4373 Movies

ジョン・ウィック:チャプター2 John Wick: Chapter 2 (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2014年に公開された「ジョン・ウィック」の続編。
イタリアン・マフィアと世界中の殺し屋に命を狙われた元殺し屋ジョン・ウィックの戦いを描く、監督チャド・スタエルスキ、主演キアヌ・リーブスローレンス・フィッシュバーンリッカルド・スカマルチョルビー・ローズイアン・マクシェーンジョン・レグイザモ他共演のクライム・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:チャド・スタエルスキ
製作
ベイジル・イヴァニク
エリカ・リー
製作総指揮
ジェフ・ワックスマン
ロバート・ベルナッキ
デヴィッド・リーチ
ケヴィン・フレイクス
ヴィシャル・ルングタ
脚本:デレク・コルスタッド
撮影:ダン・ローストセン
編集:エヴァン・シフ
音楽
タイラー・ベイツ
ジョエル・J・リチャード

出演
ジョナサン”ジョン”ウィック:キアヌ・リーブス
カシアン:コモン
バワリー・キング:ローレンス・フィッシュバーン
サンティーノ・ダントニオ:リッカルド・スカマルチョ
アレス:ルビー・ローズ
ウィンストン:イアン・マクシェーン
オーレリオ:ジョン・レグイザモ
シャロン:ランス・レディック
アブラム・タラソフ:ピーター・ストーメア
ヘレン・ウィック:ブリジット・モイナハン
ジアナ・ダントニオ:クラウディア・ジェリーニ
ジュリアス:フランコ・ネロ
ソムリエ:ピーター・セラフィノウィッツ
アンジェロ:ルカ・モスカ
アール:トビアス・シーガル
ジミー:トーマス・サドスキー
チャーリー:デヴィッド・パトリック・ケリー
殺し屋:ハイジ・マネーメーカー
スモウ:YAMA

アメリカ 映画
配給 Lionsgate
2017年製作 122分
公開
北米:2017年2月10日
日本:2017年7月7日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $92,029,180
世界 $171,539,890


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
バイクで逃げるロシアン・マフィアを追った元殺し屋のジョナサン”ジョン”ウィック(キアヌ・リーブス)は、転倒した男からパスカードを奪う。

ジョンに殺された組織のボス、ヴィゴの弟アブラム・タラソフ(ピーター・ストーメア)は、ジョンの愛車”マスタング マッハ1”を保管していたために彼を恐れ、アジトを捨てようとする。

パスカードを使いアジトに侵入したジョンは、男たちを次々と殺す。

アブラムに電話をしたジョンは車のことを伝え、マスタングを見つけてその場から逃れる。

追われたジョンは、車を傷つけながらも相手を倒し、アブラムの元に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ジョン・ウィック」(2014)
・「ジョン・ウィック:チャプター2」(2017)
・「ジョン・ウィック:パラベラム」(2019)

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
ロシアン・マフィアとの戦いを終えた元凄腕の殺し屋ジョナサン”ジョン”ウィックは、イタリアン・マフィアカモッラ”の幹部サンティーノから仕事を依頼される。
サンティーノには借りがあり、”誓印”で誓いを立てたジョンだったが、それを断ってしまう。
サンティーノに家を焼かれ命を狙われたジョンは、コンチネンタルのウィンストンから、誓印から解放されるには仕事を受けるしかないと言われる。
仕方なく仕事を引き受けることにしたジョンは、主席連合の12人の一人に選ばれた、サンティーノの姉ジアナの抹殺を依頼される。
ローマに向かったジョンは、死を覚悟したジアナが自ら命を断とうとしたために止めを刺す。
仕事を済ませたジョンは、ジアナのボディガードである旧友のカシアンと対決し、サンティーノが、700万ドルの賞金で自分の命を殺し屋に狙わせていることを知る・・・。
__________

闇の世界に戻った元殺し屋が、命を狙う敵に立ち向かい戦う姿を描きヒットした「ジョン・ウィック」(2014)の続編。

今回は、主人公がロシアン・マフィアとの戦いを終えた数日後を描いた物語である。
イタリアン・マフィアカモッラ”に関わった主人公の戦い、血の誓いである”誓印”や闇の世界を支配する機関”コンチネンタル”の厳しい掟などが興味深く描かれている。

前作よりパワーアップしたアクションシーンはスタイリッシュでもあり、主人公と殺し屋たちの凄まじい戦いが繰り広げられる。

傷つきながらも敵を容赦なく倒す主人公の無駄のない身のこなしなどを映し出すシーンは、残虐というより美しを感じるほどで、チャド・スタエルスキのシャープな演出が見どころの作品。

前作同様、本作は批評家から高く評価され、北米興行収入約9200万ドル、全世界では約1億7200万ドルという結果となり、前作の約2倍のヒットとなった。

主演のキアヌ・リーブスは、再び平穏な生活に戻ろうとするものの、闇の世界で生きる道を選ぶしかない孤独な殺し屋を熱演している。

主人公の友人でもある殺し屋で、ターゲットのボディガードとして死闘を繰り広げるコモン、地下犯罪情報組織のキングで主人公に協力するローレンス・フィッシュバーン、イタリアン・マフィアカモッラ”の幹部であり、主人公に主席に選ばれた姉(クラウディア・ジェリーニ)の抹殺を依頼し彼の命も狙うリッカルド・スカマルチョ、彼の部下である殺し屋ルビー・ローズ、闇の組織コンチネンタルを仕切るイアン・マクシェーン、主人公の友人である自動車工場のオーナー、ジョン・レグイザモ、コンチネンタル・ホテルのコンシェルジュ、ランス・レディック、主人公の愛車”マスタング マッハ1”を預かっていたロシアン・マフィアで、見逃されるピーター・ストーメア、主人公の妻ブリジット・モイナハン、”コンチネンタル・ホテル・ローマ”の支配人フランコ・ネロ、主人公に武器を用意するピーター・セラフィノウィッツ、主人公の防弾スーツを作る仕立屋のルカ・モスカ、キング(ローレンス・フィッシュバーン)の部下トビアス・シーガル、主人公の友人である警官トーマス・サドスキー、闇の世界の掃除屋デヴィッド・パトリック・ケリー、殺し屋(バイオリニスト)のハイジ・マネーメーカーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021