4451 Movies

13日の金曜日 PART7 新しい恐怖 Friday the 13th Part VII: The New Blood (1988)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人気ホラー映画「13日の金曜日」シリーズ第7作。
再び復活した殺人鬼ジェイソンと超能力少女の対決を描く、監督ジョン・カール・ビュークラー、主演ラー・パーク・リンカーンケビン・ブレアテリー・カイザースーザン・ブルーた共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジョン・カール・ビュークラー

製作:イアイン・ペイターソン
製作総指揮:フランク・マンキューソJr.
脚本
ダリル・ハネイ
マヌエル・フィデム
撮影:ポール・エリオット
編集
モーリーン・オコネル
マーティン・ジャイ・サドフ
バリー・ゼトリン
音楽
ハリー・マンフレディーニ
フレッド・モーリン

出演
ティナ・シェパード:ラー・パーク・リンカーン
ティナ・シェパード(少女期):ジェニファー・バンコ
ニック:ケビン・ブレア
クルーズ医師:テリー・カイザー
シェパード:ジョン・オトゥリン
アマンダ・シェパード:スーザン・ブルー
メリッサ:スーザン・ジェニファー・サリバン
エディ:ジェフ・ベネット
ロビン:エリザベス・カイタン
デヴィッド:ジョン・レンフィールド
マディー:ダイアナ・バロウズ
マイケル:ウィリアム・バトラー
ジェーン:ステイシー・グリーソン
ラッセル:ラリー・コックス
サンドラ:ヘイディ・コザック
ベン:クレイグ・トーマス
ケイト:ダイアン・アルメイダ
ジェイソン・ヴォーヒーズ:ケイン・ホッダー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1988年製作 88分
公開
北米:1988年5月13日
日本:1988年9月3日
製作費 $2,800,000
北米興行収入 $19,069,490


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニュージャージー州。
クリスタル・レイクの底に、殺人鬼ジェイソン・ヴォーヒーズ(ケイン・ホッダー)は沈められていた。

少女ティナ・シェパード(ジェニファー・バンコ)は、アルコール依存症の父シェパード(ジョン・オトゥリン)が母アマンダ(スーザン・ブルー)に暴力を振るうために、湖に向かいボートに乗ってその場から離れる。

追って来たシェパードをティナが非難した直後に桟橋が崩れ、彼は水中に落下して死亡する。

自分が超能力を持つことを知ったティナ(ラー・パーク・リンカーン)は、念力で父を殺してしまったことを悔やみ、精神科の治療を受けていた。

ティーンエイジャーとなったティナは、母アマンダと共に、医師クルーズ(テリー・カイザー)の治療を受けるために、かつて住んでいたクリスタル・レイクの家に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「13日の金曜日」(1980)
・「13日の金曜日 PART2」(1981)
・「13日の金曜日 PART3」(1982)
・「13日の金曜日 完結編」(1984)
・「新・13日の金曜日」(1985)
・「13日の金曜日 PART6 ジェイソンは生きていた!」(1986)
・「13日の金曜日 PART7 新しい恐怖」(1988)
・「13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ」(1989)
・「13日の金曜日 ジェイソンの命日」(1993)
・「ジェイソンX 13日の金曜日」(2002)

関連作
・「フレディVSジェイソン」(2003)

リブート・リメイク
・「13日の金曜日」(2009)

*(簡略ストー リー)
ニュージャージー州、クリスタル・レイク。
超能力を持つティーンエイジャーのティナ・シェパードは、かつて、念力で父を死亡させてしまい、それを苦にして悩み精神科の治療を受けていた。
クルーズ医師の治療を受けるために、母アマンダと共にかつて住んでいた湖畔の家に向かったティナは、父のことを想い、生き返ってほしいと願う。
しかし、ティナの念力は、湖に葬られた殺人鬼ジェイソンを生き返らせてしまう。
復活したジェイソンは、ティナの隣の家でパーティーをしようとしていた若者達に襲い掛かる・・・。
__________

前作のラストで殺人モンスター”ジェイソン”は湖に沈められるものの、実は死んではいなかったという終わり方をしたのだが、同じ場所で辛い体験をした超能力少女の念力により生き返るという設定がなかなか面白い。

復活したジェイソンは、不死身であることを印象付ける描写の連続で、本作のラストでは死んだことになっている。
実は生きていたという思わせぶりな演出はなくても、不死身のジェイソンは必ず復活するだろうと予測させる終わり方もいい。

無抵抗の内に殺されるシリーズの被害者の中で、勇敢に戦う登場人物もいたのだが、超能力少女が殺人モンスターと戦うという斬新なアイデアはなかなかいい。

しかし、数作前から、恐怖感に欠けている殺しのパターンが気になり、クライマックスで主人公の父親が生き返り、ジェイソンに襲い掛かるというのはややシラけてしまう。

ホラー映画の秀作「キャリー」(1976)の主人公を彷彿させる超能力少女であり、殺人モンスター”ジェイソン”に立ち向かうラー・パーク・リンカーン、その少女期ジェニファー・バンコ、主人公と惹かれ合い共に生き延びる青年ニックのケビン・ブレア、主人公を治療する医師テリー・カイザー、主人公の母親スーザン・ブルー、父親のジョン・オトゥリン、殺害される犠牲者で主人公に嫉妬するスーザン・ジェニファー・サリバン、犠牲者のジェフ・ベネット、エリザベス・カイタン、ジョン・レンフィールド、ダイアナ・バロウズウィリアム・バトラーステイシー・グリーソン、ラリー・コックス、ヘイディ・コザック、クレイグ・トーマス、ダイアン・アルメイダ、そして、殺人鬼ジェイソン・ヴォーヒーズを演ずるケイン・ホッダーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021