4450 Movies

13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ Friday the 13th Part VIII: Jason Takes Manhattan (1989)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人気ホラー映画「13日の金曜日」シリーズ第8作。
再び生き返った殺人鬼ジェイソンと、客船でニューヨークに向かう高校生達の戦いを描く、監督、脚本ロブ・ヘデン、主演ジャンセン・ダジェットスコット・リーヴスピーター・マーク・リッチマン他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ロブ・ヘデン

製作:ランディ・チェヴェルデイヴ
キャラクター創造:ヴィクター・ミラー
脚本:ロブ・ヘデン
撮影:ブライアン・イングランド
編集:スティーヴ・ミルコヴィッチ
音楽:フレッド・モーリン

出演
レニー・ウィッカム:ジャンセン・ダジェット
レニー・ウィッカム(少女期):アンバー・ポーリック
ショーン・ロバートソン:スコット・リーヴス
チャールズ・マカロック:ピーター・マーク・リッチマン
コリーン・バン・デューゼン:バーバラ・ビンガム
ジュリアス・ガウ:V・C・デュプリー
ロバートソン船長:ウォーレン・マンソン
タマラ・メイソン:シャーリーン・マーティン
エヴァ・ワタナベ:ケリー・ヒュー
ウェイン・ウェバー:マーティン・カミンズ
J・J・ジャレット:サフロン・ヘンダーソン
マイルズ・ウルフ:ゴードン・カリー
船員:アレックス・ディアカン
ジム・カールソン:フレッド・ヘンダーソン
ジム・ミラー:トッド・カルデコット
スージー・ドナルドソン:ティファニー・ポールセン
ジェイソン・ヴォーヒーズ:ケイン・ホッダー
ジェイソン・ヴォーヒーズ(少年期):ティモシー・バー・マーコヴィッチ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1989年製作 100分
公開
北米:1989年7月28日
日本:1989年9月2日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $14,343,980


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニュージャージー州、クリスタル・レイク。
地元の高校生は、客船でニューヨーク旅行に向かうことになっていた。

ハウスボート上の高校生ジム・ミラー(トッド・カルデコット)と恋人のスージー・ドナルドソン(ティファニー・ポールセン)は、愛し合おうとしていた。

錨を下ろしたジムは、かつてこの場で起きた殺人事件のことを話し始める。

少年ジェイソン・ヴォーヒーズ(ティモシー・バー・マーコヴィッチ)が溺死して忘れ去られた頃、彼の母親パメラが指導員などを恨み殺害するものの、首を切断されたとジムは話す。

その復讐のために復活したジェイソンが戻り、連続殺人が起きたのだった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「13日の金曜日」(1980)
・「13日の金曜日 PART2」(1981)
・「13日の金曜日 PART3」(1982)
・「13日の金曜日 完結編」(1984)
・「新・13日の金曜日」(1985)
・「13日の金曜日 PART6 ジェイソンは生きていた!」(1986)
・「13日の金曜日 PART7 新しい恐怖」(1988)
・「13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ」(1989)
・「13日の金曜日 ジェイソンの命日」(1993)
・「ジェイソンX 13日の金曜日」(2002)

関連作
・「フレディVSジェイソン」(2003)

リブート・リメイク
・「13日の金曜日」(2009)

*(簡略ストー リー)
ニュージャージー州、クリスタル・レイク。
水中に沈み死んだはずの殺人鬼ジェイソンは、湖底の電線の電流のショックで生き返る。
高校生のレニー・ウィッカムは、水恐怖症を克服するため、客船”ラザラス”でニューヨークに向かう旅に参加する。
引率教師のマカロックは、姪のレニーが問題を起こさないかを心配する。
出航した高校生達は楽しい時を過ごすのだが、船に侵入したジェイソンは学生に襲い掛かる・・・。
__________

前作で超能力少女に葬られた殺人モンスター”ジェイソン”が、再び生き返り、船旅でニューヨークに向かう高校生達に襲い掛かるという、なかなか凝った内容とはなっている。

しかし、タイトルで連想される、ジェイソンがニューヨークで暴れ回る姿を期待していると的が外れる。

物語の2/3は船内で起きる事件で、ニューヨークに着いた後は、”タイムズスクエア”は登場するものの、路地、地下鉄、下水道でのジェイソンと高校生達の攻防が描かれているだけなので、タイトルに誘われて鑑賞すると物足りない気がするだろう。

船内の事件はまずまず工夫が凝らされていて、少女時代に体験した”少年ジェイソン”との関りがトラウマになっている、主人公の苦悩も描いた作品。

少女時代の体験で水恐怖症となり、それを克服しながら殺人鬼ジェイソンに立ち向かう高校生ジャンセン・ダジェット、その少女期アンバー・ポーリック、主人公のボーイフレンドである客船の船長(ウォーレン・マンソン)の息子スコット・リーヴス、主人公の叔父である旅行の引率教師ピーター・マーク・リッチマン、同じく教師のバーバラ・ビンガム、ボクシング選手である男子生徒のV・C・デュプリー、主人公に嫌がらせをするシャーリーン・マーティン、その友人ケリー・ヒュー、犠牲になる生徒マーティン・カミンズサフロン・ヘンダーソンゴードン・カリー、ジェイソンの出現を予知する船員のアレックス・ディアカン、機関長のフレッド・ヘンダーソン、ボートハウスで殺されるトッド・カルデコットとガールフレンドのティファニー・ポールセン、そして、殺人モンスター”ジェイソン・ヴォーヒーズ”を演ずるケイン・ホッダー、その少年期ティモシー・バー・マーコヴィッチなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021