That's Movie Talk!     4099 Movies

二人でお茶を Tea for Two (1950)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大恐慌で財産を失いかけた富豪令嬢がショーの出資者となり奮闘する姿を描く、監督デヴィッド・バトラー、主演ドリス・デイゴードン・マクレージーン・ネルソンイヴ・アーデンビリー・デウルフ他共演のミュージカル。


ミュージカル

ドリス・デイ / Doris Day / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・バトラー

製作:ウィリアム・ジェイコブス
原案
フランク・マンデル
オットー・ハーバック
ヴィンセント・ユーマンス
エミル・ナイトレイ
脚本:ハリー・クローク
撮影:ウィルフリッド・M・クライン
編集:イレーネ・モーラ
音楽:ヴィンセント・ユーマンス

出演
ナネット・カーター:ドリス・デイ
ジミー・スミス:ゴードン・マクレー
トミー・トレーナー:ジーン・ネルソン
ポーリーン・ヘイスティングス:イヴ・アーデン
ラリー・ブレア:ビリー・デウルフ
ウィリアム・アーリー:ビル・グッドウィン
メイベル・ワイリー:ヴァージニア・ギブソン
J.マックスウェル”マックス”ブルームハウス:S.Z.サカル
ベアトリス・ダーシー:パトリス・ワイモア
スティーヴンス:クローフォード・ケント
リン・スミス:エリノア・ドナヒュー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2050年製作 98分
公開
北米:1950年9月2日
日本:1952年6月7日
製作費 $1,103,000
北米興行収入 $3,652,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
富豪である実業家のJ.マックスウェル”マックス”ブルームハウス(S.Z.サカル)は、姪のナネット・カーター・スミス(ドリス・デイ)のアパートを訪ねる。

ナネットの娘リン(エリノア・ドナヒュー)と息子のリチャードが友人達を呼んで騒ぎ、1920年代のことを馬鹿にしている姿を見たマックスは、彼女らに当時の話を始める。

1929年。
大恐慌で株価が急落し、資産を株に投資していたマックスは窮地に立たされる。

マックスは、国債を買うようにという弁護士ウィリアム・アーリー(ビル・グッドウィン)の助言を聞かなかったことを後悔する。

何も知らないナネットは、作曲家でピアニストのジミー・スミス(ゴードン・マクレー)とダンサーのトミー・トレーナー(ジーン・ネルソン)から、大金持ちなのにレッスンをする理由を訊かれ、舞台に出演したいことを伝える。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
大富豪令嬢のナネット・カーターは、叔父マックスが大恐慌により株式投資に失敗したことを知らない。
そんなナネットは、作曲家でピアニストのジミーやダンサーのトミーと共に、ブロードウェイのショーに出演することを夢見ていた。
プロデューサーのラリーは、ショーを成功させるために、ジミーとトミーを巻き込んでナネットに2万5000ドル出資させようとする。
その頃、ナネットに真実を話したマックスは、48時間”ノー”と言い続ければ2万5000ドルを渡すという賭けに乗るのだが・・・。
__________

1925年のステージ・ミュージカル”No, No, Nanette”にヒントを得て製作された作品。

サイレント時代は俳優として活躍し、トーキー時代と共に監督に転身したデヴィッド・バトラーの作品で、各キャラクターの個性を活かした愉快なミュージカルとして大いに楽しめる。

デビュー間もないドリス・デイの魅力は特筆すべきであり、スクリーンに映える健康的な輝くような美しさ、魅力的な歌声を聴けるだけで十分に価値のある作品。

ドリス・デイと共に見事な歌声を披露してくれるゴードン・マクレー、その友人である、軽快なダンスが印象的なジーン・ネルソン、主人公のアシスタントを味のある演技で演ずるイヴ・アーデン、ショーのために主人公を利用しようとするものの、どこか憎めない演技で楽しませてくれるビリー・デウルフ、主人公の叔父を愉快に演ずるS.Z.サカル、その弁護士ビル・グッドウィン、コーラスガールのヴァージニア・ギブソン、主人公をライバル視してショーの主役を狙うパトリス・ワイモアエロール・フリン夫人)、主人公の屋敷の執事クローフォード・ケント、主人公の娘エリノア・ドナヒューなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up