4545 Movies

奇蹟がくれた数式 The Man Who Knew Infinity (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

インドの天才数学者であるシュリニヴァーサ・ラマヌジャンと彼の研究を支えた師である数学者ゴッドフレイ・ハロルド・ハーディの出会いと友情を描く、主演デーヴ・パテールジェレミー・アイアンズトビー・ジョーンズジェレミー・ノーサムケヴィン・マクナリーデヴィカ・バイス他共演、監督、脚本マシュー・ブラウンによる伝記ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:マシュー・ブラウン
製作
エドワード・R・プレスマン
ジョー・トマス
ジム・ヤング
原作:ロバート・カニーゲルThe Man Who Knew Infinity
脚本:マシュー・ブラウン
撮影:ラリー・スミス
編集:JCボンド
音楽:コビー・ブラウン

出演
シュリニヴァーサ・ラマヌジャンデーヴ・パテール
ゴッドフレイ・ハロルド・ハーディジェレミー・アイアンズ
ジョン・エデンサー・リトルウッドトビー・ジョーンズ
ジャーナキ・ラマヌジャン:デヴィカ・バイス
フランシス・スプリング卿:スティーヴン・フライ
バートランド・ラッセルジェレミー・ノーサム
パーシー・アレキサンダー・マクマーンケヴィン・マクナリー
ベグラン:ポードリック・ディレーニー
医師:エンゾ・シレンティ
ラマヌジャンの母親:アランダシ・ナグ
ナーラヤーナ・アイヤー:ドリティマン・チャタジー
プラサンタ・チャンドラ・マハラノビスシャザド・ラティフ

イギリス 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(イギリス)
IFC Films(北米)
2012年製作 108分
公開
イギリス:2016年4月8日
北米:2016年4月29日
日本:2016年10月22日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $3,866,790
世界 $12,252,680


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1920年、イングランドケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
数学者のゴッドフレイ・ハロルド・ハーディジェレミー・アイアンズ)は、共に研究し友でもあった、若くして世を去った天才数学者シュリニヴァーサ・ラマヌジャンのことを考える。
__________

1914年、インドマドラス(現チェンナイ)。
貧しく学位もなく閃きだけで数式を解くシュリニヴァーサ・ラマヌジャンデーヴ・パテール)は、妻ジャーナキ(デヴィカ・バイス)と母(アランダシ・ナグ)を養うために職を探す。

独学で数学を学んだラマヌジャンだったが、学位がないために雇ってもらえなかった。

ラマヌジャンのノートをチェックした港湾局のナーラヤーナ・アイヤー(ドリティマン・チャタジー)は、学位はないと言う彼の言葉が信じられず、毎晩それを自分に解説することを条件に事務員として彼を雇うことにする。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想
1991年に発表された、数学者シュリニヴァーサ・ラマヌジャンの伝記であるロバート・カニーゲルの”The Man Who Knew Infinity”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1914年、インドマドラス(現チェンナイ)。
貧しく学位もなく閃きだけで数式を解くシュリニヴァーサ・ラマヌジャンは、妻ジャーナキと母を養うために職を探し、港湾局の事務員として雇われる。
才能を評価されたラマヌジャンは、それを理解してくれる人物を探そうとして、上司のフランシス卿から、イギリスの数学者ゴッドフレイ・ハロルド・ハーディに手紙を書くことを勧められる。
手紙を受け取ったハーディは驚き、ラマヌジャンケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに呼び寄せて、共同研究者のリトルウッドと共に彼を歓迎する。
人付き合いが苦手なハーディや様々な風習に戸惑いながらも、その才能を評価されて研究を続けるラマヌジャンは、定理の発表を焦る。
しかし、ラマヌジャンの定理の間違いも指摘するハーディは、誰もが認める証明を重視しする。
ジャーナキとの連絡も取れない孤独なラマヌジャンは、病魔とも闘いながら、彼女を呼び寄せる日を夢見て研究を続けるのだが・・・。
__________

インドの天才数学者シュリニヴァーサ・ラマヌジャンが、その才能を知ったケンブリッジ大学トリニティ・カレッジの数学者ゴッドフレイ・ハロルド・ハーディに招かれ、人類史上に残る功績を残しながら、32歳の若さで世を去るまでを描く伝記ドラマ。

主人公のラマヌジャンが、学歴はあるが学位がないことで、イギリスが支配するインド社会で苦しみながら生きる序盤から、その才能を評価されてイングランドに渡るまでは希望と夢の物語なのだが、その後の5年間は、孤独や差別、そして病魔との闘いが描かれる、重苦しい展開で進行する内容となっている。

誰もが知る人類史上に名を残す偉人の物語であるために、その感動のストーリーなどを期待する。
しかし、ラマヌジャンの研究成果ばかりを描くことなく、彼を呼び寄せた師となるハーディが、学者としては優秀だが人間関係を良好に保つことを苦手とする性格を映し出す様子などに重点が置かれ、無理に盛り上げようとしない地味な仕上がりになっている。

歴史あるトリニティ・カレッジの全面協力によるロケは、作品に品格と重厚感を与え、名優や実力派の若手の演技もそれを支える。

歴史に名を残す偉業を成し遂げながらも、終始苦闘する姿が痛々しいシュリニヴァーサ・ラマヌジャンを熱演するデーヴ・パテール、彼の死である数学者ゴッドフレイ・ハロルド・ハーディ深く演ずるジェレミー・アイアンズ、彼と共に生涯を研究に捧げる数学者ジョン・エデンサー・リトルウッドを印象深く演ずるトビー・ジョーンズ、主人公と会えずに辛い思いをする妻のジャーナキのデヴィカ・バイスマドラスの港湾局で主人公の上司として尽力するフランシス・スプリング卿のスティーヴン・フライ、主人公を影ながら見守りハーディに助言する数学者バートランド・ラッセルジェレミー・ノーサム、当初は認めない主人公の才能に驚き協力者となる数学者パーシー・アレキサンダー・マクマーンケヴィン・マクナリーハーディの助手ポードリック・ディレーニー、医師のエンゾ・シレンティラマヌジャンの母親アランダシ・ナグ、港湾局時代の主人公の上司ドリティマン・チャタジー、主人公の友人である学生で数理統計学者となるプラサンタ・チャンドラ・マハラノビスシャザド・ラティフなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021