4551 Movies

エクスプレス The Express (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

史上最高のフットボール・プレイヤーになる夢を果たせず、白血病のためにわずか23歳で亡くなった伝説のフットボーラー、アーネスト”アーニー”R・デイヴィスの苦闘の人生を描く、監督ゲーリー・フレダー、主演ロブ・ブラウンデニス・クエイド他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:ゲーリー・フレダー
製作:ジョン・デイヴィス
原作:ロバート・C・ギャラガー
脚本:チャールズ・リーヴィット

撮影:クレイマー・モーゲンソー
編集
パドレイク・マッキンリー
ウィリアム・スタインカンプ

音楽:マーク・アイシャム

出演
アーネスト”アーニー”R・デイヴィスロブ・ブラウン

ベン・シュワルツワルダーデニス・クエイド
ジム・ブラウンダリン・デウィット・ヘンソン
ジャック・バックリー:オマー・ベンソン・ミラー
ウィリー”ポップス”デイヴィス:チャールズ・S・ダットン
ロイ・シモンズ:クランシー・ブラウン
ウィル・デイヴィスJr.:ネルサン・エリス
ルー・アンドリース:チェルシー・ロス
アート・モデールソウル・ルビネック
サラ・ウォード:ニコール・ビヘリー
マリー・デイヴィス:アーンジャニュー・エリス
ボブ・ランディ:ジェフ・スタルツ
フロイド・リトルチャドウィック・A・ボーズマン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル映画
2008年製作 129分
公開
北米:2008年10月10日
日本:未公開
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $9,589,880
世界 $9,808,120


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1949年、ペンシルベニア州、ユニオンタウン
図抜けて足の速い少年アーニー・デイヴィスは、貧しくとも、祖父ウィリー”ポップス”デイヴィス(チャールズ・S・ダットン)ら家族に温かく見守られて育った。

1950年7月。
ウィリーに育てられていたアーニーは、母マリー(アーンジャニュー・エリス)の再婚を機に、住み慣れた地を離れることになる。

1951年9月、ニューヨーク州エルマイラ
地元の少年フットボール・チームに入ったアーニーは、俊足を生かして大活躍する。

1957年、シラキュースシラキューズ大学
カレッジ・フットボール界のスター、ジム・ブラウン(ダリン・デウィット・ヘンソン)は、NFLの”クリーブランド・ブラウンズ”にドラフト1位指名されるが、ハイズマン・トロフィーを逃したことにやや不満を示す。

ジム・ブラウンの穴を埋めるために、シラキューズ大のヘッドコーチ、ベン・シュワルツワルダー(デニス・クエイド)は、コーチのロイ・シモンズ(クランシー・ブラウン)と共に新人選手を探していた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

ロバート・C・ギャラガーの著書”Ernie Davis: The Elmira Express, the Story of a Heisman Trophy Winner”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
言葉を話すこともままならないアフリカ系の少年アーネスト・R・デイヴィスは、祖父ウィリーに温かく見守られながら育った。
母の再婚で引っ越したデイヴィスは、俊足を生かし地元の少年フットボール・チームで活躍する。
高校に入ったデイヴィスは注目選手となり、NFL入りするスター選手ジム・ブラウンの抜けた穴を埋めるため選手を探すシラキューズ大学ヘッドコーチ、シュワルツワルダーが彼の獲得に乗り出す。
シラキューズ大に入学したデイヴィスは、アフリカ系に対する偏見と闘いながらもその才能を開花させる。
そして、シュワルツワルダーの指導の下、数々の苦難を乗り越え全米チャンピオンにも輝いたデイヴィスアフリカ系選手として初めて、最高の栄誉”ハイズマン・トロフィー”を受賞する。
しかし、史上最高のプレイヤーとして期待され、NFLドラフトでも1位の指名を受けクリーブランド・ブラウンズに入団したデイヴィスを、突然、死に至る病魔が襲う・・・。
__________

アメリカ人なら誰でも知っている、伝説のフットボーラー、アーネスト”アニー”R・デイヴィスの全盛期の活躍を描くドラマだが、アフリカ系の人々の受けた最も苦しい時代に生きた青年の偏見との闘いを切実に描いた、社会派ヒューマン・ドラマとしても考えさせられる作品。

巻末に、ウェストヴァージニアの試合の様子は脚色とあるが、それを上回る描写が続く”コットンボウル”のシーンなどを見ていると、アマチュアス・ポーツでありながらあれほどの酷い仕打ちを当時の人々が経験していたかと思うと、ぬるま湯に漬かり過ぎてボケ気味の日本人には想像がつかない社会があることがよくわかる。

それを乗り越えて各世界で活躍する人々が、どれだけ逞しく成長するかも改めて実感できる作品。

しかし、同じような題材の作品が数ある中で、アニー・デイヴィスの人物像が再確認できること以外は、それほど内容に新鮮味はなく平凡な作品とも言える。

興行的にも全く振るわなかった作品で、残念ながら日本では未公開に終わった。

シラキューズ大学の、全面協力によるキャンパスのロケなどを見ていると、アメリカの大学の施設環境の素晴らしさに圧倒される。

主人公を支える名コーチ、ベン・シュワルツワルダー役のデニス・クエイドの熱演が印象に残る。

アニー・デイヴィス役のロブ・ブラウンデイヴィスを見守る名プレイヤー、ジム・ブラウンダリン・デウィット・ヘンソン、同僚選手オマー・ベンソン・ミラー、主人公が慕う思慮深い祖父チャールズ・S・ダットン、いとこ役のネルサン・エリス、母アーンジャニュー・エリス、コーチのクランシー・ブラウン、チーム・マネージャーのチェルシー・ロスクリーブランド・ブラウンズ・オーナーのアート・モデールソウル・ルビネック、主人公の恋人役ニコール・ビヘリー、そして、フロイド・リトルチャドウィック・A・ボーズマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021