4553 Movies

カリガリ博士 The Cabinet of Dr. Caligari (1920)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

夢遊病者を使った興行師の殺人事件と、それに隠された秘密を描く、”ドイツ表現主義”映画の第一作にして最高傑作であるサイレント映画。
監督ロベルト・ヴィーネ、主演ヴェルナー・クラウスコンラート・ファイトフリードリッヒ・フェーヘルリル・ダゴファー他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ロベルト・ヴィーネ

製作
エリッヒ・ポマー
ルドルフ・マイナート
脚本
ハンス・ヤノヴィッツ
カール・マイヤー
撮影:ウィリー・ハマイスター
音楽:ジュゼッペ・ベッチェ

出演
カリガリ博士:ヴェルナー・クラウス
チェザーレ:コンラート・ファイト
フランシス:フリードリッヒ・フェーヘル
ジェーン・オルセン:リル・ダゴファー
アラン:ハンス・ハインツ・フォン・トワルドウスキー
オルセン博士:ルドルフ・レッティンゲル
アイン・ヴァーブレッカー:ルドルフ・クライン=ロッゲ

アメリカ 映画
配給 Decla Film
1920年製作 74分
公開
ドイツ:1920年2月26日
北米:1921年3月19日
日本:1921年5月14日
製作費 $18,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ベンチに座りながら、亡霊にとり憑かれたために家族を捨てることになったと言う老人の話を聞くフランシス(フリードリッヒ・フェーヘル)は、現れたジェーン・オルセン(リル・ダゴファー)が歩き去った後に、婚約者であることを老人に伝える。

自分とジェーンは、あなたよりはるかに恐ろしい体験をしたと言うフランシスは、その話を始める。
__________

ホルステンヴァル。
開催されていたカーニバルに、興行師であるカリガリ博士(ヴェルナー・クラウス)が現れる。

親友のアラン(ハンス・ハインツ・フォン・トワルドウスキー)に誘われたフランシスは、カーニバルに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ベンチに座っていたフランシスは、通り過ぎるジェーンを見ながら、自分達が体験した恐ろしい出来事を老人に話し始める・・・。
ホルステンヴァルの町でカーニバルが開催され、興行師のカリガリ博士は、夢遊病者のチェザーレを使った見世物を始める。
親友のアランに誘われてカーニバルに向かったフランシスは、カリガリ博士のショーを見る。
預言者であるチェザーレに自分の寿命を尋ねたアランは、”明日の朝までに死ぬ”と言われて動揺する。
その頃、町では市の職員が殺され死体が発見される。
翌朝、アランが殺されたことを知ったフランシスは驚き、心を寄せるジェーンにそれを伝える。
ジェーンの父オルセン博士にカリガリ博士とチェザーレの予言のことを話したフランシスは、二人のことを調べようとするのだが・・・。
__________

第一次大戦前からジ始まった”ドイツ表現主義”の映画製作において、その第一作にして最高傑作と言われるサイレント作品。

夢遊病者を使った興行師”カリガリ博士”による恐ろしい殺人事件が描かれている内容で、実は精神病院の院長だった興行師は、古い論文に記されていることを再現しようとした”狂人”であったと分かる展開だけでも、当時の作品にしては凝っている脚本が実に興味深い。

更に、この物語が精神患者の妄想だと分かるクライマックスは、当時の人々をどれだけ驚かせたかが想像できる。

ドイツ表現主義”の芸術性を最大限に生かし表現したセットの素晴らしさなども含めて、後世に多大なる影響を与えた世界の映画市場に残る傑作と言える作品である。

カーニバルの興行師として夢遊病者を操り殺人を繰り返す”カリガリ博士”と精神病院の院長を演ずるヴェルナー・クラウス、妖気漂う夢遊病者”チェザーレ”を怪演するコンラート・ファイト、物語を語り殺人事件の解決に奔走するものの、実はすべてが彼の妄想だったと分かる青年フリードリッヒ・フェーヘル、その親友で殺害されるハンス・ハインツ・フォン・トワルドウスキー、二人が心を寄せる女性リル・ダゴファー、その父親ルドルフ・レッティンゲル、殺人未遂容疑で逮捕される男ルドルフ・クライン=ロッゲなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021