4551 Movies

レイジング・ブル Raging Bull (1980)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

そのタフな戦いぶりから”ブロンクスのレイジング・ブル/怒れる牡牛”と異名を誇った元世界ミドル級チャンピオン、ジェイク・ラモッタの自伝”Raging Bull: My Story”を基に彼の波乱の人生を描く、製作ロバート・チャートフアーウィン・ウィンクラー、監督マーティン・スコセッシ、主演ロバート・デ・ニーロキャシー・モリアーティジョー・ペシ他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト
監督:マーティン・スコセッシ
製作
ロバート・チャートフ
アーウィン・ウィンクラー
原作:ジェイク・ラモッタRaging Bull: My Story
脚本
ポール・シュレイダー
マーディク・マーティン

撮影:マイケル・チャップマン
編集:セルマ・スクーンメイカー

音楽:ピエトロ・マスカーニ

出演
ロバート・デ・ニーロジェイク・ラモッタ
キャシー・モリアーティヴィッキー・ラモッタ
ジョー・ペシジョーイ・ラモッタ
フランク・ヴィンセント:サルヴィ”バッツ”
ニコラス・コラサント:トミー・コモ
テレサ・サルダナ:レノラ・ラモッタ
ジョン・タトゥーロ:ダンス・パーティー会場の男
マーティン・スコセッシバルビゾン・プラザ・ホテルの舞台係

アメリカ 映画
配給ユナイテッド・アーティスツ
1980年製作 129分
公開
北米:1980年11月14日
日本:1981年2月7日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $23,334,953


アカデミー賞
第53回アカデミー賞
・受賞
主演男優(ロバート・デ・ニーロ
編集賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ジョー・ペシ
助演女優(キャシー・モリアーティ
撮影・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1964年、ニューヨークバルビゾン・プラザ・ホテル
元ボクシング世界ミドル級チャンピオンで、”ブロンクスのレイジング・ブル/怒れる牡牛”の異名を誇ったイタリア系アメリカ人のジェイク・ラモッタロバート・デ・ニーロ)が、ナイトクラブのショーを前にして楽屋で、お決まりの芸のリハーサルをしていた・・・。

__________

1941年クリーブランド
セコンドの弟ジョーイジョー・ペシ)の指示を受けて、最終ラウンドで相手を3度ダウンさせて試合を終えたジェイクだったが、判定で敗れてしまう。

ジェイクジョーイ、そして観客は納得することができずに、会場は大混乱となる。

ニューヨークブロンクスに戻ったジョーイは、街を牛耳るマフィアのトミー・コモ(ニコラス・コラサント)の手下サルヴィ”バッツ”(フランク・ヴィンセント)から、ボスと組むことを提案される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1941年。
ボクサーのジェイク・ラモッタは、弟ジョーイをセコンドにして試合を続けていた。
そんなジェイクは、ブロンド美少女ヴィッキーに一目惚れしてしまい、やがて二人は愛し合うようになる。
1943年、シュガー・レイ・ロビンソンを判定で下したジェイクだったが、わずか3週間後の再戦で判定負けしてしまう。
その後、連勝を続けたジェイクヴィッキーと結婚するものの、減量やトレーニングで苦しみ、さらに若い妻の浮気を心配する。
そんなジェイクに、街を牛耳るマフィアのトミー・コモと手下サルヴィが近づく。
その後トミーは、自分の縄張りで勝手なマネをするジェイクが気に障り、自分に義理を果たすようにと伝えて八百長を強要する。
1947年、仕方なくそれに従ったジェイクは、試合後にそれを後悔するものの、出場停止処分を受けてしまう・・・。
__________

公開当時は賛否両論で、若手の実力派俳優として、着実にキャリアを築き始めていたロバート・デ・ニーロマーティン・スコセッシのコンビにも拘らず、受け入れられなかった。
しかし、その後に評価が上がり、1980年代を代表する作品と言われるまでになった。

1990年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第53回アカデミー賞では、主演男優(ロバート・デ・ニーロ)と編集賞を受賞した。
・ノミネート
作品、監督、助演男優(ジョー・ペシ)、助演女優(キャシー・モリアーティ)、撮影、録音賞

タクシードライバー」(1976)に続く、デ・ニーロスコセッシの代表作であり、脚本も同じくポール・シュレイダー、製作は「ロッキー」(1976)などで知られるコンビ、ロバート・チャートフアーウィン・ウィンクラー

激しい映像とは対照的な、ピエトロ・マスカーニの優雅な音楽も印象に残る。

ボクサーとしての栄光よりも、主人公の人間性を生々しく描き、その後の長い人生を生き抜く逞しさの根底には、ファイターとしての意志が支えになっているという、マーティン・スコセッシの力強いメッセージが心を打つ。

傲慢で嫉妬深く乱暴な主人公を熱演したロバート・デ・ニーロは、見事にアカデミー主演賞を獲得し、ハリウッド屈指の演技派俳優として地位を築いた。
なんといっても、ボクサーとしての全盛期の鍛え上げた肉体と、引退後の30キロ近く太った姿は、役に成りきる彼の役者魂を感じる。

撮影当時まだ10代だったキャシー・モリアーティの、ほとんど笑みを浮かべない冷めた演技も印象的だ。

ジェイク・ラモッタが少女のヴィッキーと出会い、そして結婚したのは彼女が16歳の時だった。

思慮深い一面も見せる主人公の弟ジョーイ・ラモッタを好演するジョー・ペシと共にアカデミー助演賞候補になったのは納得だ。

ジェイク・ラモッタに近付き八百長を強要するマフィアのボス、ニコラス・コラサント、その部下フランク・ヴィンセントと、ジョーイ・ラモッタの妻テレサ・サルダナ、ダンス会場で登場するジョン・タトゥーロ、そして、マーティン・スコセッシが、ラストのバルビゾン・プラザ・ホテルの楽屋の場面で一瞬、出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021