4237 Movies

ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島 The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1952年に発表された、C・S・ルイスの「ナルニア国物語」の3作目、「朝びらき丸東の海へ」を基にした、映画化の第3作。
監督マイケル・アプテッドベン・バーンズスキャンダー・ケインズジョージー・ヘンリーリーアム・ニーソンサイモン・ペグティルダ・スウィントンベン・バーンズ他共演。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・アプテッド
製作
アンドリュー・アダムソン

ペリー・ ムーア
マーク・ジョンソン
原作:C・S・ルイス
脚本
マイケル・ペトローニ

クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー
撮影:ダンテ・スピノッティ
編集:リック・シェイン
音楽
デヴィッド・アーノルド

ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
カスピアン王:ベン・バーンズ

ルーシー・ペヴェンシー:ジョージー・ヘンリー
エドマンド・ペヴェンシー:スキャンダー・ケインズ
ユースチス・スクラブ:ウィル・ポールター
アスラン:リーアム・ニーソン(声)
リーピチープ:サイモン・ペグ(声)
ドリニアン卿:ゲイリー・スウィート

ベルン卿:テリー・ノリス
ループ卿:ブルース・スペンス
タヴロス:シェーン・ランギ
ラインス:アーサー・エンジェル
ゲイル:アラベラ・モートン
コリアキン:ビリー・ブラウン
のうなしあんよのリーダー:ロイ・ビリング
スーザン・ペヴェンシー:アナ・ポップルウェル
ピーター・ペヴェンシー:ウィリアム・モーズリー
リリアンディル:ローラ・ブレント
白い魔女:ティルダ・スウィントン

イギリス/アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2010年製作 113分
公開
イギリス:2010年12月9日
北米:2010年12月10日
日本:2011年2月25日
製作費 $155,000,000
北米興行収入 $100,620,370
世界 $415,686,220


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ケンブリッジ
エドマンド・ペヴェンシー(スキャンダー・ケインズ)とルーシー(ジョージー・ヘンリー)は、兄ピーター(ウィリアム・モーズリー)と姉スーザン(アナ・ポップルウェル)がアメリカ滞在中、意地悪ないとこユースチス・ スクラブ(ウィル・ポールター)の家に預けられていた。

ある日、部屋にあった絵を見ながら、ユースチスと言い合いになったエドマンドとルーシーだったが、突然起きた異変の後、三人は絵の中に吸い込まれてしまう。

海でおぼれかけた三人は、帆船”朝びらき丸”から現れたカスピアン王(ベン・バーンズ)に救われる。

ユースチスは、ネズミの騎士リーピチープ(サイモン・ペグ:声)が話が出来ることに驚き騒ぎを起こす。

カスピアンは部下達に、エドマンドとルーシーが、いにしえの王と女王だと伝える。

カスピアンとの再会を喜んだエドモンドとルーシーは、消息を絶った亡き父王の友である、7人の貴族(7卿)を見つけるために離れ島諸島を目指す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考
・「
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」(2005)
・「
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」(2008)
・「
ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島」(2010)
———————-
ナルニア国物語」全7巻シリーズ
1
ライオンと魔女(1950年)”The Lion, the Witch and the Wardrobe”
2
カスピアン王子のつのぶえ(1951年)”Prince Caspian”
3
朝びらき丸 東の海へ(1952年)”The Voyage of the Dawn Treader”
4
銀のいす(1953年)”The Silver Chair”
5
馬と少年(1954年)”The Horse and His Boy”
6
魔術師のおい(1955年)”The Magician’s Nephew”
7
さいごの戦い(1956年)”The Last Battle”

*(簡略ストー リー)
エドマンド・ペヴェンシーとルーシー兄妹は、兄ピーターと姉スーザンがアメリカに滞在中、意地悪ないとこユースチスの家に預けられていた。
ある日、部屋に飾ってあった絵のことで三人は言い争いになり、直後に起きた異変により、彼らは絵に吸い込まれれ、ナルニアの国に移動してしまう。
海上でカスピアン王に助けられた三人は、消息を絶った亡き先王の友である、7人の貴族(7卿)を見つけるため、離れ島諸島を目指す。
陸を見つけたカスピアンらは、”いりみなと町”に上陸するが奴隷商人に捕らわれ、7卿の一人ベルン卿に出会う。
拘束を逃れたカスピアンらは、ベルン卿から、先王のナルニアの剣を渡され、その後、無人島でルーシーが、島の所有者である魔法使いコリアキンと出会う。
コリアキンは、”くらやみの島”や”ラマンドゥの島”へ導く”青い星”、そしてそこにあるアスランのテーブルに、7本の剣を並べることで、恐ろしい暗闇の魔法が解けることを、カスピアンらに知らせる・・・。
__________

第1作からわずか5年ではあるが、主人公の子供達は成長して、特にルーシー演ずるジョージー・ヘンリーは、主役と言っていいほどの、堂々たる演技と活躍を見せる。

新キャラクターである、ウィル・ポールター演ずる”ユースチス・スクラブ”も注目で、冒頭の嫌味で偏屈な少年から、常に画面を賑わせながら、竜に姿を変えられる辺りからは、好感の持てる少年へと変貌して奮闘する。
反発し合っていた、ネズミのリーピチープとの友情物語も実に爽やに描かれている。

スーザンとピーターの出番が少ないのが残念だが、その姉を憧れの人として慕うルーシーのいじらしさなどの描写で姉の存在感を示すところや、一行をまとめるカスピアンが、目立ち過ぎず、周囲のキャラクターを立てているような、マイケル・アプテッドの巧みな演出もなかなかいい。

1作目には及ばないものの、興行収入は2作目とほぼ同じ、全世界で約4億1600万ドルのヒットとなった。

頼もしい王となったベン・バーンズ、兄スキャンダー・ケインズをサポート又はリードするジョージー・ヘンリー、彼女らのいとこで、出色のキャラクター、ひねくれ者の少年ウィル・ポールター、アスランの声リーアム・ニーソン、リーピチープの声サイモン・ペグ、”朝びらき丸”の船長ゲイリー・スウィート、7卿のテリー・ノリスブルース・スペンス、船員役のシェーン・ランギ、妻を捜すナルニア人アーサー・エンジェル、その娘アラベラ・モートン、魔法使いで島の所有者ビリー・ブラウン、彼に姿を消されていた、のうなしあんよのロイ・ビリング、主人公の姉アナ・ポップルウェル、兄ウィリアム・モーズリー、ラマンドゥの娘ローラ・ブレント、そして、魔力で登場する白い魔女のティルダ・スウィントンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020