4506 Movies

ジャージー・ボーイズ Jersey Boys (2014)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1960年代に活躍したロックおよびポップス・バンド”フォー・シーズンズ”の栄光と挫折を描いた、マーシャル・ブリックマンリック・エリスによるミュージカル”ジャージー・ボーイズ”の映画化。
製作、監督クリント・イーストウッド、主演ジョン・ロイド・ヤングエリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァクリストファー・ウォーケン他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:クリント・イーストウッド

製作
クリント・イーストウッド
ティム・ヘディントン
グレアム・キング
ロバート・ロレンツ
製作総指揮
ボブ・ゴーディオ
ティム・ムーア
フランキー・ヴァリ
原作:ジャージー・ボーイズ
マーシャル・ブリックマン
リック・エリス
脚本
マーシャル・ブリックマン
リック・エリス
撮影:トム・スターン
編集
ジョエル・コックス
ゲイリー・D・ローチ
音楽:ボブ・ゴーディオ

出演
フランキー・ヴァリ/フランキー・カステルチオジョン・ロイド・ヤング
ボブ・ゴーディオエリック・バーゲン
ニック・マッシ:マイケル・ロメンダ
トミー・デヴィートヴィンセント・ピアッツァ
アンジェロ”ジップ”デカルロクリストファー・ウォーケン
メアリー・デルガド:レネー・マリーノ
メアリー・リナルディ:キャサリン・ナルドゥッチ
アンソニー・カステルチオ:ルー・ヴォープ
フランシーン・ヴァリ(17歳):フレイヤ・ティングレイ
フランシーン・ヴァリ(7歳):エリザベス・ハンター
フランシーン・ヴァリ(4歳):グレース・ケリー
ボブ・クルーマイク・ドイル
ジョー・ロング:ロブ・マーネル
ニック・デヴィート:ジョニー・カニツァロ
ノーマン・ワックスマン:ドニー・カー
ドニー:ジェレミー・ルーク
ジョー・ペシ:ジョーイ・ルッソ
ストッシュ:ジェームズ・マディオ
ロレイン:エリカ・ピッチニーニ
ヴィート:スティーヴ・シリッパ
会計士:バリー・リヴィングストン
チャールズ・カレロ:マイルス・オーブリー
エンジェル#1:キム・ゲイトウッド
エンジェル#2:ジャッキー・セイデン
エンジェル#3:カイリ・ラエ
エド・サリヴァン:トロイ・グラント
ミス・フランキー・ノーラン:ヘザー・ファーガソン・ポンド
ビリー・ディクソン:ジョン・グリフィン
ハル・ミラー:チャズ・ラングレー
アワー・サンズ・オーナー:ビリー・ガーデル
ウェイトレス:フランチェスカ・イーストウッド
エンジニア:ショーン・ウェーレン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2014年製作 134分
公開
北米:2014年6月20日
日本:2014年9月27日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $46,222,850
世界 $67,669,010


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1951年、ニュージャージー州、ベルヴィル
床屋にいた、地域を牛耳るジェノヴェーゼ・ファミリーアンジェロ”ジップ”デカルロクリストファー・ウォーケン)は、美声を聴かせる見習いのフランキー・カステルチオジョン・ロイド・ヤング)に髭を剃らせる。

そこに、バンドマンのトミー・デヴィートヴィンセント・ピアッツァ)が飛び込んできたため、フランキーデカルロの頬を傷つけてしまう。

組織の下っ端でもあるトミーに連絡くらいしろと注意したデカルロは、”友人”だと言ってフランキーを許す。

フランキーの美声に一目置いていたデカルロは、歌手として必ず成功すると彼に伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1951年、ニュージャージー州、ベルヴィル
床屋の見習いだった少年フランキー・カステルチオの美声に一目置いていた、町のチンピラであるバンドマンのトミー・デヴィートは、彼をメンバーに入れる。
フランキーニック・マッシ、兄ニックと共に活動を始めたトミーは、友人のジョー・ペシから、作曲ができるボブ・ゴーディオを紹介されてメンバーに加え、曲を売り込む。
友人であるプロデューサーのボブ・クルーと組んだフランキーは、トミーが工面した費用とボブの曲を”フォー・シーズンズ”として発表する。
フランキーの歌う”Sherry”は人々の心を捉え、”Billboard Hot 100”で№1ヒットとなり、続けざまにヒットを飛ばした彼らはスターとなるのだが・・・。
__________

音楽に造詣の深いクリント・イーストウッドが、1960年代に一世を風靡したロックおよびポップス・バンド”フォー・シーズンズ”の結成から栄光と挫折を描く作品。

よき時代から、戦争やドラッグなどの社会問題を抱えるようになるアメリカの激動する社会の中で、美しい歌声とハーモニーで人々の心を捉え癒した”フォー・シーズンズ”の結成秘話や、隠されたグループ内の対立、マフィアとの関係などを描いている。

クリント・イーストウッド作品としては平凡な出来とも言えるが、丁寧な演出が見所の作品には仕上がっている。

また数々の名曲と共に、その時代を知る人々にとっては、ノスタルジックな雰囲気に浸れる味わい深い作品でもある。

ミュージカルでも主演を演じたフランキー・ヴァリフランキー・カステルチオ:本名)を好演するジョン・ロイド・ヤング、グループのメンバー、ボブ・ゴーディオエリック・バーゲンニック・マッシのマイケル・ロメンダ、トミー・デヴィートヴィンセント・ピアッツァ、主人公を”友”として考えて接する、地域を牛耳るジェノヴェーゼ・ファミリーアンジェロ”ジップ”デカルロをいい味で演ずるクリストファー・ウォーケン、主人公の妻レネー・マリーノ、主人公の両親キャサリン・ナルドゥッチとルー・ヴォープ、主人公の娘フランシーン、17歳時のフレイヤ・ティングレイ、7歳のエリザベス・ハンター、4歳のグレース・ケリー、音楽プロデューサー、ボブ・クルーマイク・ドイルニック・マッシの後継メンバー、ジョー・ロングのロブ・マーネル、トミー・デヴィートの兄ジョニー・カニツァロ、マフィアの取り立て屋ドニー・カー、主人公を騙そうとする友人のジェレミー・ルークジェームズ・マディオトミー・デヴィートの友人であるジョー・ペシのジョーイ・ルッソ、主人公と関係を持つ記者エリカ・ピッチニーニ、床屋の主人スティーヴ・シリッパ、グループの会計士バリー・リヴィングストン、音楽プロデューサー、チャールズ・カレロのマイルス・オーブリー、エド・サリヴァンのトロイ・グラント、アワー・サンズ・オーナーのビリー・ガーデル、ウェイトレス役でクリント・イーストウッドの娘フランチェスカ・イーストウッド、スタジオ・エンジニアのショーン・ウェーレンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021