4545 Movies

ポリスアカデミー Police Academy (1984)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

警察学校”ポリスアカデミー”を舞台にした人気コメディ・シリーズ第一作。
警官採用基準の一新で誰もが応募できるようになった警察学校で巻き起こる騒動を描く、監督、脚本ヒュー・ウィルソン、主演スティーヴ・グッテンバーグキム・キャトラルババ・スミスデヴィッド・グラフジョージ・ゲインズG・W・ベイリー他共演の爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ヒュー・ウィルソン

製作:ポール・マスランスキー
原案
ニール・イズラエル
パット・プロフト
脚本
ヒュー・ウィルソン
ニール・イズラエル
パット・プロフト
撮影:マイケル・D・マーガリーズ
編集
ロバート・ブラウン
ザック・ステンバーグ
音楽:ロバート・フォーク

出演
ケーリー・マホニー:スティーヴ・グッテンバーグ
カレン・トンプソン:キム・キャトラル
モーゼス・ハイタワー:ババ・スミス
ユージン・タックルベリー:デヴィッド・グラフ
ダグラス・ファックラー:ブルース・マーラー
ラヴァーン・フックス:マリオン・ラムジー
エリック・ラサール校長:ジョージ・ゲインズ
サデウス・ハリス警部補:G・W・ベイリー
デビー・キャラハン巡査部長:レスリー・イースターブルック
ヘンリー・J・ハースト本部長:ジョージ・R・ロバートソン
ラーヴェル・ジョーンズ:マイケル・ウィンスロー
ジョージ・マルティン:アンドリュー・ルービン
レスリー・バーバラ:ドノヴァン・スコット
カイル・ブランクス:ブラント・フォン・ホフマン
チャド・コープランド:スコット・トムソン
リード警部:テッド・ロス
悪党:ダグ・レノックス
ファックラー夫人:デブラリー・スコット

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1984年製作 96分
公開
北米:1984年3月23日
日本:1984年10月27日
製作費 $4,500,000
北米興行収入 $81,198,89
世界 $1,460,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
新市長メアリー・スー・ビールは、警察官採用基準を一新し全ての制限を撤廃したため、とんでもない連中が応募してしまうことになる。

警官になることを夢見るミリタリー・マニアの警備員のユージン・タックルベリー(デヴィッド・グラフ)は、警察学校に入る予定だった。

駐車場係をしていたケーリー・マホニー(スティーヴ・グッテンバーグ)は、客と揉めて騒ぎを起こし、警官に逮捕されてしまう。

常習犯のマホニーは、父親の友人であったリード警部(テッド・ロス)のお蔭で今まで大目に見てもらっていたが、今回ばかりは許してもらえず、警察学校に入るよう命ぜられる。

仕方なくそれに従ったマホニーは、同じ逮捕者で医師だというラーヴェル・ジョーンズ(マイケル・ウィンスロー)と共に警察学校に向かうことになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ポリスアカデミー」(1984)
・「ポリスアカデミー2」(1985)
・「ポリスアカデミー3」(1986)
・「ポリスアカデミー4」(1987)
・「ポリスアカデミー5」(1988)
・「ポリスアカデミー6」(1989)
・「ポリスアカデミー7」(1994)

*(簡略ストー リー)
新市長による警察官採用基準の一新で、だれでも応募できるようになった警察学校に訓練生が集まる。
つまらぬ犯罪で逮捕を繰り返していたケーリー・マホニーは、今回ばかりは許せないと警部に言われ、警察学校に入れられる。
市長の考えに従う気のないハースト長官は、クズのような訓練生を自発的にやめさせるよう仕向けることをラサール校長に命じ、それをハリス警部補に任せる。
直ぐにでもやめる気だったマホニーは、ハリスに目を付けられるものの、訓練生である富豪令嬢のトンプソンに惹かれてしまう。
厳しい訓練が続く中、自分だけが24週間の特別訓練を受けることになっていたマホニーは、仲間達と共にハリスの嫌がらせに抵抗するのだが・・・。
__________

お馴染みのテーマ曲に乗り、1980年代を思い起こさせてくれる(代表する)人気コメディ・シリーズで、7作目以外は1984年以来毎年公開され、風物詩のようにファンに愛された作品。

従来の警察官採用基準を撤廃して、誰でも応募できるという、いかにもアメリカらしいバカバカしい発想が笑える。

個性的な登場人物が巻き起こす騒動、お色気やユーモアも満載であり、人情味溢れるシーンなども盛り込まれた見所の多い作品に仕上がっている。

”クズの集まり”だと罵られる訓練生は、失敗を繰り返すものの結構真面目であり、管理者側の間抜け度合いが上回っているところなどがまた可笑しい。

製作費が450万ドルでありながら、北米興行収入は約8200万ドル、全世界では1億4600万ドルという期待以上の大ヒットとなったためにシリーズ化された。

無理矢理入れられた警察学校で悪戦苦闘しながらも、恋や名誉を手に入れるスティーヴ・グッテンバーグ、彼と愛し合うようになる富豪令嬢キム・キャトラル、心優しく頼りになる巨漢のババ・スミス、ミリタリー・マニアのデヴィッド・グラフ、妻(デブラリー・スコット)の反対を無視して警官になるブルース・マーラー、気が弱い女性マリオン・ラムジー、声帯模写が得意のマイケル・ウィンスロー、プレイボーイのアンドリュー・ルービン、チンピラにいじめられていたため警官になるドノヴァン・スコット、訓練生をいびる班長に任命される二人組ブラント・フォン・ホフマンスコット・トムソン、能天気な校長ジョージ・ゲインズ、訓練の指揮を執る意地の悪い警部補G・W・ベイリー、その部下で訓練指導担当の巡査部長レスリー・イースターブルック、警察本部長ジョージ・R・ロバートソン、街の悪党ダグ・レノックス、主人公を警察学校に入れる警部テッド・ロスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021