4238 Movies

天国の青い蝶 The Blue Butterfly (2004)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人付き合いの悪い国際的昆虫学者と、魔法の蝶と言われる”ブルーモルフォ”に魅せられた末期癌の少年との親交がやがて奇跡を起こすという、主演ウィリアム・ハートマーク・ドネイトパスカル・ビュシエール他共演、監督レア・プールによるファンタジー・タッチのヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:レア・プール
製作総指揮
フランシーヌ・アレール
アーニー・ゲルバート
マイケル・ハジャッグ
製作
クロード・ボーナン
マイケル・ハジャッグ
アーニー・ゲルバート
脚本:ピート・マコーマック

撮影:ピエール・ミニョー
編集:マイケル・アーカンド
音楽:スティーヴン・エンデルマン

出演
ウィリアム・ハート:アラン・オズボーン
マーク・ドネイト:ピート・カールトン
パスカル・ビュシエール:テレサ・カールトン
ラオール・トゥルヒロ:アレホ
マリアネッラ・ジメンツ:ヤナ

カナダ/アメリカ/イギリス 映画
配給 Galafilm Productions
2004年製作 97分
公開
カナダ:2004年2月20日
北米:2004年10月22日
日本:2004年8月14日
製作費 CAD 12,500,000
北米興行収入 $1,755,360


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
脳腫瘍に侵された末期癌の少年ピート・カールトン(マーク・ドネイト)は、母テレサ(パスカル・ビュシエール)と、世界的昆虫学者アラン・オズボーン(ウィリアム・ハート)の講演会に向かう。

ピートは、会場でオズボーンに話しかけて、世界一美しく神秘的な蝶”ブルーモルフォ”を見てみたいことを伝える。

テレサからの頼みにも拘らず、多忙と時期が遅いことを理由に、オズボーンはその申し入れを断ってしまう。

ブルーモルフォに魅せられているピートは、諦めずに何度もオズボーンに自分の気持ちを伝える。

自分の残された命の短さを知るピートは、ブルーモルフォを見るために単身南米に向かおうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
脳腫瘍に侵された末期癌の少年ピートは、母テレサと、世界的昆虫学者アラン・オズボーンの講演会に向かう。
ピートは、世界一美しく神秘的な蝶”ブルーモルフォ”を見てみたいことをオズボーンに伝え、それを実現させるために、彼に協力してもらおうとする。
オズボーンは、頑なにそれを拒むが、ピートやテレサは諦めずに自分達の気持ちを伝える。
願いが叶いそうもないピートが、単身で南米に向かおうとしたため、オズボーンは彼の熱意に心打たれ要望を受け入れる。
テレサも同行し、現地に向かったオズボーンだったが、残された”ブルーモルフォ”の生息期間と、ピートの質問攻めに頭を悩ませてしまう・・・。
__________

1987年に、昆虫学者ジョージス・ブロッサールが、末期癌の少年デヴィッド・マレンジャーと共に、”ブルーモルフォ”を捜す旅に出て、帰国後、デヴィッドの癌が消えていたという奇跡の実話を基にした感動のストーリー。

魅惑の蝶として、象徴的に描かれる”ブルーモルフォ”の他、熱帯植物やその自然、昆虫達のクローズアップなどが実に美しく描写されている映像が印象的な作品。

いかにも学者タイプの、やや人間嫌いな昆虫学者を演ずるウィリアム・ハートは、ユーモアもまじえ、実力派らしい、しっとりとした自然な演技を見せてくれる。

ブルーモルフォ”に魅せられ、夢を追う少年マーク・ドネイト、母親パスカル・ビュシエール、村のガイド、ラオール・トゥルヒロ、その娘役のマリアネッラ・ジメンツなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020