4551 Movies

アガサ Agatha (1979)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1926年に実際に起きた、推理小説作家アガサ・クリスティの12日間の失踪事件を題材に描く、監督マイケル・アプテッド、主演ダスティン・ホフマンヴァネッサ・レッドグレイヴティモシー・ダルトン他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・アプテッド
製作
ジャーヴィス・アステア

ガブリック・ロージー
脚本
キャサリン・タイナン

アーサー・ホプクラフト
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
編集:ジム・クラーク
衣装デザイン:シャーリー・ラッセル
音楽:ジョニー・マンデル

出演
ウォーリー・スタントン:ダスティン・ホフマン

アガサ・クリスティヴァネッサ・レッドグレイヴ
アーチーボルド”アーチー”クリスティ大佐:ティモシー・ダルトン
イブリン・クローリー:ヘレン・モース
ナンシー・ニール:セリア・グレゴリー
ジョン・フォスター:ポール・ブルックス
ケンウォード:ティモシー・ウェスト
シャーロット・フィッシャー:キャロリン・ピックルズ
ウィリアム・コリンズ:トニー・ブリットン

イギリス 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1979年製作 98分
公開
北米:1979年2月9日
日本:1979年10月
北米興行収入 $7,500,000


アカデミー賞 ■
第52回アカデミー賞
・ノミネート
衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1926年12月、サニングデール
人気作家アガサ・クリスティ(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)は、言葉を刻んだグラスを、夫アーチー(ティモシー・ダルトン)に贈るが、彼はそれに関心を示さない。

二人は、アガサの新作”アクロイド殺し”の出版記念式典に向かおうとする。

アーチーは、秘書のナンシー・ニール(セリア・グレゴリー)に言葉をかけるが、アガサは二人の関係に気づいていた。

その後、式典は始まり、会場にいたアメリカ人コラムニストのウォーリー・スタントン(ダスティン・ホフマン)は、アガサの哀しげな表情に気づきながら、彼女とのインタビューの準備を進める。

翌日、アガサは朝帰りをしたアーチーから、ナンシーを愛していることを伝えられ、離婚を切り出される。

ショックを受け、アーチーに泣いてすがるアガサだったが、彼はそれを振り払い外出しようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
人気作家アガサ・クリスティは、夫アーチーと秘書ナンシーの関係に気づいていたが、夫から離婚を切り出されショックを受ける。
二人が、保養地ハロゲイトに向かったことを知ったアガサは、それを追うものの車で事故を起こしてしまう。
その後アガサは失踪してしまい、彼女とのインタビューを予定していたアメリカ人コラムニストのウォーリー・スタントンは事件を追う。
警察の捜査が始まる中で、ハロゲイトに到着したアガサは、名前を偽り治療目的でホテルに宿泊し、”復讐”への計画を練り始める。
スタントンも、アガサの動きを察知して現地に向かい、彼女に接触し今回の失踪を記事にし始めるのだが・・・。
__________

実力派俳優として地位を築きつつあったダスティン・ホフマンや、同じく現在でも活躍し続ける、彼と同じ年のヴァネッサ・レッドグレイヴの組み合わせが話題になった作品。

多くの作品が映画化されたアガサ・クリスティ本人に関する、実話に基づくドラマというのは興味深いのだが、ミステリー・サスペンスとしての緊迫感や仕掛け他、マイケル・アプテッドの演出は今一物足りなさも感じる。
まだ30代の彼は、翌年「歌え!ロレッタ愛のために」(1980)で一気にその才能を開花させて、ドキュメンタリー作家としての評価だけでなく実力を示し現在に至っている。

ヴィットリオ・ストラーロの巧みなカメラワーク、アカデミー賞にノミネートされた、当時を見事に再現した衣装などは素晴らしい。

さすがのダスティン・ホフマンも、ややミスキャスト気味であり、人気急上昇中の彼を無理矢理キャスティングしてしまったという感じは否めない。
抜け目のないコラムニストを好演する彼だが、長身(180cm)のヴァネッサ・レッドグレイヴを見上げて演ずる場面が多過ぎて気になり、対する悲恋のヒロイン演ずる彼女のしっとりとした演技は印象に残る。
D・ホフマンは165cm。

一方、事件の原因を作るヒロインの夫ティモシー・ダルトン、その浮気相手のセリア・グレゴリー、ヒロインにホテル内で利用されるヘレン・モース、主人公の協力者役のポール・ブルックス、警官のティモシー・ウェストなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021