4294 Movies

戦場のピアニスト The Pianist (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1946年に自らの体験を基に発表た、ウワディスワフ・シュピルマンの自叙伝が原作。
第二次大戦の勃発と同時にドイツ軍に占領されたポーランドワルシャワを舞台に、戦火を逃れながら生き抜いた著名なピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの終戦までを描く、製作、監督、脚本ロマン・ポランスキー、主演エイドリアン・ブロディトーマス・クレッチマン他共演のヒューマン・ドラマの秀作。
第75回アカデミー賞では、ロマン・ポランスキーが監督賞、エイドリアン・ブロディが史上最年少で主演賞を受賞した。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:ロマン・ポランスキー
製作総指揮
ティモシー・バーリル
ルー・ライウィン

ヘニング・モルフェンター
製作
ロマン・ポランスキー

ロベール・ベンムッサ
アラン・サルド
原作:ウワディスワフ・シュピルマン(自叙伝)
脚本
ロナルド・ハーウッド

ロマン・ポランスキー
撮影:パヴェル・エデルマン
編集:ハーヴ・デ・ルーズ
衣装デザイン:アナ・B・シェパード
音楽:ヴォイチェフ・キラール

出演
エイドリアン・ブロディウワディスワフ・シュピルマン

トーマス・クレッチマンヴィルム・ホーゼンフェルト大尉
フランク・フィンレー:シュッピルマン
モーリン・リップマン:シュッピルマン夫人
エド・ストッパード:ヘンリク
ジェシカ・ケイト・マイヤー:ハリーナ
ジュリア・レイナー:レギーナ
エミリア・フォックス:ドロタ
ミハウ・ジェブロフスキー:ユーレク
ヴァレンタイン・ペルカ:ミルカ
ルース・プラット:ヤニナ
ロナン・ヴィバート:アンジェイ・ヤニナ
ダニエル・カルタジローン:マヨレク
ロイ・スマイルズ:イーツァク・ヘラー
ポール・ブラッドリー:イェフーダ

フランス/ポーランド/ドイツ/イギリス 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ
2002年製作 148分
公開
フランス:2002年9月25日
ポーランド:2002年9月6日
ドイツ:2002年10月24日
イギリス:2003年1月24日
北米:2002年12月27日
日本:2003年2月15日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $32,519,320
世界 $120,072,580


アカデミー賞 ■
第75回アカデミー賞
・受賞
監督
主演男優(エイドリアン・ブロディ)
脚色賞
・ノミネート
作品・撮影・編集・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1939年9月1日、ワルシャワ
ラジオ局で演奏をしていた、著名なユダヤ人ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマン(エイドリアン・ブロディ)は、突然始まった空襲で演奏を中止する。

ナチス・ドイツによるポーランド侵攻が開始され、第二次大戦が勃発する。

シュピルマンは脱出の途中、友人ユーレク(ミハウ・ジェブロフスキー)の妹ドロタ(エミリア・フォックス)に出会う。

帰宅したシュピルマンは、家族と共にイギリスドイツに対して宣戦布告したことと、数時間以内にフランスもそれに続くだろうというラジオ放送を聞き安堵する。

しかし、ナチス親衛隊は、その後もワルシャワを占領し、シュピルマンの家族は所持金をバイオリンに隠すことに決める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1939年9月1日、ワルシャワ
ナチス・ドイツによるポーランド侵攻が開始され、第二次大戦が勃発する。
ラジオ局で演奏をしていた、著名なユダヤ人ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンは、突然始まった空襲で演奏を中止する。
帰宅したシュピルマンは、イギリスドイツに宣戦布告し、フランスもそれに続くという情報を聞き安堵する。
しかし、ナチス親衛隊ワルシャワを占領して、ユダヤ人達への迫害が始まり、彼らはゲットーに強制移住させられる。
シュピルマンは、何とかその居住区内での生活を続けていたが、やがて、一家を含むユダヤ人達は、強制収容所に送られることになる・・・。
__________

第75回アカデミー賞では、作品賞をはじめ7部門にノミネートされ、監督、主演男優(エイドリアン・ブロディ)、脚色賞を受賞した。
・ノミネート
作品、撮影、編集、衣装デザイン賞

エイドリアン・ブロディは、「グッバイガール」(1977)の、リチャード・ドレイファスの記録を25年振りに破り、史上最年少の29歳で主演賞を受賞した。

また、監督賞を受賞したロマン・ポランスキーは、逆に69歳7ヶ月という、当時の最年長記録を作るものの、1977年に起こした少女への淫行罪の逮捕によりヨーロッパに逃れていて、逮捕・収監の可能性があるために、当然のごとく授賞式には出席しなかった。

その後、2005年にクリント・イーストウッドが、「ミリオンダラー・ベイビー」により、74歳で監督賞を受賞する。

当時の、ユダヤ人に対する非人道的行為の様子などが、一人の音楽家と家族を中心に、前半はドキュメンタリーのように描かれ、中盤から終盤にかけては主人公の孤独な戦い、クライマックスは、彼を人間として扱うドイツ軍将校との友情のドラマとして、見応えのある内容となっている。

自身も子供時代にゲットーに入れられた経験があるロマン・ポランスキーの、実体験を基にした生々しい描写は、目を覆いたくなるような場面も多々あるが、廃墟と化したワルシャワの街並みのセットや衣装なども見事に再現されている。

本作の役作りのために自分を追い込み、ピアノ演奏も習得し主人公に成り切ったと言われる、主演のエイドリアン・ブロディの、迫真の演技は素晴らしく、本作で一躍でトップスターの仲間入りを果たし、その後も順調なキャリアを積み重ねている。

出番は少ないが、終盤で重要人物として登場するドイツ軍将校ヴィルム・ホーゼンフェルトを演ずるトーマス・クレッチマンの、品格があり落ち着いた雰囲気は、それまで野蛮人のように描かれるドイツ兵とのギャップが激しく、その人物像が一層際立ち、また象徴的に描かれている。

主人公の弟エド・ストッパード、主人公に思いを寄せながら彼を救うエミリア・フォックス、地下組織員ダニエル・カルタジローンなどが、登場人物の中では印象に残る。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020