4234 Movies

シリアナ Syriana (2005)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2003年に発表された、元CIA工作官ロバート・ベアの回顧録”See No Evil”を基に製作された作品。
中東の産油国を舞台にした石油利権を巡る陰謀とCIAの工作活動を描く、製作スティーヴン・ソダーバーグ、製作、主演ジョージ・クルーニー、共演マット・デイモンアマンダ・ピートクリス・クーパークリストファー・プラマーウィリアム・ハート、監督スティーヴン・ギャガンによる社会派サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ジョージ・クルーニー / George Clooney 作品一覧
マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧
マーク・ストロング / Mark Strong / Pinterest

スティーヴン・ソダーバーグ / Steven Soderbergh 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:スティーヴン・ギャガン
製作総指揮
ジョージ・クルーニー

スティーヴン・ソダーバーグ
ベン・コスグローヴ
ジェフ・スコール
アイヴァン・ライトマン
製作
ジェニファー・フォックス

ジョージア・カカンデス
マイケル・ノジック
原作:ロバート・ベアSee No Evil
脚本:スティーヴン・ギャガン

撮影:ロバート・エルスウィット
編集:ティム・スクワイアズ
音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演
ボブ・バーンズ:ジョージ・クルーニー

ブライアン・ウッドマン:マット・デイモン
ジュリー・ウッドマン:アマンダ・ピート
ジミー・ポープ:クリス・クーパー
ベネット・ホリデイ:ジェフリー・ライト
ディーン・ホワイティング:クリストファー・プラマー
スタン・ゴフ:ウィリアム・ハート
ダニー・ダルトン:ティム・ブレイク・ネルソン
ワシーム・カーン:マザール・ムニール
ハマド・アル・スバーイ:ナディム・サワラー
ナシール・アル・スバーイ王子:アレクサンダー・シディグ
メシャール王子:アクバール・クルサ
CIA本部長:ジェイン・アトキンソン
フレッド・フランクス:トム・マッカーシー
ムサウイ:マーク・ストロング
ドナルド:デヴィッド・クレノン
リーランド・ジャニス:ピーター・ゲレティ
シドニー・ヒューイット:ニッキー・ヘンソン
ロビー・バーンズ:マックス・ミンゲラ
テリー:ジェイミー・シェリダン
ベネット・ホリデイSr.:ウィリアム・C・ミッチェル
マリリン・リチャーズ:ヴィオラ・デイヴィス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2005年製作 127分
公開
北米:2005年11月23日
日本:2006年3月4日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $50,824,620
世界 $93,974,620


アカデミー賞 ■
第78回アカデミー賞
・受賞
助演男優賞(ジョージ・クルーニー)
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
イランテヘラン
CIA中東担当ベテラン情報員ボブ・バーンズ(ジョージ・クルーニー)は、高性能ミサイルを”青い眼のエジプト人”らに奪われる。

ワシントンD.C.
法律事務所の代表ディーン・ホワイティング(クリストファー・プラマー)は、弁護士ベネット・ホリデイ(ジェフリー・ライト)から、顧客である石油会社大手”コネックス”が、ペルシャ湾の天然ガス採掘権を中国に奪われ、”キリーン”という企業が、カザフスタンで未開発の大油田の採掘権を得たことなどを報告される。

両社は合併が予想されていたが、司法省が、キリーンの不正をマークしていたため、ホワイティングは、どのようにして油田採掘権を手に入れたのかを調べ、報告するようホリデイに指示を出す。

テキサス州、ヒューストン、コネックス本社。
キリーンのCEOジミー・ポープ(クリス・クーパー)は、今回の合併が大きな利益をもたらすことに自信を示す。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
イランテヘラン
中東担当のCIAベテラン情報員ボブ・バーンズは、高性能ミサイルをテロ組織に奪われてしまう。
ワシントンD.C.
同じ頃、法律事務所の代表のホワイティングは、弁護士ホリデイから、石油会社大手”コネックス”と合併が予想される小規模企業”キリーン”が、カザフスタンで未開発の大油田の採掘権を得たことなどを報告される。
司法省が、キリーンの不正をマークしていたため、ホワイティングは、油田採掘権を手に入れた方法を調べ、報告するようホリデイに指示を出す。
帰国したバーンズは、某産油国の王子ナシールをテロ組織支援者と判断し暗殺する計画のため、ベイルートに派遣される。
エネルギー・アナリストのウッドマンは、ナシール王子に気に入られ、経済アドバイザーとして側近になる。
ベイルートに着いたバーンズは、”ヒズボラ”に筋を通して、協力者ムサウイと共にナシーム王子拉致暗殺計画を進めようとするのだが・・・。
__________

国家、企業そして個人に絡むオイルマネー、利権、利益の複雑な仕組みが暗躍する社会と組織構造をリアルに描く作品で、「トラフィック」(2000)でアカデミー脚色賞を受賞した、脚本家として知られるスティーヴン・ギャガンの重厚な演出に圧倒される。

意味不明なチャラチャラした幼稚なものが、大人の社会まで席巻する、情報機関すら存在しない日本人には理解し難い物語・・・では済まされない、CIA工作官だったロバート・ベアの回顧録であることを考えれば、その内容はさらに興味深い。

冷静に観れば物語は単純で、タイトルを含めて、専門用語などにこだわり過ぎると混乱してしまう。

麻薬のような存在の”石油”をめぐる、石油会社、CIA、弁護士、経済アナリスト、産油国の王族、出稼ぎ労働などの、思惑、人生そして運命が絡み合いながら迎える、衝撃のクライマックスまで目を離せない。

第78回アカデミー賞では、助演男優賞(ジョージ・クルーニー)を受賞した。
・ノミネート
脚本賞

多くの登場人物を並行して描いているため、特定できる主演とは言えなかった助演扱いのジョージ・クルーニーは、髭を蓄えた太り気味で登場して、精悍さを捨てた哀れにも見える男を熱演している。

一般社会とかけ離れた、オイルマネーの支配社会に身を投じてしまう経済アナリスト、マット・デイモン、その妻アマンダ・ピート、バイタリティ溢れる一企業のCEOクリス・クーパー、その企業の合併の障害をなくそうとする弁護士ジェフリー・ライト、企業や産油国までもを動かそうとする黒幕のクリストファー・プラマー、主人公に助言する元CIAウィリアム・ハート、石油業界人ティム・ブレイク・ネルソン、自爆テロ犯となる労働者の青年マザール・ムニール、某産油国国王ナディム・サワラー、王子のアレクサンダー・シディグアクバール・クルサイランのスパイだったマーク・ストロングCIA本部長役のジェイン・アトキンソン、部下トム・マッカーシー、副長官のジェイミー・シェリダン、局員のヴィオラ・デイヴィス、巨大石油企業CEOピーター・ゲレティ、検事局のデヴィッド・クレノン、弁護士ニッキー・ヘンソン、主人公の息子マックス・ミンゲラ、ホリデイ(J・ライト)の父親ウィリアム・C・ミッチェルなど豪華キャストも注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020