4134 Movies

ソードフィッシュ Swordfish (2001)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

謎が謎を呼びストーリーを予測するのが困難なように、随所に仕掛けられた”罠”に観客が徐々にはまってしまうという、監督ドミニク・セナ、主演ジョン・トラボルタヒュー・ジャックマンハル・ベリードン・チードル他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ドミニク・セナ
製作総指揮
ブルース・バーマン
ジム・ヴァン・ウィック
製作
ジョナサン・D・クレイン

ジョエル・シルバー
脚本:スキップ・ウッズ
撮影:ポール・キャメロン

音楽
クリストファー・ヤング
ポール・オーケンフォルド

出演
ジョン・トラボルタ:ガブリエル・シアー
ヒュー・ジャックマン:スタンリー・ジョブソン
ハル・ベリー:ジンジャー・ノウルズ
ドン・チードル:J・T・ロバーツ
ヴィニー・ジョーンズ:マルコ
キャムリン・グライムス:ホリー・ジョブソン
サム・シェパード:ジェームズ・ライズマン上院議員
ルドルフ・マーチン:アクスル・トーバルズ
ザック・グルニエ:ビル・ジョイ
ウィリアム・メイポーザー:ガブリエルの部下
ドレア・ド・マッテオ::メリッサ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2001年製作 99分
公開
北米:2001年6月8日
日本:2001年11月3日
製作費 $102,000,000
北米興行収入 $69,772,970
世界 $147,080,410


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
銀行を襲い人質を取ったガブリエル・シアー(ジョン・トラボルタ)とFBI捜査官のJ・T・ロバーツ(ドン・チードル)の交渉に、ハッカーのスタンリー・ジョブソン(ヒュー・ジャックマン)が立ち会う。

話を終えて席を立ちカフェから出たガブリエルは、スタンリーと共に包囲されている銀行に戻る。

ガブリエルの部下(ウィリアム・メイポーザー)は、ベアリングが付いたC-4爆弾を身につけた人質の女性を連れて外に出る。

爆弾のことをガブリエルからの電話で知らされたロバーツは焦るが、狙撃手が部下を射殺する。

人質はに特殊部隊員に救出されるものの、人質の爆弾が爆発する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
NSA国家安全保障局)が最も恐れるハッカー、スタンリー・ジョブソンの元に、謎の美女ジンジャーが現れ、ボスに会うだけで10万ドル渡すと言われる。
別れた妻メリッサから娘のホリーを取り戻すために、スタンリーは仕方なくそれを引き受ける。
ジンジャーのボス、ガブリエル・シアーは、報酬1000万ドルを提示し、スタンリーにネットワークの暗号を解読するワームをプログラムさせようとする。
FBI捜査官ロバーツに逮捕され、コンピューターに近づくことさえ許されていなかったスタンリーは、娘ホリーのためにそれを引き受ける。
ロバーツは、スタンリーの動きに気づき、彼に接触して協力を求める。
ジンジャーがDEA麻薬取締局)捜査官だということを知り動揺するスタンリーは、かつてダミー会社を作り、麻薬資金の流れを掴もうとしたDEAが、その会社の資金が95億ドルもの莫大な金額に膨れ上がっていることを知らされる。
その極秘作戦“ソードフィッシュ”の裏金を、ガブリエルは強奪しようとしていたのだった・・・。
__________

ジョン・トラボルタの約2000万ドルのギャラに加え、巨額の製作費がかけられた超大作。
(製作費約1億ドル)

北米興行収入は期待ほどではなかったが、全世界で約1億4700万ドルのヒットとなった。

北米興行収入 $69,772,969

冒頭の30秒間にも及ぶスローモーションの爆破シーンで、600台のカメラを使った撮影が話題になった。
予備知識が何もないと、トラボルタの言動を含めて、このシーンは何が起きているのか不明な上、いきなり度肝を抜く凄まじいアクションで始まりショックを受ける。

長編作品は、「60セカンズ」(2000)他、数本しかないドミニク・セナだが、ジャネット・ジャクソンなど多くのミュージシャンのプロモーション・ビデオを手がけているだけあり、インパクトのある衝撃的なショットの連続は見応え十分だ。

いったい何者なのか?・・・謎の”テロリスト抹殺者”を演ずるジョン・トラボルタは、結局は元モサドの諜報員に扮していたということが判明するのだが、死んだと見せかけて資金を手に入れて計画を実行する不敵な笑みが印象的。
残念ながら彼はラジー賞候補になってしまったが、貫禄ある彼らしい演技を見せてくれる。

前年の「X-メン」(2000)でブレイクしたヒュー・ジャックマンが、混乱しながら犯人の生存と正体を明かさずに、娘との平穏な暮らしを選ぶホッとするラストがいい。
トラボルタと比べてもかなり大柄で(189cm)、ワイルドで実に見栄えのする役者であり、その後の活躍でそれが証明されることになる。

謎の美女ハル・ベリーも同じく「X-メン」に出演しているが、アクションでの魅力もさることながら、演技者としての実力も着実に築いていた頃で、同年の「チョコレート」(2001)でアカデミー主演賞を獲得することになる。

かつて捕まえた犯人に人情も見せるFBI捜査官、演技派ドン・チードルの出演もドラマに重みを加えている。

出番は少ないが、事件の黒幕の上院議員役でサム・シェパードが渋い演技を見せてくれる。

主人公のボディーガード兼右腕ヴィニー・ジョーンズ、スタンリー(ヒュー・ジャックマン)の娘キャムリン・グライムス、その母親ドレア・ド・マッテオ、国際的ハッカーのルドルフ・マーチンFBI副長官のザック・グルニエ、主人公の部下ウィリアム・メイポーザーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020