4316 Movies

ザ・ガード The Guard (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

アイルランド西部を舞台に、FBIと共に麻薬事件を捜査することになった風変わりで奔放な巡査部長の活躍を描く、監督、脚本ジョン・マイケル・マクドナー、主演ブレンダン・グリーソンドン・チードルマーク・ストロングリアム・カニンガム他共演の犯罪コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジョン・マイケル・マクドナー
製作
クリス・クラーク
フローラ・フェルナンデス=マレンゴ
エド・ギニー
アンドリュー・ロウ
製作総指揮
マーティン・マクドナー
ドン・チードル
レノア・ザーマン
ラルフ・キャンプ
ティム・スミス
ポール・ブレット
デヴィッド・ナッシュ
脚本:ジョン・マイケル・マクドナー
撮影:ラリー・スミス
編集:クリス・ギル
音楽:キャレキシコ

出演
ジェリー・ボイル巡査部長:ブレンダン・グリーソン
ウェンデル・エヴェレットFBI捜査官:ドン・チードル
クライヴ・コーネル:マーク・ストロング
フランシス・シーヒー=スケフィントン:リアム・カニンガム
リアム・オレアリー:デヴィッド・ウィルモット
エイダン・マクブライド:ローリー・キーナン
アイリーン・ボイル:フィオヌラ・フラナガン
イーファ:ドミニク・マクエリゴット
シニード・マリガン:サラ・グリーン
ガブリエラ・マクブライド:カタリーナ・チャス
コルム・ヘネシー:パット・ショート
写真家:ローレンス・キンラン

アイルランド/イギリス/アメリカ 映画
配給
Element Pictures(アイルランド)
Optimum Releasing(イギリス)
ソニー・ピクチャーズ・クラシックス(北米)
2011年製作 92分
公開
アイルランド:2011年7月7日
イギリス:2011年8月19日
北米:2011年7月29日
日本:未公開
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $5,360,270
世界 $19,560,270


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アイルランドコネマラ
ガルダ・シーハーナアイルランド警察)のジェリー・ボイル巡査部長(ブレンダン・グリーソン)は、新米のエイダン・マクブライド(ローリー・キーナン)が待っていた殺人現場で合流する。

勝手に写真を撮っていた写真家(ローレンス・キンラン)を追い払ったボイルは射殺されている男を調べ始め、マクブライドから、死体に触れてはまずいのではないかと言われれる。

それを無視するボイルは、壁に血で書かれた”5・1/2”という数字の意味についてをマクブライドと推理する。

署に戻ったボイルは、レターモア島の殺人事件の犯人がビリー・デバニーであるという情報を”ボゾ”(リアム・カニンガム)と名のる男からの電話で知らされるものの、相手にしなかった。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
アイルランドコネマラ
ガルダ・シーハーナアイルランド警察)のジェリー・ボイル巡査部長は、新米のマクブライドと共に殺人事件の捜査を始める。
それと同時に、麻薬密輸事件を捜査するFBI捜査官のエヴェレットが到着し、地元警察に協力を求める。
意味不明な質問をする不躾なボイルに手古摺りながら、彼の協力で捜査を始めたエヴェレットだったが、手掛かりはつかめない。
同じ頃、犯人のダブリン出身のシーヒーとオレアリー、ロンドンのコーネルが密輸の準備を始め、仲間の一人を殺していた。
殺されたにが被害者だと気づいたボイルは、失踪したマクブライドも事件に巻き込まれたと考えながら捜査を続けるのだが・・・。
__________

脚本家として活躍していたジョン・マイケル・マクドナーが、脚本を兼ねて演出した、彼にとっての長編映画デビュー作。

巨額の資金が動く麻薬密輸事件をFBIが指揮する捜査を描く内容なので、さぞかし大袈裟な物語になると思いきや、田舎警察のはみだし警官が繰り広げる騒動が愉快に展開する、実に楽しい内容の純粋なコメディ。

誰の意見も聞かない風変わりで不躾な型破りな主人公が、自分の思い通りに生きる姿は痛快でもあり、不思議な説得力で周囲を納得させてしまうという愛すべきキャラクターを作り上げた、ジョン・マイケル・マクドナーの演出と脚本が光る快作に仕上がっている。

ひなびた雰囲気の田舎町を舞台に、アイルランド気質丸出しの素朴な住民が、FBIのエリート捜査官に臆することなく接する姿など、ほのぼのする描写や風景なども印象に残る。

”偏屈”とも言える人間味溢れる主人公の巡査部長を怪演したブレンダン・グリーソンの演技は絶賛され、ゴールデングローブ賞の主演男優賞(ミュージカル・コメディ)にノミネートされた。

主人公に翻弄されながらも協力し合い事件を解決するFBI捜査官のドン・チードル、麻薬密輸事件の犯人でイギリス人のマーク・ストロング、同じくアイルランド人の犯人リアム・カニンガムデヴィッド・ウィルモット、彼に殺される主人公の部下ローリー・キーナン、その妻カタリーナ・チャス、主人公の母親フィオヌラ・フラナガン、主人公が相手をする娼婦のドミニク・マクエリゴットサラ・グリーン、主人公が武器を流すIRAのメンバーであるパット・ショート、写真家のローレンス・キンランなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020