッシュ
レオ”トランスポート”アンデロフ二等軍曹:サム・レヴェン
ラリー・オライアン:デヴィッド・ブルース
ダンフィー艦長:リチャード・レイン
ガナー・マクブライド:ウォルター・サンデ
ローランド・ブラウニング中尉:ルイス・ジーン・ヘイト
”ピッグ=アイアン”マシューズ二等兵:ロバート・ミッチャム
ルーブ・テドロウ二等兵:ロッド・キャメロン
キャスリーン・コリガン:グレース・マクドナルド
ブレイク中佐:ミルバーン・ストーン
コザロウスキー二等兵:ピーター・コー
フランキー・モンタナ二等兵:ハロルド・ランドン
ナレーター:チェット・ハントリー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1943年製作 88分
公開
北米:1943年12月20日
日本:未公開
製作費 $866,900


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1942年1月15日、サンディエゴ
アメリカ海兵隊のC・J・クリストフォロス中尉(J・キャロル・ナッシュ)は、特殊部隊の志願者を前に、戦闘に備えた訓練を始めようとする。

志願兵のルーブ・テドロウ二等兵(ロッド・キャメロン)は、ローランド・ブラウニング中尉(ルイス・ジーン・ヘイト)の質問を受けて、日本兵を殺害することに問題ないと伝える。

ガナー・マクブライド(ウォルター・サンデ)から志願した理由を訊かれたジョン・ハービソン二等兵(アラン・カーティス)は、聖職者の自分は、最も危険な場所で自分を試したかったと答える。

必要なのは殺し屋だと言われたジョンは、任務は果たすとガナーに伝える。

クリストフォロスは、フランキー・モンタナ二等兵(ハロルド・ランドン)が自分と同じような境遇だったことを知り、彼にチャンスを与える。

レオ”トランスポート”アンデロフ二等軍曹(サム・レヴェン)は、旧友である司令官ソーワルド大佐(ランドルフ・スコット)を訪ね、中国駐留時の話に花を咲かせて補佐を任される。

”ピッグ=アイアン”マシューズ二等兵(ロバート・ミッチャム)の入隊も許可したガナーは、カート・リヒター伍長(ノア・ビアリーJr.)とラリー・オライアン(デヴィッド・ブルース)が義兄弟であり、キャスリーン・コリガン(グレース・マクドナルド)という女性を奪い合っていることを知る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1942年、サンディエゴ
アメリカ海兵隊は、ソーワルド大佐の下で特殊部隊を組織し、厳しい訓練後にある任務のために船で出航する。
ハワイパール・ハーバーに到着して集中訓練を行った部隊は、日本軍の通信施設などがある”マキン島”に、2隻の潜水艦(ノーチラス/アルゴノート)で向かう。
上陸した部隊は、激しい戦闘を繰り広げながら、施設を破壊しようとするのだが・・・。
__________

アメリカ海兵隊エヴァンズ・カールソン中佐率いる、第2海兵奇襲大隊による”マキン奇襲”をベースにした戦争ドラマ。

サタデー・イブニング・ポスト”に掲載された太平洋戦争下の”マキン奇襲”に関するW・S・ルフランソワ中尉の記事”We Mopped Up Makin Island”を基に製作された作品。

真珠湾攻撃”直後に計画された反撃作戦を描いた作品であり、撮影は実際の”マキン奇襲”の1年後に行われ、アメリカが優位に立っている状況下で、ドキュメンタリー・タッチで描かれた戦意高揚プロパガンダ的な内容となっている。

潜水艦を使った緊迫感溢れる奇襲作戦がリアルに描かれ、マキン島上陸後の戦闘場面の迫力も見応えある。

人気スターのランドルフ・スコットが作戦の指揮官として登場し、上記のように、戦争の必要性や理解を求めるセリフが随所に挿入されている、戦意高揚的なシーンが印象に残る。

聖職者として、危険な場所で自分を試そうとする隊員アラン・カーティス、同じく隊員のノア・ビアリーJr.、彼の義兄弟であり何事も争うデヴィッド・ブルース、2人が奪い合う女性グレース・マクドナルド、部下に信頼される小隊長のJ・キャロル・ナッシュ、主人公である大佐の補佐サム・レヴェン、潜水艦艦長のリチャード・レイン、隊員のウォルター・サンデ、中尉のルイス・ジーン・ヘイト、タフガイ的な役柄で印象に残る元ボクサーの隊員ロバート・ミッチャム、同じくロッド・キャメロン、重機を使って通信基地を破壊するピーター・コー、トーチカを破壊するハロルド・ランドン、他ミルバーン・ストーン、ナレーターはチェット・ハントリーが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021