4238 Movies

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 The Chronicles of Narnia: Prince Caspian (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

C・S・ルイスの「ナルニア国物語」全7巻シリーズで、1951年に発表された第2章「カスピアン王子のつのぶえ」を基にした、映画化シリーズ第2
製作、監督、脚本アンドリュー・アダムソンウィリアム・モーズリーアナ・ポップルウェルスキャンダー・ケインズジョージー・ヘンリーリーアム・ニーソンティルダ・スウィントンベン・バーンズ他共演。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■
監督:アンドリュー・アダムソン
製作
アンドリュー・アダムソン

ペリー・ムーア
マーク・ジョンソン
原作:C・S・ルイス
脚本
アンドリュー・アダムソン

クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
衣装デザイン:アイシス・マッセンデン
編集:シム・エヴァン=ジョーンズ
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
ピーター・ペヴェンシー:ウィリアム・モーズリー

スーザン・ペヴェンシー:アナ・ポップルウェル
エドマンド・ペヴェンシー:スキャンダー・ケインズ
ルーシー・ペヴェンシー:ジョージー・ヘンリー
カスピアン王子:ベン・バーンズ
ミラース:セルジオ・カステリット
グロゼール将軍:ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ
リーピチープ:エディ・イザード(声)
アスラン:リーアム・ニーソン(声)
トランプキン:ピーター・ディンクレイジ

ニカブリク:ワーウィック・デイヴィス
コルネリウス博士:ヴィンセント・グラス
ソペスピアン卿:ダミアン・アルカザール
グレン・ストーム:コーネル・ジョン
プルナプルスミア:アリシア・ボラッチェロ
ジェイディス/白い魔女:ティルダ・スウィントン

イギリス/アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

2008年製作 140分
公開
北米:2008年5月16日
日本:2008年5月21日
制作費 $200,000,000
北米興行収入 $141,614,020
世界 $419,651,410


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
伝説の四人王(ペヴェンシー兄妹)が、アスランと共にジェイディス/白い魔女を倒し、平和と繁栄をもたらしてから1300年。

ナルニア国はテルマール人の侵略で滅び、かつての面影はなく、人々は森の奥へと追いやられていた。

そのナルニアを支配する、テルマール人の先王の弟で摂政ミラース(セルジオ・カステリット)は、男児誕生を機に、王位継承者カスピアン王子(ベン・バーンズ)の暗殺を企てる。

逃亡して、グロゼール将軍(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)の追跡を振り切り、森に逃れたカスピアン王子は落馬してナルニアの民に遭遇し、城から持ち出した角笛を吹き鳴らしてしまう。

一方、ナルニアから第二次大戦下のロンドンに戻り1年が経ち、普通の子供達と同じように、学校に通っていたペヴェンシー兄妹だったが、カスピアン王子の吹いた角笛により、滅亡したナルニアの地に舞い戻ってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考
・「
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」(2005)
・「
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」(2008)
・「
ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島」(2010)
———————-
ナルニア国物語」全7巻シリーズ
1
ライオンと魔女(1950年)”The Lion, the Witch and the Wardrobe”
2
カスピアン王子のつのぶえ(1951年)”Prince Caspian”
3
朝びらき丸 東の海へ(1952年)”The Voyage of the Dawn Treader”
4
銀のいす(1953年)”The Silver Chair”
5
馬と少年(1954年)”The Horse and His Boy”
6
魔術師のおい(1955年)”The Magician’s Nephew”
7
さいごの戦い(1956年)”The Last Battle”

*(簡略ストー リー)
伝説の四人王(ペヴェンシー兄妹)がアスラン
と共に白い魔女を倒してから1300年が経ち、ナルニア国は滅び、テルマール人が支配していた。
先王の弟で摂政ミラースは、男児誕生を機に、王位継承者カスピアン王子を抹殺しようとする。
森に逃れたカスピアン王子は、ナルニアの民に遭遇し、城から持ち出した角笛を吹き鳴らしてしまう。
一方、ナルニアから第二次大戦下のロンドンに戻っていたペヴェンシー兄妹は、王子の角笛により、滅亡したナルニアに舞い戻ってし
まう・・・。
__________

子供達は少し成長し、カスピアン王子という新たなヒーローが登場する第二話で、序章の前作とは違い、冒頭から主人公の4人は、かなり勇ましい雰囲気で、各々が役割を見事に果たし大活躍する。

ルーシー役のジョージー・ヘンリーが急に成長し、愛らしさがなくなった感じはするが、本作でも重要な役割を果たす。

ナルニアへの戻り方など、全体的に前作とは違ったイメージにした工夫が見られて、迫力とスケールも増している。

北米興行収入は、前作の半分以下に落ち込んでしまい、全世界でも4割以上減ってしまったが、4億ドルを上回る、普通の作品であれば大ヒットと言える成績は残している。

制作費 $200,000,000
北米興行収入 $141,614,020
世界 $419,651,410

原作ファンの注目は、小さなネズミの戦士リーピチープの映像化だろうが、この人気キュラクターの奮闘ぶりもユーモアたっぷりで実に楽しい。

テルマール人との最初の戦いで、カスピアン王子とピーターの息が合わずに失敗したり、王子とスーザンのほのかな恋愛も、現実に戻るために諦めるしかないところなどは、若者達の弱い内面や、大人へと成長していくために、通らねばならない試練などを見事に表現している。

クライマックスの戦闘シーンなどは、確かに前作を凌ぐ迫力ではあるが、「ロード・オブ・ザ・リング」の亜流と言われても仕方がないほどよく似ている。

花火をバックにした城のショットだが、いかにもというディズニーの宣伝手法は、ややシラケ気味だ。

無難に王子を演ずるベン・バーンズ、その王位を狙うセルジオ・カステリット、彼のやり方に賛同できなくなる部下役のピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ネズミ戦士リーピチープの声エディ・イザード、アスランの声リーアム・ニーソン、ナルニアの中で最も活躍が目立ったピーター・ディンクレイジ、裏切り者ワーウィック・デイヴィス、王子に角笛を渡す博士役のヴィンセント・グラス、強かに支配権を狙うダミアン・アルカザール、そしてわずかな登場ながら、前作に続く白い魔女として登場するティルダ・スウィントンらが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020