4240 Movies

ゴッドファーザーPARTIII The Godfather, Part III (1990)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

マリオ・プーゾ原作の大河ドラマの完結作。
ニューヨークに拠点を戻しビジネスの合法化を考えるコルレオーネ・ファミリーが、新たな展開としてヴァチカンとの関係を強化していく様を描く、監督フランシス・フォード・コッポラ、主演アル・パチーノダイアン・キートンタリア・シャイアアンディ・ガルシアイーライ・ウォラックジョー・マンテーニャソフィア・コッポラブリジット・フォンダ共演によるドラマ。


ドラマ

アル・パチーノ / Al Pacino / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:フランシス・フォード・コッポラ
製作総指揮
フレッド・フックス
ニコラス・ゲイジ
製作
グレイ・フレデリクソン
フランシス・フォード・コッポラ
フレッド・ルース
脚本
フランシス・フォード・コッポラ
マリオ・プーゾ(原作)
撮影:ゴードン・ウィリス
音楽
ニーノ・ロータ
カーマイン・コッポラ

出演
アル・パチーノ :ドン“マイケル”コルレオーネ
ダイアン・キートン: ケイ・アダムス・コルレオーネ
タリア・シャイア :コンスタンツァ“コニー”コルレオーネ・リッジ
アンディ・ガルシア:ヴィンセント・マンシーニ・コルレオーネ
イーライ・ウォラック:ドン・アルトベッロ
ジョー・マンテーニャ:ジョーイ・ザザ
ソフィア・コッポラ:メアリー・コルレオーネ
ブリジット・フォンダ:グレース・ハミルトン
リチャード・ブライト:アル・ネッリ
ラフ・バローネ:ランベルト枢機卿
フランク・ダンブロシオ:アンソニー・コルレオーネ
ジョン・サヴェージ:アンドリュー・ヘイゲン
ジョージ・ハミルトン:B・J・ハリソン
ドナル・ドネリー:ギルディ大司教
ヴィットリオ・ドゥース:ドン・トマジーノ
エンツォ・ロブッティ:リッチオ・ルケージ
ヘルムート・バーガー:フレデリック・カインジッグ
マリオ・ドナトーネ:モスカ
アル・マルティーノ:ジョニー・フォンテーン
ジニー・リネロ:ルーシー・マンシーニ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1990年製作 169分
公開
北米:1990年12月25日
日本:1991年3月23日
製作費 $54,000,000
北米興行収入 $66,676,060
世界 $136,766,060


アカデミー賞 ■
第63回アカデミー賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(アンディ・ガルシア)
編集・撮影・美術・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1979年、ニューヨーク
ドン”マイケル”コルレオーネ(アル・パチーノ)が、ファミリー存続のために兄フレドを殺してから20年。

再びニューヨークに拠点を戻したマイケルは、シシリー復興のための資金を名目に、ヴァチカンのギルディ大司教(ドナル・ドネリー)と手を組み、違法ビジネスで繁栄してきたファミリーのビジネスからは手を引いていた。

しかし、元妻のケイ(ダイアン・キートン)と、後継者となるはずの息子アンソニー(フランク・ダンブロシオ)との深い溝は埋まらずにいた。

マイケルは、ローマ法王の命により、ギルディ大司教から、”聖パトリックス大聖堂”で”聖セバスティアンヌの勲章”を授与されることになり家族を呼びよせようとする。

その願いが叶い、ケイに預けられていた息子アンソニーと娘メアリー(ソフィア・コッポラ)からの祝福を受ける。

その後のセレモニー・パーティーで、メアリーは、亡きマイケルの兄ソニーの愛人ルーシー・マンシーニ(ジニー・リネロ)の息子ヴィンセント・マンシーニ(アンディ・ガルシア)と運命的に出会い、彼女はヴィンセントに惹かれていく。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ゴッドファーザー」(1972)
・「ゴッドファーザーPARTII」(1974)
・「ゴッドファーザーPARTⅢ」(1990)

