4551 Movies

帰らざる河 River of No Return (1954)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

過去のある子連れの農夫と酒場の女との関係と恋を描く、監督オットー・プレミンジャー、主演ロバート・ミッチャムマリリン・モンローロリー・カルホーン他共演による西部劇。


西部劇

マリリン・モンロー / Marilyn Monro / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:オットー・プレミンジャー

製作:スタンリー・ルービン
原作:ルイ・ランツ
脚本:フランク・フェントン
撮影:ジョセフ・ラシェル
編集:ルイス・R・レフラー
音楽:シリル・J・モックリッジ

出演
マット・コールダー:ロバート・ミッチャム
ケイ・ウェストン:マリリン・モンロー
ハリー・ウェストン:ロリー・カルホーン
マーク・コールダー:トミー・レティグ
サム・ベンソン:ダグラス・スペンサー
デイヴ・コルビー:マーヴィン・ヴァイ
神父:アーサー・シールズ
酒場の男:ジョン・ドーセット

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1954年製作 91分
公開
北米:1954年4月30日
日本:1954年8月24日
製作費 $2,195,000
北米興行収入 $3,800,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1875年、アメリカ北西部
ゴールド・ラッシュに湧く町に、男やもめのマット・コールダー(ロバート・ミッチャム)が、9歳の息子マーク(トミー・レティグ)を捜して訪れる。

マットは、男達が群がる酒場の歌手ケイ(マリリン・モンロー)に目もくれずにマークを捜す。

ビールを運んでいたマークをからかう男を叩きのめしたマットは、自分が誰か分からない息子に、父親であることを伝える。

証拠である母親の写真を見せたマットは、マークを信用させる。

ケイに別れを告げると言うマークは、酒場の歌手の彼女は親友だとマットに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1875年、アメリカ北西部
ゴールド・ラッシュに湧く町に現れた男やもめのマット・コールダーは、9歳の息子マークを捜す。
訳があり預けていたマークを見つけたマットは、息子が世話になっていた酒場の歌手ケイに感謝して農場に向かう。
ギャンブラーであるフィアンセのハリーが賭けで金鉱を手に入れたため、ケイは、彼と共に筏でカウンシル・シティに向かうことになる。
川を下るものの、筏を制御できなくなったハリーとケイは、マットに助けられる。
金鉱の登記を急ごうとするハリーは、マットを叩きのめして銃と馬を奪い、カウンシル・シティに向かう。
その直後、先住民の襲撃に気づいたマットは、農場を捨てて、ケイとマークと共に筏で川を下りハリーを追うのだが・・・。
__________

オットー・プレミンジャーの演出、ロバート・ミッチャムマリリン・モンローロリー・カルホーン他、当時の期待の中堅、若手スター豪華競演などが注目の作品。

西部劇の醍醐味に加えた筏での川下りのアクション、厳しい自然環境や先住民の脅威の中で生きる人々の逞しさを描く、オットー・プレミンジャーの力強い演出は見ものだ。

正統派西部劇の面白みを十分に楽しめる内容と、見所である筏での川下りの冒険的映像は迫力満点であり、過去を持つ男と酒場の女のロマンス、そして、先住民との戦いのシーンなども盛り込まれた見応えある娯楽作品。

既にキャリアを積んでいたロバート・ミッチャムは、30代半ばにして貫録十分で、辛い過去を持つやや影のある人物を見事に演じ、誇りある男としての生き方を息子に教え込む逞しい父親を熱演している。

前年(1953)、「ナイアガラ」、「紳士は金髪がお好き」、「百万長者と結婚する方法」に立て続けに出演して一気にブレイクしたマリリン・モンローの、異次元の美しささえ感じる魅力は一言では言い尽くせない。
演技力も見せながら、歌などもふんだんに披露してくれる彼女のパフォーマンスも見所の一つで、特にクライマックスでの、哀愁漂う主題歌を歌う彼女の姿に誰もが見とれるだろう。

ヒロインのフィアンセであるギャンブラーのロリー・カルホーン、主人公の息子トミー・レティグ、主人公らが出会う男達ダグラス・スペンサーマーヴィン・ヴァイ、主人公が町で話す神父アーサー・シールズ、酒場の男役でジョン・ドーセットも端役出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021