4315 Movies

ジェイソン・ボーン Jason Bourne (2016)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ロバート・ラドラムが創造した”ボーン”シリーズ第5作。
姿を消していたCIAの暗殺者ジェイソン・ボーンが、分析官だった父親が絡む上層部の陰謀に立ち向かう姿を描く、製作、監督、脚本ポール・グリーングラス、製作、主演マット・デイモントミー・リー・ジョーンズアリシア・ヴィキャンデルヴァンサン・カッセルジュリア・スタイルズ他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧
トミー・リー・ジョーンズ / Tommy Lee Jones / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ポール・グリーングラス

製作
フランク・マーシャル
マット・デイモン
ポール・グリーングラス
グレゴリー・グッドマン
製作総指揮:クリストファー・ラウズ
脚本
ポール・グリーングラス
クリストファー・ラウズ
原作:ロバート・ラドラム(キャラクター創造)
撮影:バリー・アクロイド
編集:クリストファー・ラウズ
音楽
ジョン・パウエル
デヴィッド・バックリー

出演
ジェイソン・ボーン/デヴィッド・ウェッブ:マット・デイモン
ロバート・デューイCIA長官:トミー・リー・ジョーンズ
ヘザー・リー:アリシア・ヴィキャンデル
作戦員:ヴァンサン・カッセル
ニコレット”ニッキー”パーソンズ:ジュリア・スタイルズ
アーロン・カルーア:リズ・アーメッド
クレイグ・ジェファーズ:アトー・エッサンドー
エドウィン・ラッセル国家情報長官:スコット・シェパード
マルコム・スミス:ビル・キャンプ
クリスチャン・ディソルト:ヴィツェンツ・キーファー
リチャード・ウェッブ:グレッグ・ヘンリー
バウメン:スティーヴン・クンケン
アルバート・ハーシュ博士:アルバート・フィニー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2016年製作 123分
公開
北米:2016年7月29日
日本:2016年10月7日
製作費 $120,000,000
北米興行収入 $162,162,100
世界 $415,484,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ギリシャアルバニアの国境、ツァマンタス
CIAの極秘作戦“トレッドストーン”の暗殺者ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、姿を消してから数年が経ち、ストリートファイトで生計を立てていた。

アイスランドレイキャビク
ハッキング・グループの元に向かったボーンの元同僚ニコレット”ニッキー”パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)は、活動家でもあるハッカーのクリスチャン・ディソルト(ヴィツェンツ・キーファー)が予約したと伝えて、その場でCIAのシステムにアクセスする。

ヴァージニア州、ラングレーCIA本部。
不審なアクセスを知らされたサイバー部門の新任部長ヘザー・リー(アリシア・ヴィキャンデル)は、サーバーをハッキングされていることに気づく。

...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「ボーン・アイデンティティー」(2002)
・「ボーン・スプレマシー」(2004)
・「ボーン・アルティメイタム」(2007)
・「ボーン・レガシー」(2012)
・「ジェイソン・ボーン」(2016)

*(簡略ストー リー)
CIAの極秘作戦“トレッドストーン”の暗殺者ジェイソン・ボーンは、姿を消して身を隠していた。
ボーンの元同僚パーソンズは、活動家でもあるハッカーのディソルトの指示でCIAのサーバーをハッキングする。
”トレッドストーン”の情報を確認したパーソンズは、分析官リチャード・ウェッブの息子がボーンであることを知る。
ハッキングに気づいたCIAサイバー部門の新任部長リーは、それをデューイ長官に知らせる。
自分達を危機に陥れる危険性があるボーンをパーソンズと共に捜すようリーに指示したデューイは、ボーンに恨みを持つ殺し屋である作戦員に、二人の抹殺を命ずるのだが・・・。
__________

シリーズ5作目ではあるが、”ジェイソン・ボーン”が登場しない4作目の「ボーン・レガシー」(2012)の続編ではない。
3作目の「ボーン・アルティメイタム」(2007)の物語を継承して新たな発展を見せる、2作目からコンビを組むポール・グリーングラスマット・デイモンによる、9年振りの続編と言える。

1~3作の内容を知らないと面白さが半減するため、3作を観直してから鑑賞することをお勧めします。

極秘作戦“トレッドストーン”と、その発案者で分析官である主人公の父親の死との関係、全世界の完璧な監視システムをベースにする新作戦”アイアンハンド”が、CIA上層部の陰謀と絡み合うという複雑な内容となっている。

マット・デイモンの出演なくして成立しないシリーズでもあり、彼の復活はファンにとっては嬉しい。

しかし、CIA長官を演ずるトミー・リー・ジョーンズが、人間性や人情味など一切見せない、問答無用の行動をとる極悪人を演ずるのを、彼のファンは求めたかは疑問だ。

また、世界や国家の未来を左右するような作戦に関わるCIAサイバー部門の新任部長アリシア・ヴィキャンデルの見た目の印象なども気になる。
学生のような容姿では、その作戦行動の重要性などが感じられないし、シリーズ全体を通しての隙の無い大人の雰囲気作りに難がある。
2、3作目で作戦を指揮するジョアン・アレンが好演していたため、彼女位の貫録と年齢を重ねた役者を起用してもらいたかった。
サイバー部門担当者という設定では仕方ないとも言えるが・・・。

そして、主人公”ジェイソン・ボーン”の同僚でもある協力者、シリーズの顔でもあった”ニッキー・パーソンズ”を演ずるジュリア・スタイルズが命を落とすのは、ファンにとっては寂しいし非常に残念だ。

緊迫感やアクションなどは見応えがあり、特に終盤の”ラスベガス・ストリップ”でのカーチェイスは凄まじい迫力で、CGを使ったとも思えない見事な出来だ。

北米興行収入は約1億6200万ドル、全世界では約4億1600万ドルを記録し、前作(ボーン・アルティメイタム)には及ばなかったものの大ヒットとなった。

主演のマット・デイモンは、CIAの分析官だった父親の死と彼が発案した極秘作戦“トレッドストーン”に隠された秘密を知り、自分を陥れた巨悪に立ち向かう主人公を好演している。

作戦遂行のため、”極悪非道”に近い行動を強行するCIA長官のトミー・リー・ジョーンズ、その部下で、主人公に協力すると見せながら、強かな考えで行動する、サイバー部門新任部長のアリシア・ヴィキャンデル、主人公に恨みを持つ、殺し屋である作戦員を熱演するヴァンサン・カッセル、主人公の元同僚であり、彼のためにCIAの情報を入手して命を落とすジュリア・スタイルズCIAと関わるソーシャル・メディア企業CEOリズ・アーメッドCIA長官の補佐官アトー・エッサンドー国家情報長官スコット・シェパード、”トレッドストーン”で主人公を監視したビル・キャンプ、活動家であるハッカーのヴィツェンツ・キーファー、”トレッドストーン”の発案者で、CIAの分析官である主人公の父親グレッグ・ヘンリーCIAに情報を流すカルーア(リズ・アーメッド)のアシスタント、スティーヴン・クンケン、そして、”トレッドストーン”の心理学者として、アルバート・フィニーが前作の映像で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020