4234 Movies

ボーン・アイデンティティー The Bourne Identity (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1980年に発表されたロバート・ラドラムの小説”The Bourne Identity”を基に製作された作品で、小説”ジェイソン・ボーン”3部作の1作目。
記憶を失ったCIA工作員が自分の正体を探っていく過程で、国家が秘密裏に進めるプロジェクトに巻き込まれていることに気づくまでを描く、スパイ・サスペンス・アクション。
製作、脚本ダグ・リーマン、主演マット・デイモンフランカ・ポテンテクリス・クーパーブライアン・コックスクライヴ・オーウェンジュリア・スタイルズ共演。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ダグ・リーマン
製作総指揮
ロバート・ラドラム
フランク・マーシャル
製作
ダグ・リーマン
リチャード・N・グラッドスタイン

原作:ロバート・ラドラムThe Bourne Identity
脚本
トニー・ギルロイ
ウィリアム・ブレイク・ヘロン
撮影:オリヴァー・ウッド
編集:サー・クライン
音楽:ジョン・パウエル

出演
ジェイソン・ボーン:マット・デイモン
マリー・ヘレナ・クルーツ:フランカ・ポテンテ
アレキサンダー・コンクリン:クリス・クーパー
ウォード・アボット:ブライアン・コックス
ニコレット・パーソンズ:ジュリア・スタイルズ
ニクワナ・ワンボシ:アドウェール・アキノエ・アグバエ
”プロフェッサー”:クライヴ・オーウェン
ダニエル・ゾーン:ガブリエル・マン
イーモン:ティム・ダットン
ジャンカルロ:オルソ・マリア・グエリーニ
CIA調査員:ウォルトン・ゴギンズ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2002年製作 119分
公開
北米:2002年6月14日
日本:2003年1月25日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $121,468,960
世界 $214,034,220


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
地中海マルセイユ南100キロ。
嵐の夜、銃で撃たれた男(マット・デイモン)に気づいたイタリア人の漁師は彼を救助する。

背中に銃弾を受けていた男の治療をした船長のジャンカルロ(オルソ・マリア・グエリーニ)は、弾丸と同時にカプセルのような物も摘出する。

カプセルには、チューリッヒ相互銀行の口座番号らしき信号が記録されていた。

意識を取り戻した男は興奮し、ジャンカルロは彼を落ちる貸せようとするものの記憶を失っていた。

ヴァージニア州、ラングレーCIA本部。
極秘作戦”トレッドストーン”のリーダー、アレキサンダー・コンクリン(クリス・クーパー)は、任務が失敗したという報告を受ける。

2週間後。
漁師として働きながら回復した男は、ジャンカルロからスイスまでの電車賃を受け取り、彼に感謝して港で船を降り、銀行の口座番号だけを手がかりにチューリッヒに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ボーン・アイデンティティー」(2002)
・「ボーン・スプレマシー」(2004)
・「ボーン・アルティメイタム」(2007)
・「ボーン・レガシー」(2012)
・「ジェイソン・ボーン」(2016)

*(簡略ストー リー)

銃弾を受けた男がマルセイユ沖で救助されるのだが、彼は記憶を失っていた。
男の体に埋め込まれていたカプセルには、チューリッヒの銀行の口座番号だけが記憶されていた。
それを手がかりに現地に向かった男は、貸金庫の中のIDを確認して、”ジェイソン・ボーン”という自分の名前とパリ在住であることを知る。
複数のパスポートや現金を持ち出したボーンは、拳銃だけを残してアメリカ領事館に向かう。
係官に呼び止められたボーンは抵抗してその場を逃れ、旅行者マリーンに2万ドルを払う約束をしてパリに向かう。
その頃、CIA本部の”トレッドストーン”プロジェクトのリーダー、コンクリンは、アフリカの独裁者ワンボシの暗殺に失敗し、消息を絶った”ボーン”の行方を追っていたのだが・・・。
__________

記憶喪失の男が、自分の身体能力や知性に気づきながら、スイスの銀行の口座番号を手がかりに、自らの正体を知ろうとするまでは原作通りに展開するが、その後は、全く違うストーリーになっている。

1988年に、リチャード・チェンバレン主演でテレビ・ドラマ化されている。

ヨーロッパが舞台なので”007シリーズ”を思わせるところもあるが、記憶を失った主人公の孤独感や苦悩する描写、見せ場の一つのカーチェイスの斬新さなど見応えある内容に仕上がっている。

派手さはないが、狭い街並みを見事に生かしたスピード感溢れる逃走シーンなど、玄人受けするアクションは見ものだ。

軽快なジョン・パウエルの音楽も、緊迫感溢れるドラマを大いに盛り上げている。

北米興行収入は約1億2200万ドル、全世界では約2億1400万ドルのヒットとなった。

知的な雰囲気のあるマット・デイモンが、格闘やカーチェイスなどハードなアクションに挑戦し、新たな魅力を見せてくれる。

他の”トレッドストーン”メンバーは、いかにも殺し屋風だ・・・。

こちらも地味な放浪者の雰囲気がよく出ている、主人公と共に行動する飾り気のない女性を好演するフランカ・ポテンテCIAの計画の実行責任者であり、結局は責任を取らされるクリス・クーパー、その上司で、あっさり計画を打ち切るブライアン・コックス、いかにも凄腕の殺し屋として描写されながら、意外に呆気なく主人公ボーンに殺されてしまう工作員クライヴ・オーウェンCIAパリ支部の諜報員ジュリア・スタイルズCIAの標的であるアフリカの独裁者アドウェール・アキノエ・アグバエ、コンクリ(クリス・クーパー)の部下ガブリエル・マン、マリー(フランカ・ポテンテ)の元恋人のティム・ダットン、主人公を助ける漁船の船長オルソ・マリア・グエリーニCIA調査員ウォルトン・ゴギンズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020