4311 Movies

ポリスアカデミー2 Police Academy 2: Their First Assignment (1985)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人気コメディ・シリーズ第2作。
最悪の犯罪地帯の分署に配属された警察学校”ポリスアカデミー”を卒業したばかりの警官が巻き起こす騒動を描く、監督ジェリー・パリス、主演スティーヴ・グッテンバーグババ・スミスデヴィッド・グラフマイケル・ウィンスロー他共演の爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジェリー・パリス

製作:ポール・マスランスキー
製作総指揮:ジョン・ゴールドウィン
脚本
バリー・W・プロースタイン
デヴィッド・シェフィールド
撮影:ジェームズ・クレイブ
編集:ボブ・ワイマン
音楽:ロバート・フォーク

出演
ケーリー・マホニー:スティーヴ・グッテンバーグ
モーゼス・ハイタワー:ババ・スミス
ユージン・タックルベリー:デヴィッド・グラフ
ラーヴェル・ジョーンズ:マイケル・ウィンスロー
マウザー警部補:アート・メトラーノ
ダグラス・ファックラー:ブルース・マーラー
ラヴァーン・フックス:マリオン・ラムジー
キャサリン・カークランド:コリーン・キャンプ
プロクター巡査部長:ランス・キンジー
ピーター”ピート”ラサール署長:ハワード・ヘスマン
エリック・ラサール校長:ジョージ・ゲインズ
ゼッド・マクグランク:ボブキャット・ゴールドスウェイト
カール・スウィートチャック:ティム・カズリンスキー
ビニー・シュトゥルマン:ピーター・ヴァン・ノーデン
ヘンリー・J・ハースト本部長:ジョージ・R・ロバートソン
カークランド:アーサー・バタニズ
カークランド夫人:ジャッキー・ジョセフ
バド・カークランド:アンドリュー・パリス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1985年製作 87分
公開
北米:1985年3月29日
日本:1985年7月6日
製作費 $7,600,000
北米興行収入 $55,337,040


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
街の悪党集団のボス、ゼッド・マクグランク(ボブキャット・ゴールドスウェイト)は、照明器具店の店主カール・スウィートチャック(ティム・カズリンスキー)を襲う。

16分署。
ヘンリー・J・ハースト本部長(ジョージ・R・ロバートソン)は、最悪の犯罪地区であることを署長ピーター”ピート”ラサール署長(ハワード・ヘスマン)に伝えて追及する。

予算と人員不足で仕方がないというラサールに対し、30日以内に分署内の成績を上げなけらば、署長交代させることをハーストは伝える。

新しい部下が必要だと言うラサールに、6名の補充を認めたハーストはその場を去る。

その話を聞いていたマウザー警部補(アート・メトラーノ)は、ハーストの意見に賛成し、ラサールが失敗した場合は署長に昇進させると言われる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「ポリスアカデミー」(1984)
・「ポリスアカデミー2」(1985)
・「ポリスアカデミー3」(1986)
・「ポリスアカデミー4」(1987)
・「ポリスアカデミー5」(1988)
・「ポリスアカデミー6」(1989)
・「ポリスアカデミー7」(1994)

*(簡略ストー リー)
最悪の犯罪地帯である16分署の署長ラサールは、ハースト本部長から、成績を上げなければ署長交代だと言われる。
補充要員を認められたラサールは、警察学校の校長である兄ラサールに連絡して若い警官を派遣してもらう。
マホニーら6人を迎えたラサール署長は、彼らに期待して勤務に就かせる。
ラサールが失敗した場合は、自分が署長になることをハーストから約束されていたマウザー警部補は、マホニーらがしくじるように画策するのだが・・・。
__________

全世界で期待以上の評判となり、製作費の30倍以上の大ヒット(1億4600万ドル)を記録しシリーズ化された第二作。

タイトルは”ポリスアカデミー”なのだが、舞台は警察学校ではなく、無事に卒業した新米警官が、最悪の犯罪地帯に配属させられるという設定が実にユニーク。

愛すべきキャラクターとなった警察学校長ラサールの登場が少ないのが寂しいものの、要所要所で愉快な演技を見せてくれる。
彼が、署長を務める弟の分署の危機を救うために、ドジな新米警官を送り込むという内容がまた可笑しい。

分署内の権力争いに巻き込まれる主人公らが、チームワークを発揮して事件を解決するまでを描くストーリーは、前作とは全く違う雰囲気であり十分に楽しめる。

北米興行収入は前作に比べて30%以上減るものの(約5500万ドル)、次回作も是非観たくなる気持ちにさせてくれる楽しい作品だ。
*第一作、北米興行収入 $81,198,894

世話になった警察学校長の弟である分署長を助けるために奮闘するスティーヴ・グッテンバーグ、その同僚で、圧倒的な迫力で迫る巨漢のババ・スミス、今回は女性警官(コリーン・キャンプ)と恋に落ちて結婚するデヴィッド・グラフ、声帯模写で相手を翻弄するマイケル・ウィンスロー、同僚警官のブルース・マーラー、同じく女性警官のマリオン・ラムジー、主人公らの失態による署長昇進を画策する警部補アート・メトラーノ、その部下である巡査部長ランス・キンジー、主人公らの協力で署長交替の危機を乗り越えるハワード・ヘスマン、その兄である警察学校校長ジョージ・ゲインズ、街の悪党集団のリーダーをキレた演技で印象的に演ずるボブキャット・ゴールドスウェイト、照明器具店店主ティム・カズリンスキー、主人公の相棒となる警官ピーター・ヴァン・ノーデン、本部長ピーター・ヴァン・ノーデン、カークランド(コリーン・キャンプ)の両親アーサー・バタニズジャッキー・ジョセフ、弟アンドリュー・パリスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020