4234 Movies

クレムリンレター The Kremlin Letter (1970)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

中国の核施設破壊計画に同意した”密書”を巡るアメリカとソ連の激しいスパイ戦を描く、監督、脚本、出演ジョン・ヒューストン、主演リチャード・ブーンパトリック・オニールオーソン・ウェルズマックス・フォン・シドーディーン・ジャガージョージ・サンダース他共演によるサスペンス・ミステリーの秀作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・ヒューストン
製作
カーター・デヘヴン
サム・ワイゼンサル
原作:ノエル・ベーン

脚本
ジョン・ヒューストン

グラディス・ヒル
撮影:エドワード・スケイフ
音楽:ロバート・ドラスニン

出演
”ウォード”ロバート・スタデヴァント:リチャード・ブーン

チャールズ・ローン少佐/ヨルギ・ダビダシュビリ:パトリック・オニール
アレクセイ・ブレズナビッチ:オーソン・ウェルズ
ヤコブ・コズノフ大佐:マックス・フォン・シドー
エリカ・ベック/コズノフ:ビビ・アンデショーン
ジャニス:ナイジェル・グリーン
”追いはぎ”:ディーン・ジャガー
ワーロック:ジョージ・サンダース
B・A:バーバラ・パーキンス
ソフィー:リラ・ケドロヴァ
”アリス”:マイケル・マクレモア
人形職人:ラフ・ヴァローネ
提督:ジョン・ヒューストン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1970年製作 120分
公開
北米:1970年2月1日
日本:1970年5月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ある”密書”を取り戻すために動いていたロシア人が、ソ連KGBのヤコブ・コズノフ大佐(マックス・フォン・シドー)に捕らえられ、拷問の末に自殺してしまう。

アメリカ海軍少佐チャールズ・ローン(パトリック・オニール)は、提督(ジョン・ヒューストン)から海軍の任を解かれる。

新たな任務として、CIAに協力をするよう提督に命令されたローンは、”アリス”(マイケル・マクレモア)と接触して、現金を”ウォード”(リチャード・ブーン)に渡すよう指示される。

ウォードに金を渡し、”追いはぎ”(ディーン・ジャガー)を紹介されたローンは、用意された仲間達を集めるための行動を開始する。

ローンは、アカプルコでジャニス(ナイジェル・グリーン)を見つけ、気乗りしない彼に12万5000ドルの報酬をちらつかせて仲間に引き入れる。

さらに、ゲイのワーロック(ジョージ・サンダース)、金庫破りの天才娘”B・A”(バーバラ・パーキンス)を連れ、ローンはニューヨークに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1966年に発表された、ノエル・ベーンの同名小説の映画化。

*(簡略ストー リー)
あるロシア人が、ソ連KGBのコズノフ大佐に捕らえられて、拷問の末に自殺してしまう。
アメリカ海軍少佐ローンは、CIAへの協力を提督から指示され、工作員のウォードらと接触する。
情報部は、中国への宣戦布告にも成りかねない事態に、死んだロシア人が持っていた、”密書”の回収をウォードらに依頼したのだった。
ローンらの、スパイとしての教育も終わり、ソ連潜入の準備は整う。
モスクワ入りした工作員らは、それぞれの役目を果たして情報収集を始め、ローンは、死んだロシア人の妻エリカに近づくのだが・・・。
__________

個性的なスパイ達の活躍、舞台となる激寒のモスクワの雰囲気をよく出した、フィンランドヘルシンキ・ロケ、ジョン・ヒューストンの、スリリングで無駄のない、軽快な演出は冴え渡る。

1960年代に多く作られた、冷戦下を舞台にしたスパイ映画の中でも、”ミッション:インポッシブル”と”007シリーズ”を掛け合わせたような、極めつけの娯楽性と面白さを兼ね備えた、この分野の作品でその時代の雰囲気を伝える集大成的な作品でもある。

ユーモアや皮肉を交えたセリフ、テンポの良い展開で、愉快な場面も多い作品ではあるが、ターゲットや政敵の、その家族までをも、非情な手段で始末していく冷酷さは怖い。

クライマックスで、その正体を明かす、非道な殺人者として、劇中、度々名前が登場する大物スパイであった、迫力ある演技のリチャード・ブーン海軍を解任されたスパイを、スマートに演ずるパトリック・オニール、麻薬常習者、ゲイ、美術品密売人と、貫禄に相応しいとてつもない黒幕役オーソン・ウェルズ、非情なKGBの高官を謎めいた雰囲気で演ずるマックス・フォン・シドー、その妻ビビ・アンデショーン、巧みな情報活動などで貢献するナイジェル・グリーンジョージ・サンダースバーバラ・パーキンスディーン・ジャガー、その他、リラ・ケドロヴァマイケル・マクレモアラフ・ヴァローネ、そして海軍の提督役でジョン・ヒューストンも特別出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020