*(簡略ストー リー)
ニューヨークに拠点を戻し、ビジネスを合法化しようとしていたコルレオーネ・ファミリーのドン、マイケルは、ヴァチカンとの関係を強化した新たなビジネス展開を模索していた。
家族と別れていることを最大の悩みとしていたマイケルは、甥のヴィンセントとビジネスを引き継がせたザザのトラブルを発端に、街を牛耳る大物ドン・アルトベッロを敵に回し、再び血生臭い戦いの場に身を投じることになる。
ヴァチカンの不正を知ったマイケルは、そこに付け込み、世界企業を手中にししようとしていたため、それにドン・アルトベッロが関与しようと画策する。
息子アンソニーのオペラ・デビューとなる、自らのルーツでもあるシシリーで、体力の限界を知ったマイケルは、ファミリーの存続と家族の絆を取り戻すため、最後の戦いに挑むのだが・・・。
__________

全体的に、前2作と全く同じような状況下の場面が多々あり、物語にやや深みも感じられない、一大叙事詩を無難に完結させるための”オマージュ”的作品とも言える。

特に、リトル・イタリーでザザ(ジョー・マンテーニャ)が殺される場面などは、前作でのドン・ファヌッチ殺害場面が小ぢんまりしただけという感じで、悪く言えばイメージダウンとも言えほどだ。

ただのチンピラのようなヴィンセントが、短い期間に、あっさり巨大ファミリーのドンになってしまう展開なども頂けない。

興行的には全世界で約1億3700万ドルを超すヒットとはなった。

第63回アカデミー賞では、作品賞以下7部門にノミネートされるが受賞は逃す。
・ノミネート
作品・監督
助演男優(アンディ・ガルシア)
編集・撮影・美術・歌曲賞

この年のアカデミー賞を狙って、無理矢理年末に公開に踏み切ったあたりに、焦りがあったのかもしれない。

前記のように、郷愁を誘うシーンが随所に登場し、懐かしさが印象に残る作品でもある。

ソニーの愛人の息子アンディ・ガルシアの母親役で、第1作に愛人役で出演したジニー・リネロを登場させているところなどは芸が細かい。

1978年、ヨハネ・パウロ1世が在位わずか33日で死去した事実と、アンブロシアーノ銀行頭取のロベルト・カルヴィ暗殺事件をモデルにして、ドラマに取り入れているところも興味深い。

アル・パチーノは、ファミリーの永続的繁栄を願い、最後の賭けにでる主人公を見事に演じ切ったと言える。

結局は家族の愛や幸せをつかむことが出来ず、愛する者を失った悲しみを抱えながらながら死んでいく姿は哀れだ。

アカデミー助演賞候補にもなったアンディ・ガルシアも好演はしているものの、マーロン・ブランドアル・パチーノロバート・デ・ニーロらに比べると、役者としてのスケールが小さい気もする。

ダイアン・キートンジョー・マンテーニャは新しいキャラクター・イメージで登場し、今では監督としての才能を開花させたソフィア・コッポラの出演は、娘を出演させたコッポラのエゴとしか思えずミスキャスト気味だ。

そんな中で、黒幕を演ずるイーライ・ウォラックと、彼を殺害するタリア・シャイアの熱演が、このドラマに厚みを加えているのは確かだ。

序盤であっさり姿を消す記者ブリジット・フォンダ、マイケルの右腕でシリーズを通しての顔でもあるリチャード・ブライト、殺害される法王ラフ・バローネ、主人公の息子フランク・ダンブロシオ、甥ジョン・サヴェージ、弁護士ジョージ・ハミルトン、不正が発覚する大司教ドナル・ドネリーシシリーの後見人ヴィットリオ・ドゥース、悪徳政治家のエンツォ・ロブッティ、銀行家のヘルムート・バーガー、殺し屋マリオ・ドナトーネ、そして人気歌手ジョニー・フォンテーン役でアル・マルティーノなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020