4512 Movies

ポリスアカデミー3 Police Academy 3: Back in Training (1986)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人気コメディ・シリーズ第3作。
廃校の危機を知った警察学校の卒業生達の、それを阻止するための奮闘を描く、監督ジェリー・パリススティーヴ・グッテンバーグババ・スミスデヴィッド・グラフマイケル・ウィンスロー他共演の爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジェリー・パリス

製作:ポール・マスランスキー
脚本:ジーン・クインターノ
撮影:ロバート・サード
編集:バド・モリン
音楽:ロバート・フォーク

出演
ケーリー・マホニー:スティーヴ・グッテンバーグ
モーゼス・ハイタワー:ババ・スミス
ユージン・タックルベリー:デヴィッド・グラフ
ラーヴェル・ジョーンズ:マイケル・ウィンスロー
マウザー校長:アート・メトラーノ
ダグラス・ファックラー:ブルース・マーラー
ラヴァーン・フックス:マリオン・ラムジー
ゼッド・マクグランク:ボブキャット・ゴールドスウェイト
カール・スウィートチャック:ティム・カズリンスキー
バド・カークランド:アンドリュー・パリス
プロクター警部補:ランス・キンジー
エリック・ラサール校長:ジョージ・ゲインズ
デビー・キャラハン警部補:レスリー・イースターブルック
ヘンリー・J・ハースト本部長:ジョージ・R・ロバートソン
カイル・ブランクス:ブラント・フォン・ホフマン
チャド・コープランド:スコット・トムソン
カレン・アダムズ:ショーン・ウェズリー
ヘッジズ:デヴィッド・ヒューバンド
カークランド:アーサー・バタニズ
ファックラー夫人:デブラリー・スコット
ネルソン州知事:エド・ネルソン
娼婦:ジョージナ・スペルヴィン
悪党:ダグ・レノックス
ノガタ:ブライアン・トチ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1986年製作 83分
公開
北米:1986年3月21日
日本:1984年7月5日
北米興行収入 $42,747,092


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
警察学校の校長となっていたマウザー(アート・メトラーノ)と部下の警部補プロクター(ランス・キンジー)は、憎きケーリー・マホニー(スティーヴ・グッテンバーグ)と共に訓練を受けたカイル・ブランクス(ブラント・フォン・ホフマン)とチャド・コープランド(スコット・トムソン)に駐車場で会う。

1校が廃校になるという噂を聞いていたマウザーは、エリック・ラサール校長(ジョージ・ゲインズ)の警察学校を廃校させようとして、ラサール校のブランクスとコープランドに協力を求める。

ラサール校とマウザー校の合同卒業式に出席したネルソン州知事(エド・ネルソン)は、1校を廃校することを発表する。

評定委員会が2校を比較審査し、最終決定を下すことを州知事は伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ポリスアカデミー」(1984)
・「ポリスアカデミー2」(1985)
・「ポリスアカデミー3」(1986)
・「ポリスアカデミー4」(1987)
・「ポリスアカデミー5」(1988)
・「ポリスアカデミー6」(1989)
・「ポリスアカデミー7」(1994)

*(簡略ストー リー)
母校の警察学校ラサール校とマウザー校のどちらかが廃校することになり、評定委員会の比較審査が行われることになる。
ラサール校長は、マウザーがスパイを送り込んでいることも知らずに、卒業生のケーリー・マホニーらに協力を求める。
マホニーは、同僚のハイタワーやタックルベリーらと共に、悪党から改心したゼッド、彼に襲われていたスウィートチャックなどドジな訓練生と共に、マウザーの妨害に対抗するのだが・・・。
__________

廃校の危機を救うため母校に戻った警官達が巻き起こす騒動を描くドタバタ・コメディ。

シリーズ3作目となり、話しのネタも尽きたかと思いきや、新キャラクターの活躍や様々なアイデアで楽しませてくれる。

多くの登場人物の個性を生かし、それぞれに平均的に活躍の場を与えているところがポイントで、クライマックスの水上アクションも迫力十分であり、飽きずに観られる快作に仕上がっている。

シリーズのテーマとも言えるチームワークや、ラサール校長への信頼と尊敬なども確りと描かれているところも注目したい。

警官らしくなりリーダー格として仲間達を勇気づけるスティーヴ・グッテンバーグ、その同僚の巨漢ババ・スミス、悪を憎み容赦しないデヴィッド・グラフ、今回も声帯模写が冴えるマイケル・ウィンスロー、同僚警官で、妻(デブラリー・スコット)と共に母校に向かうもののその後は登場しないブルース・マーラー、要所要所で活躍する気弱な女性警官マリオン・ラムジー、本作ではライバル校の校長役のアート・メトラーノ、その部下であるドジな警部補ランス・キンジー、廃校の危機を乗り越える警察学校校長ジョージ・ゲインズ、悪党から改心して警官になるボブキャット・ゴールドスウェイト、同じく照明器具店店主から警官になるティム・カズリンスキー、ラサール校の指導教官レスリー・イースターブルック、本部長のジョージ・R・ロバートソン、タックルベリー(デヴィッド・グラフ)の義弟で経験になるアンドリュー・パリス、その父アーサー・バタニズ、1作に続いて登場の、主人公らの妨害するブラント・フォン・ホフマンスコット・トムソン、主人公が惹かれる訓練生で元ミス・ユニーバースショーン・ウェズリー、富豪の訓練生デヴィッド・ヒューバンド、州知事のエド・ネルソン、1作目でも登場した娼婦ジョージナ・スペルヴィン、同じく1作目にも登場した悪党のダグ・レノックス、日本人の訓練生ブライアン・トチなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021