4234 Movies

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1950年から出版されて、全世界で8500万部が発行された、イギリスの作家C.S.ルイスによるファンタジー巨編「ナルニア国物語」全7巻シリーズ第1章「ライオンと魔女」の映画化。
製作、監督、脚本アンドリュー・アダムソンウィリアム・モーズリーアナ・ポップルウェルスキャンダー・ケインズジョージー・ヘンリーリーアム・ニーソンティルダ・スウィントンジム・ブロードベントジェームズ・マカヴォイ他共演。


ファンタジー

ジェームズ・マカヴォイ / James McAvoy / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アンドリュー・アダムソン
製作
アンドリュー・アダムソン

ペリー・ムーア
マーク・ジョンソン
原作:C・S・ルイス
脚本
アンドリュー・アダムソン

クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー
アン・ピーコック
撮影:ドナルド・マカルパイン
編集
シム・エヴァン=ジョーンズ

ジム・メイ
音楽
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

エイミー・リー

出演
ピーター・ペヴェンシー:ウィリアム・モーズリー

スーザン・ペヴェンシー:アナ・ポップルウェル
エドマンド・ペヴェンシー:スキャンダー・ケインズ
ルーシー・ペヴェンシー:ジョージー・ヘンリー
アスラン(声): リーアム・ニーソン
ジェイディス/白い魔女:ティルダ・スウィントン
ディゴーリー・カーク教授:ジム・ブロードベント
タムナス:ジェームズ・マカヴォイ
モーグリム(声):マイケル・マドセン
ビーバー(声):レイ・ウィンストン
ビーバーの妻(声):ドーン・フレンチ
キツネ(声):ルパート・エベレット
マクレディ:エリザベス・ホウソーン
ファザー・クリスマス:ジェームズ・コスモ

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
2005年製作 135分(150分/特別編)
公開
北米:2005年12月9日
日本:2006年3月4日
製作費 $180,000,000
北米興行収入 $291,709,850
世界 $718,262,640


アカデミー賞 ■
第78回アカデミー賞
・受賞
メイクアップ賞
・ノミネート
録音・視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1940年、ロンドン北部フィンクリー
第二次世界大戦下、”バトル・オブ・ブリテン”の頃。
ペヴェンシー家の4人の兄妹ピーター(ウィリアム・モーズリー)、スーザン(アナ・ポップルウェル)、エドマンド(スキャンダー・ケインズ)、そしてルーシー(ジョージー・ヘンリー)は、母親に別れを告げ疎開先のクームに向かう。

子供達を預かる、ディゴーリー・カーク教授(ジム・ブロードベント)の屋敷の使用人マクレディ(エリザベス・ホウソーン)に出迎えられた4人は、その後、退屈した時間を過ごす。

好奇心旺盛な子供達は、屋敷で遊び回るうちに、末っ子のルーシーが、大きな空き部屋の片隅にある衣装ダンスを見つける。

かくれんぼのつもりで入ったルーシーは、洋服の奥に、一面、銀世界の不思議な場所を見つける。

半獣のフォーンタムナス(ジェームズ・マカヴォイ)に出会ったルーシーは、そこが”ナルニア”と呼ばれる国だと知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考
・「
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」(2005)
・「
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」(2008)
・「
ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島」(2010)
———————-
ナルニア国物語」全7巻シリーズ
1
ライオンと魔女(1950年)”The Lion, the Witch and the Wardrobe”
2
カスピアン王子のつのぶえ(1951年)”Prince Caspian”
3
朝びらき丸 東の海へ(1952年)”The Voyage of the Dawn Treader”
4
銀のいす(1953年)”The Silver Chair”
5
馬と少年(1954年)”The Horse and His Boy”
6
魔術師のおい(1955年)”The Magician’s Nephew”
7
さいごの戦い(1956年)”The Last Battle”

*(簡略ストー リー)
1940年、第二次世界大戦下、ロンドン
バトル・オブ・ブリテン”の戦火を逃れて疎開した、ペヴェンシー家の4人の兄妹ピーター、スーザン、エドマンド、そしてルーシーは、滞在先であるカーク教授の屋敷に向かう。
ある日、好奇心旺盛な子供達が屋敷内で遊んでいると、末っ子のルーシーが、空き部屋で衣装ダンスを見つける。
それに入ったルーシーは、洋服の奥にある一面銀世界の不思議な国の存在を知る。
”ナルニア”と呼ばれるその国では、半身が獣のタムナスや、言葉を話す動物達が暮らす魔法の国だった。
そこは、その昔、偉大な王アスランが造ったのだが、冷酷な白い魔女によって、100年間、冬の世界にされていた。
そして、反逆者は石像にされてしまうという、暗黒の世界と化していた。
ルーシーは、早速、兄姉にそのことを知らせるのだが、信じてもらえるはずもなく、彼女は再びタンスの奥の国に向かう・・・。
__________

製作費1億8000万ドル、北米興行収入は約2億9200万ドル、全世界では、約7億1800万ドルの大ヒットとなった。

ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでもお馴染みの、ニュージーランドロケの素晴らしさは出色だ。

第78回アカデミー賞では、メイクアップ賞を受賞した。
・ノミネート
録音・視覚効果賞
全体的には、あらゆる年齢層が楽しめる、手抜きのない仕上がりになっている。
CGの動物などが、いかにも作り物に見えるところはやや気になるが、主役の4人の子供達の熱演は注目だ。
特に末っ子のルーシー役ジョージー・ヘンリーは、表情豊かで実に愛くるしい。

ティルダ・スウィントンの白い魔女の威圧感ある悪役ぶりもインパクトがあり印象的だ。

はじめから7部構成とわかっているので、「ロード・オブ・ザ・リング」(2001)の1作目のような、その後に続く終わり方かと思っていると、かなり盛り上がるクライマックスに満足出来る。

アスラン(リーアム・ニーソン/声)が、人間の子供が犯した罪をつぐなうために、自ら犠牲になり処刑されるものの、再び復活するシーンは、神学者でもある原作者C・S・ルイスが、この物語の背景にある、キリストを示唆するキャラクターとして描いている、象徴的な場面だ。

そのような、奥深いストーリーが世界中にファンを持つ理由だろう。

王となる4人の子供達ウィリアム・モーズリーアナ・ポップルウェルスキャンダー・ケインズジョージー・ヘンリー、アスランの声リーアム・ニーソン、女王/白い魔女のティルダ・スウィントン、子供達の疎開先の教授役のジム・ブロードベント、半獣フォーンジェームズ・マカヴォイ、声の出演で狼のマイケル・マドセン、ビーバーのレイ・ウィンストン、その妻役のドーン・フレンチ、キツネのルパート・エベレット、屋敷の使用人役エリザベス・ホウソーン、ファザー・クリスマスのジェームズ・コスモ等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020