4239 Movies

ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1986年に発表された、ロバート・ラドラムの小説”The Bourne Supremacy”を基に製作された作品で、小説”ジェイソン・ボーン”3部作の2作目。
恋人を殺されたCIA工作員”ジェイソン・ボーン”が、失った記憶をたどりながら自分が殺し屋となった真相を暴こうとする姿を描く、監督ポール・グリーングラス、主演マット・デイモンジョアン・アレンカール・アーバンフランカ・ポテンテクリス・クーパーブライアン・コックスジュリア・スタイルズ他上演のスパイ・サスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ポール・グリーングラス
製作総指揮
ダグ・リーマン
ヘンリー・モリソン

製作
フランク・マーシャル
ポール・サンドバーグ

原作:ロバート・ラドラム
脚本
トニー・ギルロイ
ブライアン・ヘルゲランド
撮影:オリヴァー・ウッド
編集
リチャード・ピアソン
クリストファー・ラウズ
音楽:ジョン・パウエル

出演
ジェイソン・ボーン/デヴィッド・ウェッブ:マット・デイモン
パメラ・ランディ:ジョアン・アレン
キリル:カール・アーバン
ウォード・アボット:ブライアン・コックス
マリー・ヘレナ・クルーツ:フランカ・ポテンテ
マーティン・マーシャルCIA次官:トーマス・アラナ
ユーリ・グレツコフ:カーレル・ローデン
アレキサンダー・コンクリン:クリス・クーパー
ニコレット・パーソンズ:ジュリア・スタイルズ
ダニエル・ゾーン:ガブリエル・マン
キム:ミシェル・モナハン
ヤルダ:マートン・チョーカシュ
イリーナ・ネスキー:オクサナ・アキンシナ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2004年製作 108分
公開
北米:2004年7月23日
日本:2005年2月11日
製作費 $75,000,000
北米興行収入 $176,049,130
世界 $288,500,220


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
あれから2年、インドゴア
ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、マリー・ヘレナ・クルーツ(フランカ・ポテンテ)との生活を続けていたが、記憶が完全には戻らず、毎晩のように悪夢にうなされていた。

ベルリン
CIA副局長パメラ・ランディ(ジョアン・アレン)の指揮下で、7年前にCIAから2000万ドルが奪われた事件の証拠となる、”ネスキー”のファイルと300万ドルを、あるルートと交換しようとする作戦が実行されようとしていた。

予算を気にするマーティン・マーシャルCIA次官(トーマス・アラナ)は、作戦の実行に懐疑的な考えだったが、ランディに許可を出す。

同じビルの地下に侵入したFSB/ロシア連邦保安庁の工作員キリル(カール・アーバン)が、ボーンの指紋を残して配電盤を爆破する。

テーゲル空港
”ネスキー”のファイルを奪ったキリルは、それをロシアのペコス石油CEOのユーリ・グレツコフ(カーレル・ローデン)に渡し、報酬の半分を受け取り、ボーンの居場所の情報は確かだと伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ボーン・アイデンティティー」(2002)
・「ボーン・スプレマシー」(2004)
・「ボーン・アルティメイタム」(2007)
・「ボーン・レガシー」(2012)
・「ジェイソン・ボーン」(2016)

*(簡略ストー リー)
あれから2年、インドゴア
ジェイソン・ボーンは、マリーと共に生活を始めていが、完全には戻らない記憶と悪夢に悩まされていた。
ベルリンCIA副局長ランディの指揮下で、かつて、CIAから2000万ドルが奪われた事件の証拠となる、あるファイルと300万ドルを交換する作戦が実行される。
FSB/ロシア連邦保安庁の工作員キリルは、ボーンの指紋を残して破壊工作を仕掛け、ファイルを奪いロシアの石油王グレツコフに渡す。
その後、インドに現れたキリルはボーンを襲い、マリーが犠牲になってしまう。
ベルリンの現場の指紋から”トレッドストーン”という暗号名を知ったランディはボーンとの関係を調べ、局長のアボットから作戦の詳細を聞き出す。
マーシャル次官命令でボーンの抹殺司令が出されるものの、イタリアからベルリンに向かったボーンは、ランディに連絡を入れて、同僚だったパーソンズを連絡係に指名する。
パーソンズの話から、悪夢がこの事件に関係していることを知ったボーンは、”トレッドストーン”のリーダー、コンクリンから受けた、ファイルに関係するロシアの政治家ネスキー殺害の任務を断片的に思い出すのだが・・・。
__________

前作の内容を継承するストーリーが非常に解り易く、断片的な記憶が次第に解明されていく展開が興味深い、前作を上回るスリリングで上質なサスペンス作品に仕上がっている。

クライマックスのモスクワ市内でのカーチェイスは、前作を凌ぐ迫力と斬新な映像で驚くい。

興行収入も北米、世界共に前作を上回るヒットとなった。

北米興行収入 $176,049,130
世界 $288,500,220

監督はポール・グリーングラスに代わり、前作のイメージを受け継ぎ、スピード感溢れるシャープな演出を見せる。
前作の監督ダグ・リーマンは、製作に参加している。

主演のマット・デイモンは、前作では、演技派らしく主人公の人物像を深く掘り下げて演じていたが、本作では、更にスケールの大きなハードなアクション・シーンもこなしてキャラクター・イメージを定着させた。

前作で機密作戦”トレッドストーン”を指揮したクリス・クーパー(本作でもカメオ的出演)に代わる存在として登場する、CIA副局長ジョアン・アレンの、統率力のある知的な指揮官役は本作で重要な役割を占め、前作から”トレッドストーン”計画に関わってきた黒幕ブライアン・コックスと共に、重厚な演技を見せてくれる。

冒頭の20分足らずで命を落としてしまう、前作に続く出演の主人公の恋人フランカ・ポテンテ、凄腕の殺し屋でみあるFSB/ロシア連邦保安庁の工作員カール・アーバン、再びボーン捜索に巻き込まれる元同僚のジュリア・スタイルズは、前作よりかなり重要な存在として印象深い。

CIA次官トーマス・アラナロシアの石油王カーレル・ローデン、アボット(ブライアン・コックス)に殺される部下のガブリエル・マン、他、ランディ(ジョアン・アレン)の作戦チームのメンバー、ミシェル・モナハン、”トレッドストーン”の殺し屋マートン・チョーカシュ、主人公に殺されたロシアの政治家の娘イリーナ・ネスキー(オクサナ・アキンシナ)などが出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020