4260 Movies

真紅の盗賊 The Crimson Pirate (1952)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

スペイン帝国の軍艦を奪った海賊の戦いと活躍を描く、製作ハロルド・ヘクト、監督ロバート・シオドマク、主演バート・ランカスター(製作兼)、ニック・クラヴァットエヴァ・バートックレスリー・ブラッドリージェームス・ヘイタートリン・サッチャー他共演の海洋活劇。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ロバート・シオドマク

製作
ノーマン・デミング
ハロルド・ヘクト
バート・ランカスター
脚本:ローランド・キビー
撮影:オットー・ヘラー
編集:ジャック・ハリス
音楽:ウィリアム・オルウィン

出演
キャプテン・ヴァロ:バート・ランカスター
オーホ:ニック・クラヴァット
コンスエロ:エヴァ・バートック
ホセ・グルーダ男爵:レスリー・ブラッドリー
プルーデンス教授:ジェームス・ヘイター
ハンブル・ベローズ:トリン・サッチャー
エル・リブレ:フレデリック・ライスター
ビアンカ:マーゴット・グラハム
パブロ・マーフィー:ノエル・パーセル
ジョセフ:クリストファー・リー
大佐:フランク・ペッティンゲル
総督:エリオット・メイクハム
グルーダと共に旅する女性:ダナ・ウィンター

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1952年製作 105分
公開
北米:1952年9月27日
日本:1953年7月15日
製作費 $1,850,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
18世紀後半、カリブ海
“真紅の海賊”と呼ばれるキャプテン・ヴァロ(バート・ランカスター)は、出航の準備を伝える。

スペイン海軍のフリゲートは、乗員が壊血病で全員死亡したと思われる船(ヴァロの船)を奪おうとする。

接近した船を調べた兵士は、ヴァロの指示で病死を装っていた海賊たちに襲われる。

オーホ(ニック・クラヴァット)と共にロープを伝ってフリゲートに向かったヴァロは、船員に襲い掛かる。

乗員である国王の特使ホセ・グルーダ男爵(レスリー・ブラッドリー)と女性(ダナ・ウィンター)に銃を向けたヴァロは、船長を呼ぶ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
18世紀後半、カリブ海
“真紅の海賊”と呼ばれるキャプテン・ヴァロは、スペイン海軍のフリゲートを奪い、乗船していた国王の特使グルーダ男爵を捕える。
ヴァロは、積載されていた武器を反乱軍に売り、それを討伐させるための情報をグルーダに与えて、別に礼金を手に入れようとする。
グルーダから、コブラ島にいる国家に背くリブレを差し出せば、さらに礼金を払うと言われたヴァロは、オーホと共にその場に向かうのだが・・・。
__________

バート・ランカスターが、ハロルド・ヘクトとノーマン・デミングと組んで製作し、自ら主演した海洋活劇。

アクロバットチーム時代からの旧友ニック・クラヴァットとのコンビで見せる、バート・ランカスターのアクションシーンが最大の見せ場だ。
主人公である海賊の船長を演ずるバート・ランカスターは、その見事な空中アクションなどを楽しそうに演ずる姿が印象的で、その手下役でアクロバットのパートナーであるニック・クラヴァットと共に、プロの技を存分に見せてくれる。

全体的にはコメディであり、テクニカラーの美しい映像の中で繰り広げられるアクション、18世紀後半としては画期的な発明だった気球、液体爆弾や潜水艦なども登場し、さらにロマンスも描かれる、ロバート・シオドマクの軽快な演出が大いに楽しめる作品に仕上がっている。

反乱軍に属する女性であり、主人公と恋が芽生えるエヴァ・バートック、国王の特使であり、主人公らを利用しようとする男爵のレスリー・ブラッドリー、様々な発明をしながら主人公に協力する科学者ジェームス・ヘイター、一旦は主人公を裏切るものの海賊らしく戦い命を落とす海賊トリン・サッチャー、反乱を指揮するヒロインの父親フレデリック・ライスター、彼の協力者ノエル・パーセル、ダンサーのマーゴット・グラハム、総督の護衛官である若き日のクリストファー・リー、大佐のフランク・ペッティンゲル、総督のエリオット・メイクハム、男爵と旅する女性のダナ・ウィンターなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020