4450 Movies

最前線物語 The Big Red One (1980)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

第一次大戦を生き残った兵士が、軍曹として従軍した第二次大戦で4人の兵士と共に戦い抜く姿を描く、監督、脚本サミュエル・フラー、主演リー・マーヴィンマーク・ハミルロバート・キャラダイン他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト
監督:サミュエル・フラー

製作:ジーン・コーマン
脚本:サミュエル・フラー
撮影:アダム・グリーンバーグ
編集:モートン・チューバー
音楽:ダナ・カプロフ

出演
軍曹:リー・マーヴィン
グリフ二等兵:マーク・ハミル
ザブ二等兵:ロバート・キャラダイン
ヴィンチ二等兵:ボビー・ディ・シッコ
ジョンソン二等兵:ケリー・ウォード
シュローダー軍曹:ジークフリート・ラウヒ
ワルーン:ステファーヌ・オードラン

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(初公開)
ユナイテッド・アーティスツ(再公開)
1980年製作 113分 再公開版162分(2004)
公開
北米:1980年7月18日
日本:1981年1月31日
製作費 $4,000,000
北米興行収入 $7,206,200


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1918年11月、第一次大戦下、フランス
アメリカ陸軍第1歩兵師団の二等兵(リー・マーヴィン)は、小銃を馬に踏みつけられる。

二等兵は、終戦だと言って近づいて来たドイツ兵をトレンチナイフで刺し殺す。

塹壕に戻った二等兵は、馬に小銃を踏みつけられたことを大尉に話す。

殺した敵兵の帽子に付いていた赤い帯を奪ってきた二等兵は、それが”第1歩兵師団”の記章に使えるのではないかと大尉に伝える。

1時間前に殺したと知った大尉は、4時間前に休戦になったことことを二等兵に知らせる。

その赤い線は、第1歩兵師団の記章”ザ・ビッグ・レッド・ワン”となる。

1942年11月、北アフリカ
アメリカ陸軍第1歩兵師団は、上陸地点に向かう。

第16連隊第1小隊第1分隊の軍曹(リー・マーヴィン)は、射撃の名手グリフ二等兵(マーク・ハミル)、農家出身のジョンソン二等兵(ケリー・ウォード)、サックス奏者のヴィンチ二等兵(ボビー・ディ・シッコ)、ヘミングウェイ気取りのザブ二等兵(ロバート・キャラダイン)らと、ビシー政権下のフランス軍の出方などを考える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1918年11月第一次大戦下、フランス
アメリカ陸軍第1歩兵師団の二等兵は、終戦を知らずに敵兵を殺してしまう。
1942年11月、北アフリカ第1歩兵師団の軍曹は、24年前の終戦の日を想いながら、部下グリフら若い4人の兵士達と共に上陸して戦う。
戦闘は殺人だと言うグリフに対し、”殺す”という考えに徹することだと諭す軍曹は、その後も部下と共に戦いを続ける。
チュニジアで負傷し病院に収容され部隊に戻った軍曹は、生き残った部下達と再会する。
1943年、シチリアに上陸し、補充兵はたちまち命を落とすものの、軍曹と4人の兵士は奇跡的に生き残る。
1944年、ノルマンディー上陸作戦の激戦地オマハ・ビーチでも部下と共に生き残った軍曹は、第一次大戦で終戦の日を迎えた戦地に向かう・・・。
__________

第二次大戦で従軍し、北アフリカからヨーロッパ戦線で戦ったサミュエル・フラー自身の体験を基に、彼の脚本により製作された作品。

物語の主人公達が所属するアメリカ陸軍第1歩兵師団に配属されて戦ったサミュエル・フラーは、”シルバースター”、”ブロンズスターメダル”、”パープルハート”などの勲章を受勲した英雄であり、クライマックスで描かれる、チェコスロバキアの強制収容所”Falkenau concentration camp”が1945年5月6日に解放された日にも部隊の一員としてそれに参加している。

厳しい戦闘場面だけでなく、各地で起きるエピソードでは愉快な出来事もあり、現地の人々との交流なども感動的に描かれている。

優秀ではあるが、初めて戦闘に参加した兵士が怯えてしまう心境を理解しながらも、”殺人”と”殺す”ことは別だと諭す上官の立場を厳しく描き、戦場では、生きることこそ勝利であると訴える、サミュエル・フラーの力強く、また様々な思いが込められたメッセージが伝わる見事な演出が光る作品。

原題の”The Big Red One”は、言うまでもないが、アメリカ陸軍第1歩兵師団の記章を意味し、師団そのものを指す呼称となっている。

第一次大戦を生き残り、第二次大戦でも再び同じ戦地に戻り、自らの体験を生かした考えと行動で、奇跡的に部下と共に生き延びて終戦を迎える古参兵の軍曹を演ずる、リー・マーヴィンの重厚な演技は印象的だ。

優秀な狙撃兵でありながら、戦闘の恐怖に怯えてしまう兵士マーク・ハミル、作家気取りの兵士ロバート・キャラダインイタリア系兵士のボビー・ディ・シッコ、農家出身の衛生兵ケリー・ウォードドイツ兵の軍曹ジークフリート・ラウヒなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021